*

【2017秋版】競馬騎手エージェント一覧(中村・森山・井上・小原・櫻井ほか)~制度と廃止問題~

      2017/09/17

この記事では、2017年の中央競馬(JRA)の予想に大きな関連がある、競馬騎手エージェントの最新情報をまとめました。同時にエージェントの制度の説明や、廃止問題にも言及します。

※「競馬最強の法則」記事を参考にしていますが、独自調査の内容も含みます。


Sponsored Link
競馬予想ツール

競馬エージェント 2017年年始の動向

2017年に入り、競馬エージェント関連の話題で最も大きかったのが、Mデムーロ騎手の移籍です。

  • 2016年まで … Mデムーロ騎手は、ルメール騎手と同じ、豊沢信夫氏(競馬ニホン)のエージェントと契約していた。
  • 2017年 … Mデムーロ騎手は、井上政行(競馬ブック)のエージェントに移籍。

Mデムーロ騎手のエージェント移籍の背景には、2016年にルメール騎手に勝ちクラで大差をつけられたことがあります。腕は少なく見積もって互角、思い切りの良さでは、ルメール騎手以上ですので、「不振」の要因は、エージェントにあると見たのは、誤りではないでしょう。

井上政行(競馬ブック)のエージェントとしての特徴は、安藤勝己騎手(アンカツ)の起用法から明らかだったように、勝負になる馬を絞って提供することです。

  • 川田騎手のリーディング順位 2016年 年間3位 → 2017年9月17日 11位
  • Mデムーロ騎手のリーディング順位 2016年 年間4位 → 2017年9月17日 2位

このように、川田騎手は馬の質が落ち、9月17日現在11位にランクダウンしています。井上政行(競馬ブック)のエージェントとしての優先順位が、Mデムーロ騎手→川田騎手であることは、明らかです。

2017年のエージェント勢力図

エージェント 最優先 優先2 優先3 若手 備考
中村剛史氏(専業) 戸崎圭太 内田博幸 ノーザンF天栄の場長と太いパイプ(欄外注)。
武山修司氏(馬三郎) 三浦皇成 吉田隼人 木幡育也 大野拓弥、蛯名正義は脱退。
森山大地(専業) 石橋脩 津村明秀 石川裕紀人 現在は、三浦皇成は脱退。
井上政行(競馬ブック) Mデムーロ 川田将雅 以前は安藤勝己を担当。
小原靖博(競馬ブック) 福永祐一 岩田康成 四位洋文 社台系は、ルメール騎手を重用のため、個人大物馬主に注力。
豊沢信夫 (競馬日本) ルメール 浜中俊 現在は、Mデムーロは脱退。
櫻井眞人(優馬/旧一馬) 和田竜二 松山弘平  松若風馬 森裕太郎

※戸崎騎手は、サンデーR、シルクの信頼を受ける。内田騎手は、復調。シェイク・モハメド殿下、島川隆哉氏、ノルマンディーとの関係が深い。

2017年のエージェント勢力図は、上の通りです。記事内では、秋の最新状況を記してゆきます。

そもそもエージェントとは?

競馬におけるエージェントとは、芸能人の芸能事務所のようなものです。調教師との間に入り、騎手を検討している馬の能力や、出走予定のレースの相手関係などを考慮し、依頼の引き受けや、騎手への割り振りを決めています。

以前はJRAの管轄外の仕組みでしたが、現在は届け出制となり、一応の公認状態。なお、リーディング常連騎手以外も、話題にならないだけでエージェント加入の騎手が大半です。

競馬エージェント廃止騒ぎとは?

2016年は、有力馬の騎手采配を握るエージェントが、大きな影響力を持ちました。面白くないのが、厩舎・馬主などの競馬関係者。近年は、有力馬を一手に抱える社台系グループの影響力が絶大となり、さらに競馬ムラの外の存在である、「民間人」であるエージェント(競馬新聞記者が大半)にまで翻弄(ほんろう)されては、立つ瀬がありません。エージェント側の「俺たちが競馬を動かしている」のような発言も、火に油を注ぐこととなりました。

強い権限を持つ社台系生産者には文句は言えないためか、2016年末から2017年にかけて、厩舎・馬主など競馬関係者から、エージェントへの批判が強くなりました。JRAは、2017年1月26日に、エージェント制度についての懇談会を内部で開いています。

2017年2月エージェント制度懇談会の内容

  • エージェントは、(公正競馬の確保上)競馬記者との兼業でなく、専業にすべき。
  • 現在の「ベテラン中堅騎手3人+若手1名」の上限を、合計1名にまで絞る可能性。
  • この動きを受け、横山典弘騎手がエージェントを解雇。蛯名騎手が、自分だけを担当するエージェントに変更。

【2017年秋】競馬エージェント最新情報

関東最新情報

関東のエージェントでは、中村剛史氏(=戸崎圭太・内田博幸)が中心。次いで影響力を持つのが、森山大地(=石橋脩・津村明秀・石川裕紀人)。

  • 石橋脩 昨年42勝 → すでに43勝(2017年9月17日現在)
  • 津村明秀 昨年32勝 → すでに38勝(2017年9月17日現在)
  • 石川裕紀人 昨年43勝 → 20勝(2017年7月16日以降療養中)

石川裕紀人療養中は、かつて森山大地が管理していた、三浦皇成に馬が回される可能性があります。

関西最新情報

関西のエージェントは、井上政行(=Mデムーロ・川田将雅)、小原靖博(=福永祐一・岩田康成・四位洋文)の2人(ともに競馬ブック)が強かったのですが、変化が見られます。

櫻井眞人(=和田竜二・松山弘平 ・松若風馬・森裕太郎)の台頭です。松山弘平騎手は、皐月賞の優勝に見られるように、社台系からの信頼が高まっています。

社台系最新情報

競馬エージェントと同格またはそれ以上の影響力を持つのが、社台系生産者の動向です。

  • ノーザンF (ムーア・モレイラ) → ルメール → Mデムーロ → 戸崎圭太 →(ローカル)吉田隼人
  • 社台F … 騎手起用は厩舎、エージェントが主導か。ただし、ルメール、Mデムーロは重用。

※ルメール、Mデムーロは、休養明けの馬で好成績。また、人気薄でも好成績。
※戸崎圭太、福永祐一は、未勝利・500万で好成績。
※このほか、内田博幸、石橋脩、北村友一、松山弘平、荻野極も戸崎圭太に次ぐ勝負度。


Sponsored Link

 -競馬投資の必勝法

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • メルマガはこちらから
    2014年 年間プラス決算
    2015年 年間プラス決算
    2016年 年間プラス決算
    メルマガは4月4週に満席になりました。ご予約順に、空席が出た時点から、ご講読開始となります。
    10月1日に、久しぶりの空席が出ました。検討されていた方は、今後半年以上お申し込みを賜れない可能性もありますので、10月からのご参画をお待ちしています。
    ※ロジックの流出やご質問対応の対策から、人数限定となっています。

  • 競馬予想のレジまぐ