2020年オークス・優駿牝馬(G1)の予想|馬場・コース・位置取りなど予想のポイント

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

2020年オークス・優駿牝馬(G1)の予想です(出馬表)。馬場・コース・位置取りなど予想のポイントも掲載。

筆者 新馬戦・未勝利戦・最終レースが専門。メルマガ

GⅠ予想のページ(2020年ヴィクトリアマイルから開始)

読者サービス企画です。未勝利戦ダート戦の記事に自信があります。

重賞予想の7要素

項目補足
素材・将来性はどうかノーザンF系クラブ馬が中心。
時計はどうかスピードに加え、決め手も必要。時計上位3頭が9連対(過去20年)。
コース適性はどうか東京コースへの適性、長距離適性がポイント。
開催日の馬場適性木、土の雨は少なそうで、良馬場の見込み。脚質は問われないが、ある程度流れれば、やや差しが有利。芝は絶好で、内外はフラットだが、その分、距離損のない内枠に注意。
該当レースで有利な位置取りの馬かオークスでは差しが有利。過去20年で差し[12 7 6 95]。次いで追込[6 2 5 89]。
陣営の勝負度(ローテ)はどうか
騎手のレベルや得手不得手過去、ルメールや池添が活躍。現在の府中に強いのは、Dレーン騎手で、ヴィクトリアマイルは出遅れており見限れない。

2020年オークス・優駿牝馬(G1)の分析

土曜日に最終決定します。分析の順位は変更となる場合があります

項目1位(3点)2位(3点)3位(2点)
素材・将来性はどうか18サンクテュエール(ルメール) 6リアアメリア(G1中心のローテ)  4デアリングタクト
時計はどうか4デアリングタクト8スマイルカナ17マルターズディオサ
コース適性はどうか16ウインマリリン(スタミナ)4デアリングタクト
5ホウオウピースフル
開催日の馬場適性5ホウオウピースフル(内枠)2クラヴァシュドール(内枠)3アブレイズ(内枠)
該当レースで有利な位置取りの馬か12マジックキャッスル4デアリングタクト1デゼル
陣営の勝負度(ローテ)はどうか3アブレイズ(桜花賞をパス)10ミヤマザクラ(調教)1デゼル(調教)
騎手のレベルや得手不得手1デゼル(Dレーン)2クラヴァシュドール(Mデムーロ)18サンクテュエール(ルメール)

2020年オークス・優駿牝馬(G1)の予想

馬番
デアリングタクト11
デゼル
クラヴァシュドール
アブレイズ
ホウオウピースフル
12マジックキャッスル5(14人気)

◎~△は点数順(同点はオッズ高い順)。★は1位要素がある馬(オッズ高い順)。

馬連、ワイドともボックス買いを予定しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました