*

【中山競馬で珍審議】マイネルが降着してマイネルが1位に繰り上げ 

   

9月18日(祝)の中山1R、2歳未勝利戦(ダート1800m)で珍事がありました。

出典:JRA公式サイト

中山1Rの競走結果を見ると、ご覧のように12番マイネルサリューエが降着となり、9番マイネルアンファンが1着。


Sponsored Link
競馬予想ツール

当日は台風の影響によりダートがぬかるみ、経験が薄い2歳馬にとって厳しい条件。断然の1番人気、ルメール騎乗の5アビームは、馬場を嫌ってか4コーナーで早くも脱落。直線では、複数の馬の競り合いが続きましたが、最終的には2頭に絞られます。

  • 前走2着で2番人気のマイネルサリューエ、丹内祐次騎手。

  • 実績がなく6番人気のマイネルアンファン、宮崎北斗騎手。

馬柱:KLAN無料データベース

両騎手は、直線で互いに一歩も譲らず、体をぶつけあいながらのデットヒートを繰り広げます。2人の脳裏には、マイネル軍団の総帥・岡田繁幸氏の顔が浮かんでいたのかも?

あと200mのハロン棒手前で、2頭の争いに絞られます。(画像はJRA公式サイト)

  • 内・マイネルサリューエ(丹内祐次騎手)
  • 外・マイネルアンファン(宮崎北斗騎手)

同じ馬主にもかかわらず、双方一歩も譲りません。総帥・岡田繁幸氏が見守っているはず!

最後まで競り合ったままゴール版へ。(画像はJRA公式サイト)

  • 1位入線 内・マイネルサリューエ(丹内祐次騎手)2人気
  • 2位入線 外・マイネルアンファン(宮崎北斗騎手)6人気

GIF映像で見てみます。左が進路妨害の審議対象となった、マイネルサリューエ(丹内祐次騎手)です。

馬場の中ほどにいた両マイネルが、ゴール前ではかなり外まで移動しています! 少なくとも5回以上馬体をぶつけ、マイネルアンファン(宮崎北斗騎手)を、大外まで弾き飛ばしました。

このあと、長い審議がありました。結果は、マイネルサリューエが、マイネルアンファンの進路を妨害し、この妨害がなければ、マイネルアンファンが先着していたとの判定。次の着順で確定しました。

  • 1着 マイネルアンファン(宮崎北斗騎手)6人気
  • 2着(降着) マイネルサリューエ(丹内祐次騎手)2人気

終わってみれば、マイネルの複数頭数出しは人気薄、という格言めいた結果になりました。

マイネル軍団の総帥・岡田繁幸氏との一問一答

  • マイネル同士の壮絶なたたき合いでした。
  • 「うん。世は満足じゃ。可愛がっておる、子飼いの丹内と宮崎の勝負。世は感心したぞ」
  • まだ幼い2歳馬ですので、少しやり過ぎだったとの声も……。
  • 「うぬ。大丈夫じゃ。マイネルの2歳馬は、そこらのノーザンもやしとちごうて、よく鍛えられとる!」
  • ご機嫌のようですが、今後降着制度が廃止になると、条件戦で稼ぐマイネルは不利だと言われてますよ。
  • 「え? ゆうてね!」

※一問一答は、虚構新聞です。

出典:JRA公式サイト

ちなみに、マイネル主戦の柴田大知騎手は、この日は人気薄騎乗。図ったように最下位の14着。マイネル対マイネルの争いを、別の意味で印象づけました。

最新記事はこちら 【2017秋版】競馬騎手エージェント一覧(中村・森山・井上・小原・櫻井ほか)~制度と廃止問題~


Sponsored Link

 

 -競馬&スマホ版ダビスタ

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • メルマガはこちらから
    2014年 年間プラス決算
    2015年 年間プラス決算
    2016年 年間プラス決算
    メルマガは4月4週に満席になりました。ご予約順に、空席が出た時点から、ご講読開始となります。
    10月1日に、久しぶりの空席が出ました。検討されていた方は、今後半年以上お申し込みを賜れない可能性もありますので、10月からのご参画をお待ちしています。
    ※ロジックの流出やご質問対応の対策から、人数限定となっています。

  • 競馬予想のレジまぐ