*

オークス2107年のブログ予想(単勝・複勝1点)

   

マネードラゴン馬券塾です。マネードラゴン馬券塾は、2・3歳の未勝利戦を中心に、メルマガで3年連続プラス決算を記録しています。この記事では2017年のオークスを扱います。


Sponsored Link
競馬予想ツール

投資金額を明記し成績を記録している、正式な予想ではなく、研究のためのテスト予想ですのでご留意ください。

メルマガの過去30日の実績(運営側による審査済み)は、以下のようになります。

オークス2107年 単勝・複勝のブログ予想

当ブログの単勝・複勝推奨は、◎2ソウルスターリングです。

東京競馬場の2400mは、広くカーブも穏やかで、芝の育成上負担にならない開催が計画され、直線も長く坂がある、能力(スピード・心肺能力・瞬発力)だけを問うコースです。このコースでは、瞬発力を意識して配合・育成をしている社台系の生産者が有利です。特にノーザンFがルメール騎手を重用することは周知の通りで、ルメール騎手が新馬やトライアル等を含めどの馬に騎乗してきたかは、とても重要です。

今回ノーザンFは、お抱えに近いルメール騎手を社台Fに回し、多頭数を登録して臨みます。騎手を見ても、福永・川田といった、特にひいきの騎手ではなく、近年は社台系の敵陣に回ったとも言える武豊を起用するなど、厩舎任せにも見えます。この点から、ノーザンFとしては、このレースに自信を持っているわけではなく、比較対照からも◎2ソウルスターリングが抜けていると、社台勢が評価していることが分かります。

こと2歳、3歳戦、とくに府中コースでの競馬の予想なら、競馬新聞記者やちまたの予想家よりも、社台系がどう各馬を評価しているかを詰めたほうが、より正確に答えが出るものと考えています。


Sponsored Link

 

 -競馬&スマホ版ダビスタ

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • メルマガはこちらから
    2014年 年間プラス決算
    2015年 年間プラス決算
    2016年 年間プラス決算
    2017年 年間回収率83%
    昨年は、①やや重・不良、②相手馬、③券種選定の3つのロジックの開発の過程で投資の失敗があり、回収率が83%となり、4年連続のプラス決算を逃しました。しかし、ロジック改善はほぼ完成し、2018年からは再度安定化を見込んでいます。過去3年のようにギリギリのプラス決算ではなく、安定した利益を積み上げてゆく見込みです。
    ※ロジックの流出やご質問対応の対策から、人数限定となっています。好調期に一度締め切ると、半年程度登録ができなくなる傾向があります。
    ※メルマガ読者には、ロジックを公開しています。これは、自力で勝てる馬券師への大きな一歩となります。

  • 競馬予想のレジまぐ