*

武豊復活か?足りないあなたへエイシンヒカリで重賞逃げ切りV

      2016/08/24

武豊が足りない。多くのベテランファンが感じているところではないでしょうか?


Sponsored Link
競馬予想ツール

武豊復活か?足りないあなたへエイシンヒカリで重賞逃げ切りV

762dd69d30be5ccc504262328f11a003_s

ルメールを子ども扱いしたエプソムカップ

6月14日のエプソムカップ(G3)で武豊が逃げ切りました。ルメールが強敵サトノアラジンを制御できず想定外とも思える前前での競馬となり末を失くしたのに対し、武豊がゴール前大逸走歴(2014年10月のアイルランドトロフィ)があるエイシンヒカリを完璧に御したのが印象的でした。

武豊は一時期体のバランスを崩して気性難の馬を制御できなくなり、強い馬に持っていかれる醜態を晒したことが何度もありました。社台からも、武豊には気性難は任せないとマークされていていました。

今回のエプソムカップではノーザンファーム生産で馬主が里見治氏という超大物サトノアラジンを任されたのがルメール騎手。無敗だった武豊のディープインパクトを有馬記念で破り唯一の土をつけたのもルメールでした。サトノアラジンは過去に上がり3F32.7(春興S)という驚異的な記録を残している切れ味自慢の馬。基本的には4角を10番手前後で回る馬です。

しかし今回はルメール騎手が3度目の騎乗にもかかわらず制御できず4番手付近を進みました。直前は武豊のエイシンヒカリを内から追い詰め一度は交わしましたが、二枚腰を発揮され2着。サトノアラジンが道中消耗し、エイシンヒカリがマイペースで進めた差が出ました。パドックではサトノアラジンは落ち着き払い、エイシンヒカリは少し入れ込んでいたので、レース内での差と言ってよいでしょう。

 

往年のイメージを取り戻した武豊の騎乗姿勢

今回特質すべきは武豊の騎乗姿勢。エイシンヒカリは武豊本人も乗りづらいとコメントしていた馬で、その背中は不安定なものだったはずです。しかし、エプソムカップのVTRを見ると他の騎手が背中や臀部(=尻)をぐらつかせながら騎乗しているのに対し、武豊の背中や臀部は勝負どころの4角を迎えても微動だにしません。この制御ぶりは往年の武豊を彷彿とさせるものでした。それがラスト50mでの粘り腰につながったのでしょう。

武豊ともなればトレーナーもトレーニングマシーンも一流でしょうから、体の立て直しに成功したのかもしれません。夏以降のG1での人気馬の騎乗も増え、今期は久々の100勝を達成するのではないでしょうか?

武豊はエプソムカップのインタビューで、(逸走劇から大暴れを期待したファンの期待を裏切り)「優等生ですいません」と2回繰り返しました。これは岩田騎手ですら十分に御せなかったエイシンヒカリを完全に御してみせたことへの嬉しさから出た言葉であり、もしかしたら関係者へのPRだったかもしれません。

 

社台は武豊を乗せるべき

現在の競馬を支配するのは社台系の生産者。サトノアラジンも社台系の生産馬です。社台系の生産者はダービーでの1センチの差が、莫大な金額の差につながり多くの人の人生を変えることをよく知っています。ダービーを勝てば種牡馬として箔がつくので種付け料に差が出ますし、繁殖牝馬の質も上がり最終的には数十億単位の差を生みます。1センチが馬主、社台で働く人々、関連厩舎の調教師や厩務員の人生を変えることをよく知っています。

そのため社台は騎手にもシビアで、あれほど貢献してきた武豊を切り捨て、外国人騎手や福永騎手などを重用してきました。しかし、外国人騎手や福永騎手では、名脇役や好敵手は努められても、日本人全員が顔を覚える「ミスター競馬」には力不足です。武豊は一見地味ですがやはり華がある存在で、コメントも上手。また土曜競馬実況中継で時折登場しますが、リラックスしたインタビューの面白さにも定評があります。この部分は福永騎手では弱いです。福永騎手は社台がチャンスを与え続けてようやく1.5流くらいにはなりましたが、それならば実力は同等でも華がある川田を起用すればよかったような気がします。

社台が勝ちにこだわりミルコ・デムーロやルメールを使うのは良いと思いますが、やはり現状では、武豊に花を持たせることが馬券売り上げの向上につながるのではないかと思います。社台に入ってくるお金の原資の大半はファンの馬券代です。社台自身の繁栄のためにも、どの騎手を重用するのかは極めて重要だと考えます。

関連記事

レッツゴードンキ名前の由来 ドン・キホーテの宣伝なのになぜJRAは許可したのか

桜花賞レッツゴードンキ 的中不的中問わずG1儲からないからやめたら?

直線の長さと坂は複勝投資に大きな関係(ハクサンムーンが教えてくれたこと)

ハープスター(川田騎手)や日本馬が2014年凱旋門賞に負けた意外な理由

 

 -競馬&スマホ版ダビスタ

  Comment

  1. dfoji より:

    今日はちょっと残念でした。また来週よろしくお願いします。

  2. マネードラゴン馬券塾 より:

    dfoji 様 コメントありがとうございます。

    ワイド1点か、単とワイドの併用かギリギリまで迷いましたが、併用にしました。
    結果的に単は余計でした。
    ワイドとはいえ連勝系の1点に2万円をポンと張れるほどギャンブラーではないのです。
    今後はワイドの場合、金額を1万円程度に下げることも検討中です。
    今後ともよろしくお願いいたします。

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • メルマガはこちらから
    2014年 年間プラス決算
    2015年 年間プラス決算
    2016年 年間プラス決算
    メルマガは4月4週に満席になりました。ご予約順に、空席が出た時点から、ご講読開始となります。
    10月1日に、久しぶりの空席が出ました。検討されていた方は、今後半年以上お申し込みを賜れない可能性もありますので、10月からのご参画をお待ちしています。
    ※ロジックの流出やご質問対応の対策から、人数限定となっています。

  • 競馬予想のレジまぐ