1番人気の消し方と、馬券収益へのつなげ方

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

競馬の1番人気の取捨は、年間収支を握る、とてつもなく大切な要素です。このページでは、1人気の消し方と、収益へのつなげ方をわかりやすく説明します!

内容はもくじから。

日本最大の競馬予想サイトの的中実績に、あなたは驚くでしょう……
競馬予想のレジまぐ
クラシック優勝馬の91.6%を事前予告、「血統AI」など予想ツール使い放題!

勝ち組になるには、1番人気の取捨が9割!

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

下は、2020年10月24日の、当サイトのメルマガ(マネードラゴン馬券塾)です。

□□□ うま部長のマネードラゴン投資馬券塾メルマガ □□□

東京4R 11:45
1人気の可能性がある11番は、素材は普通程度。
信頼度は低く、「小波乱」の可能性がある。

1人気を消しただけで、馬連5490円を10点的中。回収率は549%にも上りました。

このように、多くの票を集める1番人気は、消すことに成功すれば、大きな収益になります。例えば、1番人気が1倍台なら、ほかの人気馬を買うだけで、難なくプラスになります。

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

でも、1倍台は消すのが難しいですよね?

そうとは言い切れません。上に挙げた、回収率549%のレースは、単勝3.5倍という、大きめのオッズの1番人気を消しただけです。このようなオッズでも、やり方次第といえます。

中級者向け👉 競馬は、ただ当てるゲームではない!

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

競馬を当てるためには、1番人気を買うことが重要なのでは?

はい。1番人気の連対率は、実に5割前後あります。競馬新聞の専門家が土台を作り、情報をもとに大金を投じる関係者、稼いでいる腕利きの競馬マニアの投票が集まる、1番人気の信頼度は抜群です。

競馬を学ぶには、まず1番人気を研究せよというのは確かです。筆者も、新馬・未勝利戦をターゲットにした、2014年から約3年間は、1番人気の複勝をメインに研究しました。誤解がないようにしてほしいのですが、競馬を理解するには、まず本命党から入るべきというのは、動かしがたい事実です。

しかし、年間収支を考える段階になると、1番人気の単複ではプラス決算が難しいのが実情です。常に過剰投票になっており収益を出すのが難しいからです。「競馬は、ただ当てるゲームではない!」と言われるのも、この点からです。

また、1番人気はオッズが安いため、軸を2頭設定するなど、アクシデント対策が取れず、軸1頭が不利を受けたら、すぐに不的中が決まる馬券になります。

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

なるほど! 1番人気の研究は不可欠だけど、段階を踏んで、1番人気に依存しない馬券を組み立てられるようになるべきですね。

まさに、その通りです。初めから穴党だった穴党はニセモノです。本命の研究を経ていないため、消し方を知らないからです。逆に本命党経由の穴党は、本物に成長しやすいです。

1番人気の複勝を当て続けても、年間プラスが実現できない理由

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

1番人気でも複勝を当て続ければ、年間プラスも夢ではない?

はい、誰しもがそう思います。しかし、複勝120円の馬券で年間プラス決算を出すには、10回中9回の的中が必要です。

(1回100円投資)合計投資額回収額回収率
10回中10回的中1000円1200円120%
10回中9回的中1000円1080円108%
10回中8回的中1000円960円96%

能力の読み違いもありますし、未知数の馬の激走や展開がハマった馬の激走もあります。また、1番人気は、徹底的に不利を受けますので、よほど力差がないと確勝は難しいです。

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

たしかに、2020年のオークス1番人気のデアリングタクトの不利はすさまじかった。。

その通りです。

  • 1コーナー … 武豊・ミヤマザクラにプレッシャーをかけられ、ポジションを奪われる。
  • 2コーナー … 川田・リアアメリアと接触し、手綱を引き後方へ。
  • 向正面 … ミヤマザクラ、リアアメリア、レーン騎手・デゼルに閉められ、最内へ。
  • 3~4コーナーの勝負所 … ルメール・サンクテュエールに外から蓋をされる。
松山騎手
松山騎手

正直、最後の直線を向いた際は「やられた」と思いました。それほどデアリングタクトの位置取りは、厳しかったですね。

このように、1番人気は非常に不利を受けます。G1だけではなく、目立たない下級条件や未勝利戦なら、もっと露骨な不利もあります。そのため、1番人気を10回中9回当てるのは、至難の業。1番人気の複勝を当て続けても、年間プラスが実現できない理由がここにあります。

年間プラスが実現できる買い方は2つしかない!

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

1番人気に頼れないとしたら、どのように馬券を買えばよいのですか?

はい。1つは、1番人気を消す馬券です。例えば、2020年10月25日の、当サイトのメルマガ(マネードラゴン馬券塾)では、1番人気の17コントゥールを消し、10点で馬連3670円を的中しています。

1人気を消し、どの馬券を買うのかは、このあとまとめます。

2つ目の方法 1番人気を生かす

そして、ぜひ覚えておいていただきたいのは、1番人気を買ってもプラスになる方法があることです。それは、1番人気-「ヒモ穴」の組み合わせの的中です。

例えば、2020年10月25日の、マネードラゴン馬券塾では、単勝1番人気(複勝は2番人気)の2ミスフィガロを軸に指名。単勝は外しましたが、ワイドの的中で160%のプラス決算にまとめています。

このように、1番人気が軸であっても、人気薄のヒモ馬(上の例では5番人気)を的中させることで、プラス決算にできます。

これは、競馬専門紙の本紙予想担当者がよく使う方法です。本紙予想では、勢力図が読者に分かりやすいよう、強い馬を本命にすることが求められます。しかし、これでは収支が厳しくなるため、いかに人気薄のヒモをひかっけるか、がポイントになっています。

例えば、馬サブローの関東古馬本紙は、加藤剛史記者です。

2020年10月25日 馬サブロー紙面より
加藤剛史
加藤剛史

本命は1番人気のモーベットに打ってますが、ヒモの8番は12番人気、4番は9番人気ですね。

このように、1番人気から買う場合、ヒモに人気薄を選べるかが、ポイントになります。

JRA公式サイトより

馬連7780円が1点目で的中しています。

上に挙げたのは、加藤剛史記者の印ですが、2018年には年間2位、回収率91%を記録しています。全レース強制参加の競馬記者として、年間9割越えは非常に優秀です。

ただ、1つ指摘したいのは、1位を取った妹尾記者は穴党で、消したいときに1番人気を消せる権限を持っています。回収率の面では、1番人気を消す作戦は、強みがあります。

1人気を消せた場合、どの馬券を買えばいいの?

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

もし、1人気を消せた場合、どの馬券を買えばいいのですか?

はい、いくつか方法が提唱されています。

1番人気以外の単勝をすべて買う(逆単勝)

すでに絶版になっていますが、1番人気が消せる場合、ほかの全ての馬の単勝を、資金配分して買う方法があります(逆単勝)。

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

1番人気 VS ほかの全ての馬 という勝負に持ち込むのですね? ほかの全ての馬が束になってプレッシャーをかければ、勝機はありますね。

はい。例えば、府中牝馬ステークス(2020年)で、1番人気の5番を消した場合です。

単勝購入額[円]的中時払い戻し額
シゲルピンクダイヤ15.41001540
ダノンファンタジー4.03001200
フェアリーポルカ4.73001410
サラキア20.21002020
ラヴズオンリーユー2.3消し
シャドウディーヴァ18.11001810
トロワゼトワル7.02001400
サムシングジャスト20.91002090
1200

勝ち馬は4番でしたので、単勝2020円が的中し、168%の回収率となっています。

欠点としては、頭数が多く、1番人気のオッズが高め(例えば2.5倍以上)の場合、ほかの馬すべての単勝に資金配分しても、利益は出にくくなります。

一見夢のような方法ですが、実際にやってみると、単勝1倍台を消して勝たれてしまうなど難しい面もあります。高い馬券力が必要です。冒頭で述べたように、まず1番人気の複勝を買う練習を積み、「1番人気が勝つ条件」を熟知し、その条件を裏返し、1番人気が消えるタイミングを知るというのが、たしかな上達のルートです。

なお、1番人気の取捨について書かれたもので、新しく、口コミが良いのは、以下の書籍です。

単勝2点買い(単勝2頭流)

逆単勝と似て非なるものが、単勝2点買い(単勝2頭流)の理論です。例えば、上に挙げた府中牝馬ステークス(2020年)で、1番人気を消し、スピード指数上位2頭の馬を買います。

SP指数前走SP指数購入額[円]
シゲルピンクダイヤ7373
ダノンファンタジー79811000
フェアリーポルカ7675
サラキア76781000
ラヴズオンリーユー7672消し
シャドウディーヴァ7375
トロワゼトワル7276
サムシングジャスト7473
2000
『温故知福馬』さんのスピード指数をお借りしました

このレースでは、スピード指数76が2頭いましたが、前走を参考にすると、2番、4番の単勝2点買いです。

単勝4番・2020円が的中しました。

ただし、これは説明のための事例です。実際には、軸馬が凡走したり、2着に惜敗したりなど、失敗するケースも多く本腰を入れた研究が必要です。具体的には、単勝2点買いでの的中状況を、500レース程度はバックテストする必要があります。この地道な作業なくして、馬券術の改善はありません。

軸2頭流し

単勝2点買いがあるなら、軸2頭流しも可能です。1番人気を消すと、オッズが高めの馬が軸になるため、2頭をチョイスしても、プラスにするのは容易です。

例えば、2020年10月3日の、マネードラゴン馬券塾では、1番人気を消し、5番・8番の2頭軸で流し、ワイド980円を8点で的中しています。
(1番人気は勝ちましたが、2・3着でのワイド的中)

現在では、この方法は用いていませんが、やり方次第では、可能性がある方法論です。欠点は、次の通りです。

  • 1番人気が買えない混戦レースでは、それ以外もだらしない馬が多く、軸選定は難しい。
  • 2番人気馬は、力差は少ないが僅差で2番人気のためマークされない、というメリットがあり、好成績。しかし、オッズからプラスにするには工夫がいる。
  • ワイドを用いる場合は、低配当のため、当たってマイナスというケースも多くなる。
  • 馬連を用いる場合、1番人気が敗れたもののの、2着に残ってしまうケースがそれなりに出る。

この方法を採用する場合でも、ロジックを決めて500程度のバックテストが必要です。

このほかの方法も

筆者は、逆単勝、単勝2点買い(単勝2頭流)、軸馬2点流しの全てに挑戦したことがあります。逆単勝は、自信を持って消せる馬はオッズが高めで、収益が出しにくい難点を感じました。単勝2点買い、軸馬2点流しは、混戦レースでの軸選びに難しさを感じました。

現在は、自己開発した別の方法を用いて、メルマガで配信しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました