*

競馬投資に不可欠 過去のデータ分析による研究を無料で行う方法

      2016/10/02

競馬で勝つためにはデータにあたることが大切です。

数値にならない要素や、データでの検証が難しい要素の盛り込みも確かに大切ですが、データの比重を7割程度以上に保つことが、買い方と的中が再現していくためには必須です。この記事では、競馬の過去のデータを無料で入手し分析、研究する方法をお伝えします。


Sponsored Link

私自身、簡単ではありますが、データ分析を導入してから馬券の年間収支はプラスに転じました。まだ毎月プラスにはなりませんが、年間ではプラスになりました。メルマガで公開している収支結果は、トップページをご覧いただくと「複勝競馬投資 2015年〇月の無料公開予想と収支結果」のように掲載されています。

競馬データベースの王様 ターゲットフロンティアの長所・短所

キャプチャ

出典:ターゲットフロンティア公式HP

競馬の過去のデータ分析研究に欠かせないデータベースの代表例は、ターゲットフロンティアです。騎手、厩舎、生産者、コース、種牡馬などの基本から、時系列オッズまで初級から中級者向けの分析機能が搭載されています。

長所は、例えば「東京競馬場の未勝利戦(ダート)における、北村宏騎手の騎乗馬の複勝的中率と回収率の過去5年分」というような、手計算では1日がかりのデータ分析を1分以内でやってのけます。同種のデータベースより処理速度は相当早いと評価されています。

しかしながら費用が月額2052円かかり、スマホでは操作できないため躊躇されている方もいると思います。私自身も、現在はデータ分析が必要な時期のみ加入しています。

関連記事 ターゲットフロンティアは儲からない〜プロの活用法 理論編〜

無料かつスマホで使える競馬データベース

自宅または出先でパソコンを開かないと使えないターゲットフロンティアに対し、スマホでアクセスできるデータベースはないのでしょうか?

例えば、音無厩舎がMデムーロ騎手を使った場合の勝率。これは通常はターゲットフロンティアや書籍で調べます。ほかに方法はないようにも思えますが、実は「KLAN」という競馬サイトは対応できています。

競馬に必須の予想ツールKLAN.jp(公式HP)

① 画面上の「調教師」ボタンをクリックします

キャプチャ

※検索ボックスを使うこともできますが、検索候補が出たあと、それをクリックするやや特殊な仕様です。フルネームを知らないと、使いづらいことがあります。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

②音無厩舎を探し、「騎手・馬主」ボタンをクリック。

キャプチャ

瞬時に、音無厩舎がM・デムーロ騎手を乗せた場合、複勝率が53.3%と非常に高くなっていることがわかりました。ただし、ルメール騎手のほうが、さらに分がよいようです。

複勝の場合、統計分母は100以上(悪くても50以上)が目安ですが、この場合は30しかありません。しかし、競馬のデータ分析で、分母数×傾向のバランスがベストと言える過去5年の採取を、KLANは採用していますので、これは仕方がないでしょう。

3年間の分析では、トレンド的な動きは把握できるもののデータが薄く再現性が不安定です。競馬雑誌などに、毎年のように今年はこれ、今はこれという記事を投稿している専門家がいますが、これは勝つ方法論を提供するというよりは、鮮度が良く読者が食いつきやすい「エサ」をまいているといえます。一方、7年、10年と採取すると、傾向の変化が混ざり込んできてしまい、これも再現性が落ちる傾向にあります。

日本人騎手なら分母は50を超えています。つまりKLANのデータは信頼性があるといえます。

コース特性データもKLANでは無料で利用可

キャプチャ

騎手や厩舎関係のほか、予想に頻繁に利用すべきはコースのデータです。「競馬ラボ」などの無料サービスを利用されている方も多いと思いますが、KLANでは「競馬ラボ」などにない分析も可能です。

キャプチャ

例えば東京2000mでの種牡馬別成績など、これまで調べづらかったデータが全てわかります。統計分母も軒並み100を越えますので、複勝のデータとしては信頼度(再現性)が高くなります。種牡馬以外に、配当傾向、騎手、調教師、ラップなど細かい項目を調べることも可能です。

騎手データには独自の切り口

ルメール騎手のデータです。

キャプチャ

従来、競馬雑誌に「ルメールはダートでも強い」と書いてあっても、そうなのかとうなづくしかありませんでした。しかしKLANを使うとスマホですぐに調査ができます。実施にに芝の良馬場とダートの良馬場を比較すると、ダートのほうが成績が良いほどです。このように、データが自分のものになります。競馬雑誌の記事には統計分母をごまかした記述も多いので、このように統計の分母をじかに確認することはとても重要です。

例えば、芝の重や不良は、分母が10~20しかなく、複勝の場合の目安である100、単勝の場合の目安である300に到底及ばないことがわかります。特に芝の重や不良における単勝のデータは脆弱で、単穴の影響で跳ね上がっているはずです。実際に単勝回収率193%という現実離れした、再現性の薄い数値が出ています。今後徐々に下がっていくことになります。

キャプチャ

過去の出馬表(きちんとした馬柱も出せます)が見られるほか、無料会員登録だけで、①予想印をつけ他の予想者と比較したり成績を出したりする、②馬ごとにメモを書き込む(次回出走時に表示)、③追いかけている馬を自動的に表示するなど無数の機能が利用できます。

競馬に必須の予想ツールKLAN.jp(公式HP)

 -競馬投資の必勝法

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • メルマガはこちらから
    2014年 年間プラス決算
    2015年 年間プラス決算
    2016年 年間プラス決算
    メルマガは4月4週に満席になりました。ご予約順に、空席が出た時点から、ご講読開始となります。

  • 競馬予想のレジまぐ