*

やはり競馬は3連単?あなたの買い方に落とし穴はあるか

      2015/07/07

3連単をもっとうまく扱いたいと思っている方のための記事です。

やはり競馬は3連単?かなたの買い方に落とし穴はあるか

 

レジまぐ運営に呼ばれました

a0002_011013

このブログでは「レジまぐ」から➡マネードラゴン投資馬券術を発行しています。読者数は多い月で30名ほどですが、先日「レジまぐ」の運営から新しく構築中のシステムを説明したいと呼ばれました。最大読者数わずか30人のメルマガですが、それでも堅調に長く続いているメルマガに分類されるようです。

新しいシステムは、メルマガのトップ画面が個人別になり見やすくなるとのことでした。

 

「競馬データぶろぐ。」の運営法

画像 009

そのときレジまぐの運営の方から参考にと紹介されたのが「競馬データぶろぐ。」老舗であり「マネードラゴン投資馬券術」同様に月別、年間の回収率を公開しているとのこと。回収率公開の場合、2か月連敗すると読者が高確率でゼロになるため非常にシビアな発行環境です。

6/30現在の的中率&回収率によると6月の回収率は以下の通り。

<今月>
的中率14%(7-1)
回収率147%(1299.4/882)

<今年>
的中率20%(64-13)
回収率72%(5521.4/7716)

<昨年>
的中率26%(123-32)
回収率137.3%(20071/14612)

6月はプラス決算。しかし的中率が14%と低めのため、連敗数は多いはずです。実際に7戦1勝のようですので、月末まで連敗するケースに備えて882点分の資金(88200円)は財布にないとダメ。

ただし88200円というのは比較的現実的な金額であり、私の経験からすると10〜30万円程度の一時的な負けを了承できればついていける投資法かと思います。実際に今年の負けは219500円(1点100円の場合)であり、想定内です。すなわち発行者との信頼関係でマイナス10~30万円を飲めるか。ここがポイントです。

詳細 ➡競馬データぶろぐ。(PC版)or競馬データぶろぐ。(モバイル版)

ちなみに➡マネードラゴン投資馬券術では2015年の1か月の最大の負けは70200円(6月)。ワースト2は51800円(2月)。ほかの月はすべてプラスでトータルでもプラスです。つまり、私との信頼関係でマイナス5~10万円を飲めるかがポイントです。競馬データブログさんよりも「想定最大損失額」が少ないのは、単純に3連単と複勝の差。腕の差ではありません(腕は競馬データブログさんのほうが上でしょう)。

こちらのメリットは、複勝2万円をベースに予想していること。つまり財布と相談し投資額を半分にすれば2.5万〜5万程度の最大損失で収まるのです。一方3連単は100円以下の購入ができません。これが3連単の「使い勝手の悪さ」です。

 

3連単と複勝。投資結果は?

競馬データブログ。の投資方法は3連単126点のようです。

<ラジオNIKKEI賞>
3連単フォーメーション

1着欄
3、5、12
2着欄
2、3、4、5、6、8、9、12
3着欄
2、3、4、5、6、8、9、12

126点は多いと感じる方もいると思いますが、正しく計算すれば224点程度までは適正(➡導入直後に10万馬券など万券10本を連打した超シンプルな3連単馬券術を公開)。競馬データブログでは、的中率に響かないよう慎重に買い目をそぎ落として、126点。適正な買い目の半分が112点ですから、理にかなった点数です(これ以上削って的中するほど競馬は甘くない)。

3連単を使っている「競馬データぶろぐ。」は、毎月50~200%程度の回収率の波を経て、年間は137%(昨年)。

複勝を使っている「マネードラゴン投資馬券術」は、毎月50~200%程度の回収率の波を経て、年間は111%(今年6月までの概算値)。

一見マネードラゴン不利にも見えますが、まだ2年目のメルマガ。競馬データぶろぐ。は5年目。今後は並ぶことができると確信しています。

2ブログだけの比較では数学的には不正確ですが、結局のところ複勝も3連単も同じというのが直観です。複勝用に◎を1頭選び、1~3着付けをし、3着以内に来るのが難しい馬を切って手広いフォーメーションを組むわけですから数学的には同じです(切る分配当は上がるように感じるかもしれませんが、集票力が低い馬を切っても取り分は大差ありません)。

それでもこのブログが複勝を推すのは次の理由です。

・的中率が高いので最大損失額を抑えられ、高額を張れる。➡競馬で勝つために的中率、回収率のどちらが重要か

・3着以内に来ない馬、2、3着ならあり得る馬、「単」があり得る馬など全馬を査定するリスクとコストをカットできる(ロジック設定が面倒かつ1頭でも狂うと3連単は外れます)

一方3連単のメリットは次の3点です。

・的中時の額面が高くなるので自慢ができる

・的中時の額面が高くなるのでブログやメルマガの発行向け

・不的中期間が長くなるので当たったときの喜びが大きい

3つ目は大人がコンビニや自販機で身分証と引き換えに買う小さな箱に入った「アレ」の仕組みと同じ。体内からニコチンが欠如して苦しくなり、それを与えることで快楽を得ているのです。つまりマイナス50を0にする快楽。

出典:楽天(クリック可能)

この本では、壁をパンチしわざとケガをし、それが治るのを喜ぶのと同じだと説明しています。「アレ」を買うなら、馬券代にしたいと個人的には思います。

このように書くと3連単派は、偶発的な高配当が拾えるのがメリットだと主張します。

20140307083755b07

確かに少し狂うと10万馬券になります(➡導入直後に10万馬券など万券10本を連打した超シンプルな3連単馬券術を公開)。10万馬券はビギナーには垂涎の的かもしれませんが、「正しく計算すれば3連単は224点程度までは適正」ということを知っていれば簡単に獲れます。

しかし「偶発的な高配当が拾える」のと同じくらい、複勝なら獲れた馬券を落とすのです。人は不的中は忘れ、万馬券の方を覚えているもの。年間で見れば期待値は複勝=3連単だと思います。つまりある程度方法論がある人が扱えば、複勝と3連単は同じ。最大損失額を抑えていくか、的中時の喜びを優先するかは人それぞれ。大げさに言えば人生観の問題です。

忘れてはならないのは、初めから3連単を買うと軸馬選定のほか切る馬、拾う馬の検討に集中力が分散し、軸馬の理屈とヒモ馬の理屈の混同が起き馬券力が伸びない可能性があることです。競馬データブログ。の発行者の方は、週の時間の大半を競馬に費やされているそうですので軸、ヒモを同時に研究してきたのかもしれません。しかし馬券を週末や週中のほんの少しの時間で扱う人は、まず複勝で軸馬選定をマスターすべきです。柔道初心者が受け身、背負い投げ、大外刈りを一度に訓練したら命が危ないのと同様です。複勝は受け身なのです。

詳細 ➡競馬データぶろぐ。(PC版)or競馬データぶろぐ。(モバイル版)

詳細 ➡マネードラゴン投資馬券術

 

参考になる競馬データぶろぐ。の3連単フォーメーション

競馬データブログ。の3練単フォーメーションは、上述したようにその点数が適切であるだけでなく組み方に長年の蓄積を感じさせます。

<ラジオNIKKEI賞>
3連単フォーメーション

1着欄
3、5、12
2着欄
2、3、4、5、6、8、9、12
3着欄
2、3、4、5、6、8、9、12

つまりこうなります。

<ラジオNIKKEI賞>
3連単フォーメーション

1着欄
◎、〇、▲
2着欄
◎、〇、▲、2、4、6、8、9
3着欄
◎、〇、▲、2、4、6、8、9

単3点、複3点を買っている形に近いと思います。マネードラゴン投資馬券術の無料公開予想やメルマガでは、原則複勝1点ですので◎をひとつ決めます。しかし、◎の3位以内入着確実性を出すために、人気馬は予想着順を算出しています。そして複勝圏をうかがう馬が◎を含め2~3頭の場合に勝負しています。

つまり◎〇▲の印をつけることはすぐにできます。そこで過去の出馬表で競馬データぶろぐ。方式のフォーメーションを試してみました。結果は?

簡単そうで、結構な確率で外します。

2・3着欄
◎、〇、▲、2、4、6、8、9

としたのに、1や3が突っ込んでくるような事態が多発するのです。さすがに◎〇▲が頭を取り、もう1頭3着以内に入る程度の精度はありますが、意外な1頭来ます。なかなか一筋縄ではいかないものです

繰り返すようですが、複勝候補を3頭出し、18頭立ての場合ほかの15頭をすべて検討し、切る10頭と買う5頭に仕分けするにはかなりの理論的背景と経験が必要です。特に初心者の方は◎を決めるところから始めてください。柔道初心者が受け身、背負い投げ、大外刈りを一度に訓練したら命が危ないのです。

関連記事

導入直後に10万馬券など万券10本を連打した超シンプルな3連単馬券術を公開

競馬で勝つために的中率、回収率のどちらが重要か

直線の長さと坂は複勝投資に大きな関係(ハクサンムーンが教えてくれたこと)

競馬の全体構造を知らずして馬券生活(副収入)なし!

 -競馬投資の必勝法

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • メルマガはこちらから
    2014年 年間プラス決算
    2015年 年間プラス決算
    2016年 年間プラス決算
    メルマガは4月4週に満席になりました。ご予約順に、空席が出た時点から、ご講読開始となります。

  • 競馬予想のレジまぐ