*

本物の競馬必勝法の見分け方とデータの見方(本当に当たるの?)

      2016/08/24

「儲かるなら公表しないはずだ」とネチネチ言われながらも、世に溢れる競馬必勝法。本物を見極められますか?今回は詐欺に合わないように競馬必勝法の見極め方とデータの見方をお伝えします。思いつきで恐縮ですが、勝利騎手インタビューの形式で話を進めてみます。

画像 022

本物の競馬必勝法の見分け方とデータの見方(本当に当たるの?)

競馬必勝法の現状

司会:今日は未勝利戦優勝おめでとうございます!さて、競馬ファン思いで、自身もボートや競輪がお好きだという○○騎手から見て、競馬必勝法はどうでしょうか?

騎手:うーん、私も本屋さんで競馬の必勝本を見たりするんだけど、なんというか、どうも一点豪華主義が多いね。例えば、「乗り替わりのこのパターンを買えば儲かる」という類(たぐい)だね。でもたとえばちょっとした身内の賭けで高校野球の優勝チームを予想するとして、「打者の長打力」だけで決めますか?競馬では、なぜかそれが当たり前。

司会:なるほど確かに、謎ですね~。普通は守備力や監督の采配力、いろんな要素を加味して決めますね。

騎手:でも競馬では「乗り替わり」だけで予想したりするよね。これは必勝法がそもそも「商品」であるというところに背景があるんだと思いますね。商品である以上、お客の目を引き付けて興味を沸かせなければならない。そして、お客がの目を引くキーワードが普通は「これだけで」「簡単に」「短時間で」となる。だから、競馬マスコミや予想家は「この観点だけ」で当たると言いたい。だって、『成績、時計、血統など50要素を総合判断する新馬券術!』なんて誰も買わないからね。

司会:確かにそんなのめんどくさいし、当たり前すぎて逆に買いませんね。

騎手:ファンは簡単な勝ち方にしか興味はない。『2走前を見るだけでね、8割当たる馬券術』なんてあったら買いたがるからね。つまりね、一点豪華予想っていうのはこう言えるんだよ。つまり、「予想家として食いたい人」とね、「楽したいファン」のね、一見同じベクトルを目指しているように見えてどっかわけわからんところにエル飛んどるパサー状態なんだね。

司会:・・・・・・?何ですと?

競馬ファンが予想家の仕事の都合に振り回されている

騎手:いや、つまり競馬予想で名を上げたい人はね「総合力」の枠はもう一杯でしょ。清水成駿さんとか柏木さんとか。するとね、血統は私ね、コースは私ね、乗り替わりは私ね、調教は私ねと専門性で打って出るしかないじゃないですか。それで、血統で買う馬券術ですけど他の要素も足さないと当たりませんがとは、さすがに言わないでしょうよ。「血統だけで万馬券!」と出したい。

司会:で、ファンの方は楽したいから、1点豪華予想がはびこると。

騎手:でも実際の競馬は実は総合的な要素がね、絡んでいる。50くらいの要素を地道に数値化、ロジック化し、多変量回帰分析をしていくのが実は王道なんだよね。僕らだってね、スタートの上手さとかね、追いの技術とかね、ましてや尻もちだけで勝てたら苦労しないからね。

司会:なるほど。たまには参考になることおっしゃいます。今日も日本語のなかでも謎の位置づけを誇る「ね」を衝撃的に多用する騎手語でご苦労さんでした。

騎手、司会:ね!

今回の複勝競馬投資法の授業ポイント

ひとつの観点だけで勝てる必勝法は残念ながら存在しません

例えば秋の中山1200芝では○○の子を買えなどというのは嘘。もし存在するという嘘を言う人がいたら統計分母と券種を見てください。最低100レースに適用し、連勝系および単勝以外でプラスになっていればまだ一考の余地はあります。

しかし、たいていは試行回数が100未満であったり、連勝系・単勝の突発的な高配当に頼っているまやかしのケースが大半

例えば、「北村宏が前走4角5番手以内の馬に乗り替わったときを狙う」なる必勝法に惹かれたらデータを見ます。例えばデータが【5 6 2 16】と示されていたら、合計すると試行数はわずか29。統計としては最低100必要で、インチキです。また、たとえば「単勝回収率が120%」などと示されているだけで、複勝に触れていない場合は、複勝ではマイナスになる基盤の弱い必勝法です。

騙されないでください!

 -競馬投資の必勝法

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • メルマガはこちらから
    2014年 年間プラス決算
    2015年 年間プラス決算
    2016年 年間プラス決算
    メルマガは4月4週に満席になりました。ご予約順に、空席が出た時点から、ご講読開始となります。

  • 競馬予想のレジまぐ