【自費購入検証】勝負師のチョイス/超回収型ワイド1点理論の検証結果、評判、口コミ

競馬のレジまぐの「勝負師のチョイス/超回収型ワイド1点理論」の電子書籍が気になっているのですが、大丈夫でしょうか?

買い切り型の競馬予想システムですね。競馬理論の見極めを20年続けてきた立場から、教材の信頼度をジャッジします。(記事アップ後、気になり、実際に買いましたので追記しました💦)

記事内容は、もくじの通りです。

9月4日まで割引 【検証】勝負師のチョイス/単勝ツインスネークス(桜井将司)の検証結果、評判、口コミ

勝負師のチョイス/超回収型ワイド1点理論は、売り上げ上位|信頼度A

レジまぐ 2020年1月28日のデータ

勝負師のチョイス/超回収型ワイド1点理論は、レジまぐの電子書籍部門で、売り上げ2位であることは確かです(信頼度A)。

1位の勝負師のチョイス/パワフルフレーム理論は、枠連型ですので、よりなじみがあるワイド型を、検証してみます。

勝負師のチョイス/超回収型ワイド1点理論の投資成績|信頼度C

勝負師のチョイス/超回収型ワイド1点理論の投資成績は、買い切り型の予想法・必勝法であることから、メルマガのように、レジまぐが集計したデータはありません。

その代わりに、発行者が過去にレジまぐで、発行していたというメルマガの成績が掲げられています。

現在、該当のメルマガは廃刊となっており、成績表はスクショだけです。発行中のメルマガであれば、レジまぐ公式の集計が見られるのですが、画像は捏造しようと思えば、捏造は可能です。そのため、この情報は、信頼度Cとさせて頂きました。

勝負師のチョイス/超回収型ワイド1点理論の的中実績|信頼度B

勝負師のチョイス/超回収型ワイド1点理論の実際の的中実績は、Twitterで発見できました。。

ワイドの7.6倍を2点で的中している報告です。上のツイート以降、発行者が、購入レースや買い目が分かるツイートを禁止したため、情報は出にくくなっています。サンプルが少ないため、信頼度Bとさせて頂きました。

ほかの情報も総合すると、競馬新聞が出た時点で購入レースが決まり、1日1鞍程度。買い目は、直前のオッズで行う形式のようです。そのため、土日に仕事がある方は、利用しにくいかもしれません。なお、PCやノートがなく、スマホだけでも実践できる予想法です。

なお、オッズを利用していることは、発行者の下のツイートからも分かります。

私は「少しオッズをかじりましたよ」みたいな新参者とは違う!書店に行けばオッズを分析している本が幾つも並んでいたが、どれも心には響かなかった。理由は簡単。長い目で見て儲からなさそう、とすぐに分かるからだ。

上の馬券は、2020年1月26日  京都・若駒ステークスのワイド2.6倍の的中馬券です(発行者自身によるtweetです)。

実際に使ってみて、1か月強の期間で回収率が167%、的中率が6割弱という口コミがありました。ただし、検証期間や、発信者がはっきりせず、この数値は参考程度です。また、ユーザーの感想として、オッズを見ての買い目出しは、フローチャートを使用して30秒程度という内容もありました。

当ブログのこのメルマガに対する感想

調査の結果、発行者がレジまぐで結果を出した確実な根拠は見出せません(画像スクショのため)。

ただ、Twitterでの的中報告者のアカウントは、ごく自然な競馬ファンのようであり、 勝負師のチョイス/超回収型ワイド1点理論に寄せられた数件のコメントも、素直な感想のようにも見えます。筆者個人としては、疑わしい要素は残るものの、価格2万円でシンプル(1日1クラ程度、ワイド数点、予想所要は30秒程度)という負担の軽さを考えると、前向きに検討する余地はあるように思います。最終的には、自己責任で決断してください。

現在、勝負師のチョイス/超回収型ワイド1点理論は、オッズに多少影響がある(=発行者の発言です)ということで、2月上旬での発売中止されましたが、要望が非常に多く4月6日まで1週間限定で再販売のようです。

[追記]実際に、購入しました💦

記事を書くだけのつもりでしたが、あちこち調べ回った結果、どうも大丈夫そうだという気がし、購入しました💦

届いた教材は、PDF31ページ。無駄な前置きがなく、早い段階でノウハウに行きます。ノウハウは1ページに収まるシンプルなものでした。スマホからダウンロードして、スクショすれば、どこでも確認できます。そのほかは、自己紹介や実際の使い方の例でしたが、ある程度競馬に慣れていれば、1ページだけ読めば済みます。

早速、1月の確定オッズでバックテストしてみました。買い目の確定は、ネットの口コミ通り30秒。よほどの競馬初心者でなければ、1分かかりません。

ワイドの買い目が、面白いように的中しました! 驚いたのが、3〜4コーナーの時点で、ワイドの買い目が的中することが見え見えだったレースが、複数あったことです。◎の勝ち負けを確信できるようなレースはたまにありますが、買い目の2頭が併せ馬で駆け上がってくるようなレースには、驚きました。

結果は4戦3勝。回収率は267.5%でした。

(※)確定オッズで検証。実際には、締め切り30分前から5分前のオッズを使用するため、タイミングによって、多少回収率が上下します。また、最終オッズで、ごくわずかに条件を満たさなかったケースも、実戦では買うはずで、誤差として購入扱いしています。

10月~1月の成績を検証

10月~1月の成績の検証結果です。条件は、上の(※)の通りです。

購入R数-的中R数回収率最大連敗数
10月14-5107%
11月7-6227%
12月1-00%
1月4-3267.5%
トータル26-14
(的中率54%)
160%

表のように、的中率は5割程度、回収率は160%に達しました。気になるのが10月の6連敗ですが、9月最後の該当レースは無事的中していますので、6連敗に備えた資金があれば大丈夫です(計算上、6連敗率は、0.46の5乗となり、1%程度です)。すると、1クラ1万円程度の投資は可能で、10~1月なら、26万円が41.6万円になり、15.6万円の純利益でした。

無料のおまけについて

勝負師のチョイス/超回収型ワイド1点理論 は、無料のおまけがついてきます。表ロジックの条件を満たさなかった場合に、穴狙いのワイドの買い目を出すものです(30秒で買い目が出ます)。約4か月間の検証では、的中率が37.5%となり、的中率は落ちます(最大連敗数7)。しかし、月に1回程度好配当があり、回収率1200%越えも出現しています。的中率4割弱で、この回収率を出せるロジックは、まれです。

PDF内に、ロジックの詳しい説明はありませんでしたが、競馬歴1年くらいあれば、買い目シートから、考え方は分かります。シンプルかつ本質をついた考え方に、驚きました。考え方を盗めるという点でも、よい買い物でした。この発行者は信頼できそうです。ネットで良い評判が立つと、新しい教材は、値上げになる可能性が高く、デビューしたてのいまが買い時です。(終売しました)

(参考)ワイド理論、枠連理論の違い

  • ワイド理論 … 対象レース数が少ない。少点数のため、配当自体は低め。月の回収率重視で、手間は少ない方が有難いという投資派向け。
  • 枠連理論 … 対象レースが多く、好配当も引っかかる理論。馬券を買ってレースを楽しみたい、的中馬券を自慢?してみたいという方向け。

筆者は、収益重視で手間をかけたくないのでワイド理論を選びました。好配当馬券をため込みたいという方は、枠連理論でも良いでしょう。【追記】その後、ワイド理論が非常に良かったため、枠連理論も購入しました。👉【自費購入検証】勝負師のチョイス/パワフルフレーム理論(桜井将司)の検証結果、評判、口コミ

9月4日まで割引 【検証】勝負師のチョイス/単勝ツインスネークス(桜井将司)の検証結果、評判、口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました