*

複勝競馬投資 第109回1月12日の予想と結果

      2015/04/13

複勝競馬投資 第109回1月12日の予想

a0002_010074

 

中山5R 12:15 ◎3リュウノースジョイ 複勝1点
レースを当てる大きなコツは力差の折れ線グラフが「山岳」の右半分のようになっていること。
G1に多い「丘」の右半分の能力グラフのレースはなかなか的中しません。
中山5Rは大量に休み明け、しかも戦績がそれほどでもない馬がおり、的中のチャンスです。
このコースは周知の通り厩舎サイドからクレームが出るほどの内枠有利。
差し馬ならともかく先行馬は内枠、最低でも中枠を取りたいコースです。
人気の15グランシルクはどちらかといえば先行タイプで今回明らかに不利。
ノーザンでシルクの馬のため何となく信頼感がありますが要注意です。
3(先行)、5(先行)、11(差し)を考えるべきです。
5は仕上げた上3度戦って勝ち上がれなかったわけで強い馬ですが休み明けでは多少割引。
3のリュウノースジョイが最も安全かと思います。
前走は人気薄の逃げ馬を捕まえに行って交わせないというだらしない面もありましたが、勝ち馬はジュニアカップを勝っていますので実質3着のレベルはあります。
父スクリーンヒーローで生産厩舎サイドも地味なため人気は集まりませんが、今回2枠先行マーク薄めと有利なポ ジションにいます。

 

複勝競馬投資 第109回1月12日の結果

◎は先行出来なかったことはない馬ですが、今回全く行かず後方から。未勝利や500万下で一番怖いのがこのパターンで、これを事前に予測できればというのが課題です。

それまで先行できていた馬が距離も競馬場も変わらないのに突然行かなくなる理由は、このレースのあと研究しいくつかの仮説はできてきました。ただ、内容的にはネットに流したくはないもので、もし一つだけ書いていいとすれば「内枠」です。

とくに未勝利クラスの馬はレース経験に乏しく、多くの馬に被せられる内枠(1、2枠)は大きなダメージになる場合も多いと思います。ただし中央4場だけにあてはまります。ローカルではインを回る有利さで相殺されるようです。

2010から2014年の未勝利戦(中央4場)の枠順別複勝回収率

※分母は全枠で5000~7000となります。

1枠 69%
2枠 68%
3枠 74%
4枠 74%
5枠 72%
6枠 81%
7枠 78%
8枠 71%

無料公開 無料公開 無料公開 メルマガ メルマガ メルマガ
投資額 回収額 回収率 投資額 回収額 回収率
1月4日 10000 11000 110% 20000 20000 100%
1月5日 10000 23000 230% 20000 46000 230%
1月10日 10000 14000 140% 20000 40800 204%
1月11日 10000 11000 110% 20000 28000 140%
1月12日 10000  0  0% 20000 0 0%

 -無料公開予想(複勝・単勝)と収支結果

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • メルマガはこちらから
    2014年 年間プラス決算
    2015年 年間プラス決算
    2016年 年間プラス決算
    2017年 年間回収率83%
    昨年は、①やや重・不良、②相手馬、③券種選定の3つのロジックの開発の過程で投資の失敗があり、回収率が83%となり、4年連続のプラス決算を逃しました。しかし、ロジック改善はほぼ完成し、2018年からは再度安定化を見込んでいます。過去3年のようにギリギリのプラス決算ではなく、安定した利益を積み上げてゆく見込みです。
    ※ロジックの流出やご質問対応の対策から、人数限定となっています。好調期に一度締め切ると、半年程度登録ができなくなる傾向があります。
    ※メルマガ読者には、ロジックを公開しています。これは、自力で勝てる馬券師への大きな一歩となります。

  • 競馬予想のレジまぐ