【競馬】ヒモ(相手)の選び方3つ|初級から上級まで

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

競馬のヒモ馬(相手馬)の選び方が分からない方のためのページです。

未勝利戦のメルマガ(マネードラゴン馬券塾)を発行しています

日本最大の競馬予想サイトの的中実績に、あなたは驚くでしょう……
競馬予想のレジまぐ
クラシック優勝馬の91.6%を事前予告、「血統AI」など予想ツール使い放題!

競馬予想でのヒモの選び方

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

軸馬は予想できても、ヒモ馬の予想が難しいのですが?

はい。軸馬については、近走の着順、時計、距離・コース実績、騎手、脚質などを参考に、勝ちそう、または連対なら確実にできそうな馬を選べます。しかし、軸に選ばなかった馬は、今ひとつ物足らない馬が多く、ヒモ(相手)を選ぶ難しさを感じているのではないでしょうか?

これは、ヒモ馬選びに、軸馬選びの発想が入り込んでしまっていることに原因があります。軸馬は、そのレースを何度くり返しても上位に来るようなデータの馬が求められますが、ヒモ馬は、偶然の要素が多くあります。そのため、軸馬と同じ方法で考えても、人気薄の馬は、まずピックアップできません。

とりあえずヒモ馬を選ぶなら、次の3つの方法が挙げられます。

  • 方法1 1点豪華主義で選ぶ
  • 方法2 本紙予想者の印を参考にする
  • 方法3 過去のデータを確認する

方法1 1点豪華主義で選ぶ

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

ヒモ馬を、1点豪華主義で選ぶとは、どういうことですか?

軸馬は、近走の着順、時計、距離・コース実績、騎手、脚質など、総合力で選びますが、ヒモ馬は、何か1つ秀でたところがあれば、それで合格とします。とくに人気薄の馬は、着順や時計などは目も当てられない馬が多いですので、1点豪華主義が有効です。

  1. 騎手の乗り替わり(下位→上位騎手、非減量→減量騎手)
  2. 調教状態の激変(競馬新聞の調教評価などを利用)
  3. 展開利(逃げそうな馬、前が止まれば台頭する馬)
  4. 血統(競馬ラボのレース傾向で検索し、その日走っている系統を選ぶ。画像
  5. 条件の激変(芝→ダート、ダート→芝、距離の延長や短縮)
  6. ブリンカーの着用、馬装具の着用(パシファイアーなど、厩舎コメントに出ることがある)
  7. 厩舎の勝負気配(厩舎が強気。重賞以外では、厩舎コメントは本音が多い)
  8. 近走人気だが凡走(能力自体は高いことが多く、巻き返しの可能性)
  9. オッズの異常(予想オッズより売れ行きがよい、異常投票があったなど)
  10. 前走でコース取り不利(VTRを見て、外を回った馬。コーナーで1頭分外を回るごとに1~2馬身不利という計算。例えば、4角を4頭目で回った場合、4~8馬身の不利)
  11. パドックで激変(ラジオニッケイでは、発走20分前頃パドック解説がある)
  12. 1年以上前でも良いので、過去にその条件で激走したことがある(スペシャリスト)。

例えて言えば、軸馬は、勉強もスポーツも人間関係も万能という子を選ぶ作業ですが、ヒモ(相手)選びは「モノマネがうまい」「国語だけできる」「ニュースに詳しい」など、1つだけの要素に目をつけ、他を一切見ない方法が適しています。

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

1番強いのが1着馬で、2番目が2着馬、3番目が3着馬という先入観を捨てることが大切ですね!

その通りです。1番強い馬は1~3着に入る可能性が高いですが、2・3着は、人気に関わらず「何らかのよい点を持った馬」や「能力が足らない馬」が着順掲示板を埋めます。

これは、上位人気馬は「1着」でしか評価されず、互いに強く意識し合う競馬をして、脱落馬が出るなか、「2・3着」でも評価される中~下位人気の騎手は、その争いの外から競馬をするので、能力が足らなくても、上位に残る仕組みだからです。

方法2 有能な本紙予想者者の印を参考にする

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

競馬新聞の本紙予想は、本命ばかり◎を打っていて、全く参考にならないと思っていましたが?

はい。10年以上前ならそのようなことも、あったかも知れません。

しかし、不景気が進むにつれ、ファンの見る目はシビアになっており、お遊びの予想、単に当てに行く予想は、競馬新聞の売上に結びつかなくなっています。そもそも、競馬新聞自体が減っており、そのなかで本紙予想担当に選ばれるのは、簡単なことではありません。

また、PCが普及しており、どの予想家も成績はデータで丸裸です。本紙予想家が、ベテランの競馬ファンでも聞いたことがない用語を知っていたり、ラジオニッケイ(旧ラジオたんぱ)などで鋭い解説を見せたりすることもよくあります。

競馬エイト 2018/12/23(日)

本紙予想家は、強い1番人気馬をあえて軸(◎)に取らずに外した場合、他紙との比較から、責任を問われます。そのため、強い1番人気には◎を打たざるを得ない縛りがあります。その状況で、年間収支の数値を上げるために、ヒモ選びはかなり熟練した人が多い傾向です。そのため、有能な本紙予想家の△印などをヒモに採用する手があります。

なお、競馬新聞の予想欄で、1番上の段や下から2段目(本紙の真上)には、その競馬新聞の有力な予想家が配置されることがあります(競馬新聞によって異なるため、目立つ記名コラムを持っているかで判断)。彼らは、人気に縛られない◎を打てる立場のため、ヒモよりも、◎印を参考にするとよいです。

方法3 過去のデータを確認する

方法1、方法2については、気軽に採用でき勉強にもなるのでおすすめですが、データの蓄積が難しい面があります(すべて手作業になるため)。データの蓄積がないと、結果が出ている要素、出ていない要素の判断が難しくなり、感覚に頼らざるを得ません。

そのため、ターゲットフロンティアなどを使い、過去のデータに頼る方法も有力です。

netkeiba.com

例えば、2020年の有馬記念で、9クロノジェネシスを軸馬に選んだとします。このとき、ヒモ馬選びのために、過去の長距離(2200m以上)のオープン、重賞戦での人気別データを見てみます。

人気着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気74- 38- 25- 63/ 20037.0%56.0%68.5%9091
2番人気29- 30- 27- 114/ 20014.5%29.5%43.0%7071
3番人気33- 21- 37- 109/ 20016.5%27.0%45.5%10094
4番人気17- 23- 29- 131/ 2008.5%20.0%34.5%7787
5番人気13- 24- 12- 151/ 2006.5%18.5%24.5%7371
6番人気12- 15- 24- 148/ 1996.0%13.6%25.6%8789
7番人気10- 16- 10- 161/ 1975.1%13.2%18.3%9579
8番人気5- 10- 8- 172/ 1952.6%7.7%11.8%5957
9番人気1- 7- 7- 178/ 1930.5%4.1%7.8%943
10番人気1- 7- 7- 171/ 1860.5%4.3%8.1%2853
11番人気3- 4- 4- 160/ 1711.8%4.1%6.4%8863
12番人気1- 4- 5- 147/ 1570.6%3.2%6.4%5968
13番人気0- 1- 3- 132/ 1360.0%0.7%2.9%031
14番人気0- 0- 1- 123/ 1240.0%0.0%0.8%07
15番人気0- 0- 0- 105/ 1050.0%0.0%0.0%00

集計期間:2014. 1. 6 ~ 2021. 1. 5

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

回収率80%以上になっているのは、3・4・6・7・11番人気ですね。

はい。結果は、11番人気のヒモが2着に来て、馬連は万馬券になっています。サラキアは、エリザベス女王杯(G1)2着馬でしたが、この年の豪華メンバーでは選びにくいはず。それは「軸馬選びの思想」が入り込んでいるからです。

中位人気や下位人気の馬は、2~3着を取れば陣営から評価され、騎手は次の依頼につながります。上位人気は1着しか評価されないため思い切った作戦は取れませんが、サラキアは4コーナーで12番手という作戦を選び、力不足をカバーして2着に入りました。

このようにヒモ馬は、別の世界線にありますので、主観が入らない選択方法や、1点豪華主義が向いています。

(中級者向け)データは切り取ったときの統計分母(n)カギ

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

中級者向けのコーナーです!

過去のデータを参照する場合、ターゲットフロンティアが便利です。今回は、「長距離(2200m以上)のオープン、重賞戦」で切り取りましたが、この切り取り方が大きなカギになります

例えば「中山競馬場の長距離(2200m以上)のオープン、重賞戦」で切り取ると、より正確なデータとなります。

人気着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1番人気14- 12- 3- 11/ 4035.0%65.0%72.5%8998
2番人気6- 6- 5- 23/ 4015.0%30.0%42.5%7671
3番人気5- 6- 10- 19/ 4012.5%27.5%52.5%80103
4番人気7- 1- 7- 25/ 4017.5%20.0%37.5%14995
5番人気2- 3- 1- 34/ 405.0%12.5%15.0%4239
6番人気2- 0- 7- 31/ 405.0%5.0%22.5%6283
7番人気3- 4- 2- 31/ 407.5%17.5%22.5%167120
8番人気1- 3- 1- 35/ 402.5%10.0%12.5%4264
9番人気0- 2- 2- 36/ 400.0%5.0%10.0%055
10番人気0- 1- 1- 36/ 380.0%2.6%5.3%049
11番人気0- 2- 1- 33/ 360.0%5.6%8.3%080
12番人気0- 0- 0- 34/ 340.0%0.0%0.0%00
13番人気0- 0- 0- 27/ 270.0%0.0%0.0%00
14番人気0- 0- 0- 24/ 240.0%0.0%0.0%00
15番人気0- 0- 0- 23/ 230.0%0.0%0.0%00

集計期間:2014. 1.26 ~ 2020.12.27

中山競馬場に限定したデータのため、正確性は上がります。しかし、統計分母が40となり、再現性に疑問があるデータとなってしまいます。例えば、くじ付きのアイスクリームを200回買って40回当てた人(20%)は、かなりの強運があり、今後も当たり続ける可能性(再現性)があります。

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

なるほど。5回買って1回当てても確率は20%ですが、まぐれの可能性が高く、再現性は厳しいですね!

はい、その通りです。上のデータなら、平均して20%前後のデータ(連対率)を拾う訳ですので、金融投資に用いられる統計的な手法で計算すると、500回の統計分母(n=500と表現されることが多い)が必要です。

  1. 中山競馬場の長距離(2200m以上)のオープン、重賞戦<良馬場> n=40
  2. 長距離(2200m以上)のオープン、重賞戦<良馬場> n=200

比べれば、データは不足気味とはいえ、下の方がずっと信ぴょう性があります。

(上級者向け)データは切り取り方そのものがカギ

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

最後に、上級者向けのコーナーです!

最後に、上級者向けのお話をします。今回は、「長距離(2200m以上)のオープン、重賞戦<良馬場>」「中山競馬場の長距離(2200m以上)のオープン、重賞戦<良馬場>」というくくりで切り取りましたが、この切り取り方そのものが、本質的に非常に重要です。どう切り取るかに、経験値や分析の深さが出るということです。

例えば、芝1400m戦向けのデータを切り取る場合、どちらで切り取るでしょうか?

  1. 芝1000~1400m
  2. 芝1400~1600m

自分なら、1番を使います(分母が十分なら1200~1400mとする)。芝では、1400mと1600mの走り方や適性はかなり異なりますし、芝の1000は、新潟競馬場のみとなり、特殊なコースだからです。

このように、過去データの本質は、切り取り方と統計分母数のバランスにあります。くわしくは、メルマガ(マネードラゴン馬券塾)でも触れてゆきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました