*

【最新】1年間勝っている競馬予想メルマガを、ランキング形式で検証してみた

      2017/11/14

競馬のメルマガを選ぼうとすると、多数の競馬メルマガスタンドがあり、迷います。しかし、答えは簡単。全メルマガの回収率、的中率を審査し公表している発行所を選べばよいのです。この記事では、レジまぐ発行の競馬メルマガから、数値に基づくおすすめを厳正なランキング形式でご紹介します。

2017年10月29日更新(28日の予想結果まで算入)


Sponsored Link
競馬予想ツール

ようやく実現! 悲願の回収率表示型メルマガ

筆者は、3年前にメルマガマネードラゴン馬券塾を創刊しました。ウェブサイトに回収率を全て明記しましたが、読者はなかなか増えませんでした。他にも、年間で勝っているのに、読者が少ない競馬予想メルマガが多数あります。

これは、人気メルマガが、近日の高配当のみをPRする方法を取っていたからです。たとえ年間プラス決算でも、3連単などを使わず一時的な高配当をPRしないメルマガは、全く日の目を見ない状況でした。

この状況を一変させたのが、「レジまぐ」です。レジまぐは、ややマイナーな競馬のメルマガスタンド(発行所)ですが、上のように全てのメルマガに関し、成績を完全に公開しています。

  • 直近30日の回収率・的中率
  • 通算の回収率・的中率(集計開始の2016年8月以来)
  • 月別の回収率・的中率
  • 年別の回収率・的中率

以前は、直近で高配当の的中があったり、短期間のプラス決算を計上したメルマガの天下でした。メルマガの売上から、手数料を取るメルマガスタンドは、売上が下がらないように、直近の高配当や短期間での回収率のみを表示してきたのです。これには、年間回収率を表示すると、ほとんどのメルマガがマイナス収支となるという裏事情がありました。

予想技術の進歩から、真摯に研究をし年間でもプラス決算を可能とした発行者も出てきましたが、年間回収率が表示されないこの流れに対し、なすすべがありませんでした。しかし、2016年に後発のレジまぐが、上記データの公開を始めたのです。これは、詐欺的な手法やごまかしが当たり前だった、競馬のメルマガを180度変える大改革でした。

悪徳予想メルマガと戦ってきた2chスレッド

成績を公正に表示しない多くのメルマガと戦ってきたのは、2ちゃんねるの「【悪徳】予想会社暴露スレ【撲滅】」です。2007年頃途絶えてしまいましたが、多くの競馬予想メルマガの不正を暴き、冒頭にテンプレを表示してきました。一部を掲載します。

  • 複数の会員コース … メルマガを複数発行したり、券種によって分けて集計する不正。
  • 優良サイト紹介 … もっぱら自社グループを紹介する手法。ランキングのほか、ネット上の競馬記事の文末からの誘導。
  • バックナンバー削除機能を利用した的中捏造  … 同レースに対し複数の号を発行し、不的中だった記事を削除する不正。
  • HPの成績にトータルの回収率がない … 直近の高配当や直近の回収成績のみを表示する手法。
  • 買い目多すぎ、複数の種類 … 印のみ発行し、あとから上位5点ボックスがプラスなど、都合よく区切って宣伝する手法。

 

このようなユーザーと業者のバトルも、メルマガスタンドが、年間回収率等を表示しないことから起きたできごとでした。メルマガスタンドが、事前に買い目を登録させ、機械的に回収率を審査すれば、不正などしようがないのです。現在は、レジまぐが、回収率の公表を実施していますので、今後は減ってゆくでしょう。

回収率に自信のあるメルマガは、当然自身にとって有利となる、レジまぐからメルマガを発行するはずだといえます。

【ランキング】過去1年の回収率上位メルマガ

レジまぐが競馬メルマガの回収率の集計を始めたのは、2016年8月です。ここでは、2017年10月28日までの、1年と3か月の間の回収率ランキングを発表します。( )内は先月の順位です。変動がない場合は記しません。

【 】内は直近3ヶ月(10・9・8月の順)の収支を表します。

  •  … 月間プラス決算(100%~199%)
  • △ … 控除率越え(70~99%)馬券理論がある程度正確であることを示す。
  • × … 不調(69%以下)

は、200%超を示しますが、突発的な穴に頼り、収支の波が激しいことも示します。理想は【○○○】です。

※同一の発行者が複数のメルマガを刊行している場合、調子の良いメルマガでランクインを狙う不正行為ですので、カットする場合があります。
※突然投資額を極端に上げて、トータル回収率を伸ばす手法のメルマガはカットします。この手法が認められると、多くのメルマガを同時発行し、上手くいったものを残せば良いこととなります。

 

順位(先月)

1位(1) オッズ攻略馬券★オッズ分析アプリ利用権付き★ 回収率137%【△×

2位(2) 競馬力養成講座 回収率119%【〇〇△】

3位(4) 複勝圏内の穴馬~競馬力の覚醒 重賞三連複Ver 回収率114%【△〇〇

4位(3) 新極秘馬券術2 回収率110%【×××】

5位(10) ~重賞と連軸と単勝と究極予想が…… 回収率108%【廃刊が決定しました】

6位(…)【単撃の巨人】10月 180%! 的中率33.3%!! 回収率101%【△×】

7位(9)マネードラゴン馬券塾 回収率101%[当サイト発行(笑)]【××】

8位(7)!!!REDZOON!!!厳選1レース入魂の予想~レッドゾーン~ 回収率101%【×△】

もうすぐランキング入り(過去にランキング入り実績あり)

3連複至上主義 回収率99%【××】

VIVA競馬!メインレース 回収率97%【××

『完全版』ギャンブル田中の放浪券(いよいよG1スタート!! 回収率94%【△×】

現在、回収率が測定できる最大の期間である15ヶ月のスパンを取っています。15か月もの間、ほぼ毎週競馬予想を続け、プラス決算になるということは、一定の理論背景や予想力があるはずで、まずは安心できるメルマガです。

回収率ランキング上位メルマガの紹介

上位の一部を簡単に紹介します。

過去の6か月の回収率

  •  … 月間プラス決算(100%~199%)
  • △ … 控除率越え(70~99%)馬券理論がある程度正確であることを示す。
  • × … 不調(69%以下)
  •  … 200%超を示しますが、突発的な穴に頼り、収支の波が激しいことも示します。

 

1位 オッズ攻略馬券★オッズ分析アプリ利用権付き★

メルマガ「オッズ攻略馬券」は、オッズ解析ソフトの開発に携わったITエンジニアが提供しているメルマガです。午前中のオッズを使用する馬券術です。

レジまぐのメルマガのなかで、最も安定した回収率を記録しています。10月は97%、9月は35%、8月は146%、7月は55%、6月は111%、5月は282%の回収率でした。過去14ヶ月間で、資金が7割未満に減った月を5回に抑えつつ、プラス決算が7回。2か月、長くても4ヶ月購読すれば、必ずプラスになる計算です。

オッズ分析には、『スーパーオッズアナライザーWeb』のシステムを利用します。管理人はITエンジニアで、オッズ理論を開発した競馬予想家と協力して、解析プログラムを開発してきた経歴を持っています。パソコンの普及とともに時系列オッズが簡単に取得できるようになり、扱いが難しくなってきていますが、丹念に研究すればまだ勝ち目はあるジャンルです。「オッズ攻略馬券★オッズ分析アプリ利用権付き★」は、ソフト開発に携わったエンジニアが発行している点から、信頼度は高いと考えられます。

【購読ご検討の方へ】
このメルマガは、当サイトが強い確度で推薦できるレベルにあります。そのため当サイトのリンクからお申込みの方には、特典を付与させていただきます。「レジまぐ」発行のメルマガ購読特典
テーマ 3年連続馬券収支プラスを達成した投資スタンス目次

  • コツ1 馬券自慢癖、大穴志向、G1が馬券術をダメにする
  • コツ2 なぜ最終レースが存在するのか説明できますか?
  • コツ3 コマの上げ下げは愚の骨頂
  • コツ4 競馬投資成功 最重要の決め手は「再現性」
  • コツ5 予想理論(ロジック)づくりの具体的な方法
  • コツ6 券種別の必要試行回数の把握は、勝ち組への登竜門
  • コツ7 券種別の必要試行回数で、嘘を含む競馬記事や書籍を簡単に見抜ける
  • コツ8 ダメな競馬メルマガを見抜くのも簡単
  • コツ9 中級者ならまず500時間机に向かう
  • コツ10 データと格闘するが、視点は常にレースの現場に置く

※字数は間違いなく13028字です。PDFサイズはA4ですが、スマホからの可視性の関係で、文字サイズは大きめの設定です。

オッズ攻略馬券★オッズ分析アプリ利用権付き★

上のリンクより購入を済ませたあと、こちらのリンクをクリックするとレポートがダウンロードできます。PDFですので、スマホで読むことも可能です。

 

オッズ攻略馬券の詳細分析

 

2位 競馬力養成講座

新馬戦をターゲットとする珍しいメルマガです。筆者も未勝利戦をターゲットとしたメルマガマネードラゴン馬券塾を発行しています。競馬全体のなかで、ライバルが少ないのが、新馬、未勝利、障害戦です。いずれもろくに研究されずに「不安定要素が強く、勝てない」と言うことが多いですが、そのようなことは一切ありません。新馬戦のない4・5月は、予想理論やセリ市の情報を提供しています。

3位 複勝圏内の穴馬~競馬力の覚醒 重賞三連複Ver

3連複、3連単は、的中率の維持が難しく、安定した収益結果を出しにくいため、多くの予想者は採用していません。しかし、「複勝圏内の穴馬~競馬力の覚醒 重賞三連複Ver」は、3連複メインで、通算42%の的中率、106%の回収率を計上しています。この点から、発行者には、かなりの実力があると判断できます。

記録が残っている過去15か月間のうち、回収率100%越えが10回。とくに2016年10月から2017年4月にかけて、7か月連続プラス決算を記録しています。

  • 「7か月間トータル」でプラス決算 … 1発の大穴でも達成は可能。
  • 7か月連続プラス決算 … 相当の実力と安定した理論がなければ不可能。

筆者はメルマガマネードラゴン馬券塾を発行していますが、連続プラスは4か月間が最高です(2016年1~4月)。

「複勝圏内の穴馬~競馬力の覚醒 重賞三連複Ver」の予想理論は、ラップタイム理論(時計)と馬場状態が柱になっています。筆者も、3年連続プラス決算のメルマガを発行しているため、競馬の基本は理解していますが、時計と馬場は圧倒的な重要性を持ちます。ただし、基本だけに頼った場合には、予想が人気サイドに傾くため、予想者ごとのスパイスが必要。「複勝圏内の穴馬~競馬力の覚醒 重賞三連複Ver」の場合は、血統理論、さらには新聞を見ずにレースVTRだけを見るという予想プロセスにあります。このスタンスは、生産関係者の考え方に近いと言えるでしょう。

メルマガでは、予想だけではなく、重賞の回顧や分析、さらには長期的回収率を上げるための投資スタイルも扱われています。投資スタイルを扱うことは、単に馬券の予想を流すだけでなく、読者の馬券力向上のメリットがあります。全体として、文章などにやや若さを感じますが、土台はしっかりとしており、良心的な運営姿勢が感じられます。

【購読ご検討の方へ】

このメルマガは、当サイトが強い確度で推薦できるレベルにあります。そのため当サイトのリンクからお申込みの方には、特典を付与させていただきます。

「レジまぐ」発行のメルマガ購読特典
テーマ 3年連続馬券収支プラスを達成した投資スタンス

目次

コツ1 馬券自慢癖、大穴志向、G1が馬券術をダメにする
コツ2 なぜ最終レースが存在するのか説明できますか?
コツ3 コマの上げ下げは愚の骨頂
コツ4 競馬投資成功 最重要の決め手は「再現性」
コツ5 予想理論(ロジック)づくりの具体的な方法
コツ6 券種別の必要試行回数の把握は、勝ち組への登竜門
コツ7 券種別の必要試行回数で、嘘を含む競馬記事や書籍を簡単に見抜ける
コツ8 ダメな競馬メルマガを見抜くのも簡単
コツ9 中級者ならまず500時間机に向かう
コツ10 データと格闘するが、視点は常にレースの現場に置く
※字数は間違いなく13028字です。PDFサイズはA4ですが、スマホからの可視性の関係で、文字サイズは大きめの設定です。

複勝圏内の穴馬~競馬力の覚醒 重賞三連複Ver

上のリンクより購入を済ませたあと、こちらのリンクをクリックするとレポートがダウンロードできます。PDFですので、スマホで読むことも可能です。

 

4位 新極秘馬券術2

馬連万馬券を積極的に狙うメルマガのため波があります。データの残る過去13か月のうち、6か月間でプラス決算を計上しています。ロジックによる予想のため、長く続ければいつかは万馬券を的中し、一気にプラスに持って行けるメルマガです。全体として、万馬券を狙う割には安定度があります。

5位 【 初月無料! 】~重賞と連軸と単勝と究極予想が一つになったメルマガ~【 凄単 】

廃刊が決定しました。

6位(ー)【単撃の巨人】10月 180%! 的中率33.3%!!

メルマガ「単撃の巨人」は、やや波がありますが、10月に277%の回収率を記録し、初めてランキング入りしました。単撃とあるように、単勝式のメルマガです。予想方法は、騎手、調教師、獲得賞金など35のデータを統合して数値化、ロジックにより買い目を決定します。

投資成績に波があるメルマガには見極めのコツがあります。人力で予想するメルマガを買っていけないということです。例えば、月の回収率が2割、2割と低迷すれば、読者からの批判も起き、誰でも買い方がぶれてしまいます。数値やロジックを使うメルマガなら、その点の心配はなく、待てばいつかは爆発する可能性があります。

7位 マネードラゴン馬券塾 回収率101%[当サイト発行(笑)]

当サイトの発行です(笑) 創刊から3年連続プラス決算を続けてきましたが、ロジックが完成した分、妙味がある馬が拾えなくなり、夏場に低迷がありました。10月より、かたくなに守り続けてきた複勝1点を、一部ワイド4点に転換。回収率が大きく改善しました。また、2016年冬から11か月研究を続けてきた、ダートの重・不良馬場の解析が終わり、複穴を狙って的中できるようになってきました。発行者が言うのも良くないですが、また安定期に入りそうです。過去には4か月連続のプラス決算や、月間の配信全レース的中の記録も持っています。

8位 【5ヶ月連続プラス収支達成】!!!REDZOON!!!厳選1レース入魂の予想~レッドゾーン~

メルマガ「!!!REDZOON!!!厳選1レース入魂の予想~レッドゾーン~」は、タイトルは少し怪しいですが、競走馬のデータと馬場状態をベースに予想を組み立てています。この要素は、競馬の根幹であり、非常に重要です。

回収率は記録が残る過去14か月のうち、10ヶ月でプラス決算を記録しています。1日1レースのみ、前日夜の提供、安定性アリの3点から、使いやすい競馬予想メルマガです。

もうすぐランクイン VIVA競馬!メインレース

重賞に絞り、予想プロセスや予想法をしっかりと解説するメルマガで、レジまぐのなかでもトップクラスの人気を誇ります。的中率が通算20%と低めの設定のため、やや波があります。

 

VIVA競馬の詳細分析

 

【ランキング】「申込んだ途端に当たらなくなる」を防ぎたい人用

競馬メルマガの「あるある」が、直近は大幅プラスになっているのに、申し込んだ途端に当たらなくなるという現象です。これは、主に3連単、3連複、馬単などを利用し的中率が低めのメルマガに目立つ現象です。

例えば2つのメルマガがあるとします。

  • 的中率20%、過去30日の回収率130%
  • 的中率50%、過去30日の回収率110%

多くの人が「的中率より回収率」という、誤った考え方を信じているため、130%の方を選びます。しかし、的中率20%ということは、5連敗率が33%、10連敗率ですら11%あります。そのため、直近の回収率に期待して飛びつくと、外れ続けることがよくあります。

このことから、申し込んだ途端に当たらなくなる、あるいは、申込んだときがたまたま不調期ということを防ぐには、的中率が少なくとも40%はあるメルマガを選ぶべきです。

的中率40%のメルマガの不的中率

  • 不的中率 60%
  • 2連敗率 36%
  • 3連敗率 22%
  • 4連敗率 13%
  • 5連敗率 7%
  • 6連敗率 5%
  • 7連敗率 3%

この計算から、的中率40%のメルマガを選べば、遅くとも5、6レース目には当たる可能性が高くなります。先程のランキングから、的中率が40%を超えるものをピックアップします。全て過去13か月間で、回収率は100%を超えています。

申込んだ途端に当たらなくならないメルマガ一覧(回収率順)

発行者の観点から、ユーザー目線で推薦すべきメルマガを選ぶなら、2誌です。

  • オッズ攻略馬券★オッズ分析アプリ利用権付き★
  • 複勝圏内の穴馬~競馬力の覚醒 重賞三連複Ver

レジまぐで不正な結果表示は可能なのか?

レジまぐは、実績に関して、不正表示が可能なのでしょうか? レジまぐが、競馬予想メルマガの収益を計算する手順は次のようになります。

  • 競馬予想メルマガ発行者は、予想を配信するメルマガ内に、規定のフォーマット(上の図)で予想を記します。
  • 配信後は、書き換えも削除もできません
  • レジまぐ側は、自動システムで買い目を読み取り、メルマガの名前が予想したレースのタイムラインに表示されます(有料メルマガのため、発走前には、買い目・記事は非表示となります)。
  • レース確定後、買い目および、発行者の設定次第では記事が表示され、レジまぐのシステムが、収益等を自動集計します。
  • 集計結果は、深夜0時に更新され「過去30日」「月別」「通算」等の区切りで表示されます。

これまでのところ、レジまぐの運営側が、収益等の数値を操作したという話は、聞きません。レジまぐ運営側が操作を行わない証拠として、「競馬データぶろぐ。」の収益が発表されている点が挙げられます。該当のブログは、昨年までは、競馬のレジまぐの代名詞と言える存在で、運営側が猛プッシュし、発行者の自宅を訪ねたインタビュー記事まで掲載していました。「競馬データぶろぐ。」の総売上は2億円近いとされ、30%がレジまぐの利益となるため、6千万円の収益があるメルマガです。

2016年から2017年にかけ、「競馬データぶろぐ。」はやや不調期に入っています。しかし、レジまぐの運営側は、実績の集計が始まった2016年8月から、「競馬データぶろぐ。」の収益状況を正確に掲載してきました。そのため、購読者数を大幅に減らしています。このことからも、レジまぐの運営側は、正しい収益状況を、掲示していると考えられます。

関連記事


Sponsored Link

 

 -競馬&スマホ版ダビスタ

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • メルマガはこちらから
    2014年 年間プラス決算
    2015年 年間プラス決算
    2016年 年間プラス決算
    メルマガは4月4週に満席になりました。ご予約順に、空席が出た時点から、ご講読開始となります。
    10月1日に、久しぶりの空席が出ました。検討されていた方は、今後半年以上お申し込みを賜れない可能性もありますので、10月からのご参画をお待ちしています。
    ※ロジックの流出やご質問対応の対策から、人数限定となっています。

  • 競馬予想のレジまぐ