【2020年3月版】1年間勝っている競馬予想メルマガを、ランキング形式で検証してみた

競馬予想のメルマガは、怪しいし結果も嘘くさい。興味はあるが、どれが当たるのか分からない!

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

答えは簡単です! 全メルマガの回収率、的中率を審査し公表している発行所(スタンド)を選べばよいのです。

この記事では、レジまぐ発行の競馬メルマガから、数値に基づくおすすめを厳正なランキング形式でご紹介します。

日本最大の競馬予想サイト
競馬予想のレジまぐ

  • 更新:2020年3月29日

筆者:競馬歴20年。未勝利、新馬が得意です! 私(マネードラゴン馬券塾筆者)が新潟で勝負した結果→新潟競馬遠征で勝負してきました

ようやく実現! 悲願の回収率表示型メルマガ

筆者は、5年前にメルマガマネードラゴン馬券塾を創刊しました。ウェブサイトに回収率を全て明記しましたが、当初読者はなかなか増えませんでした。

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾
  • これは、多くのメルマガが、最近の高配当のみをPRする方法を取っていたからです。
  • 一方、メルマガの売上から手数料を取るメルマガ発行所も、売上が下がらないように、最近の高配当や短期間での回収率のみを表示してきたのです。

このやり方は、先週の好配当だけをPRする競馬新聞と全く同じやり方! 年間回収率を表示すると、ほとんどのメルマガがマイナス収支となるという裏事情がありました。

レジまぐによる革命

この状況を激変させたのが、「レジまぐ」です。レジまぐは、競馬を中心としたメルマガスタンド(発行所)ですが、上のように全てのメルマガに関し、成績を完全に公開しています(成績データを見るためには費用がかかります)。

  • 直近30日の回収率・的中率
  • 通算の回収率・的中率(集計開始の2016年8月以来)
  • 月別の回収率・的中率
  • 年別の回収率・的中率

これは、詐欺的な手法やごまかしが当たり前だった、競馬のメルマガを180度変える大改革でした。

レジまぐのサイトを見る場合は、下をクリックします。

競馬予想のレジまぐ

買い切り型予想のなかでは断トツ。実際に購入して検証済みです。

【自費購入検証】勝負師のチョイス/パワフルフレーム理論(桜井将司)の検証結果

【ランキング】2020年3月まで、過去1年間の回収率上位メルマガ

1年間の回収率上位メルマガ

レジまぐが競馬メルマガの回収率の集計を始めたのは、2016年8月です。ここでは、2019年4月から2020年3月28日までの、年間回収率ランキングを発表します。

1年間の回収率と直近3ヶ月の回収率を表示します

重要 理想は、100~199%の数値が3カ月続いたものです。200%以上の数値で回収率を稼いでいるメルマガは、的中率低めで高配当ゾーンを狙うものです。購読後にスランプになることがよくあります。

【過去1年】回収率上位メルマガランキング

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾
  • 3月は不振のメルマガが多く、掲載したもののうち、約半分を追い上げ式が占める結果となりました。
  • 3、5、8位に推薦のメルマガあります。的中率やロジックの成熟度から、今後も成績の再現性が高いと考えられるメルマガです。
  • 推奨度は、的中率3割越えでA、2割越えでB、1割越えでCを基本とします。調整を入れた場合、追い上げのように理由を明記しました。
順位メルマガ名
コメント
過去1年回収率
1月
12月
11月
推奨度 ・過去1年的中率
1位常勝馬券プロジェクト
過去1年ではプラスになりますが、追い上げ型のため多少注意が必要です。3月は10連敗後、3月21日に的中し、一気の回収でした。
185%
159%
258%
167%

追い上げ
8%

PAC-3(target:重賞レース)
予想はプログラミングとのことですが、券種や連相手は手動のようで、現在回収率を大きく落としています。ロジックを立てるなら、軸馬選定だけでなく券種・連相手も自動化すべきで、改善を求めます。
検証結果PAC-3(target:重賞レース)の自費購入による検証結果、評判、口コミ
近況検証当たらない? PAC-3(target:重賞レース)現在不振の理由を探り、購入者側ができる対処法を探ってみた
173%
11%
41%
64%

38%
3位 【推薦】 厳選(重賞レース)
情報公開が早く、量が多いことから重賞レースに絞り、馬場や騎手の騎乗傾向を直前まで見極めてプラスをめざすマガジンです。今月は、1位、2位に心配な面があり、2カ月連続負けが滅多に発生しない点で推奨。
172%
67%
270%
97%

32%
4位 一流馬券師のマル秘★馬券術
12~1月は28戦して的中がなし。3月は4連敗後、28日の君子蘭賞に37万円投資の大勝負をして一気の回収。資金が持つかの不安あり。
160%
216%
0%
0%
D 
追い上げ
7%
参考 推奨 購入初日に万馬券が入りました。実際に購入して検証済みです。
【自費購入検証】勝負師のチョイス/パワフルフレーム理論(桜井将司)の検証結果、評判、口コミ
5位 【推薦】 Hello’win -2horse- 2頭の穴単複でアナタもシンデレラ
ダービー◎単勝的中で浮上し、その後は苦戦。2020年1月に5か月ぶりのプラス決算をあげると、2月は9割回収し、3月で大幅プラス。的中率は2月、3月には5割を超え、信頼度が出てきました。
133%
231%
89%
134%

36%
PR マネードラゴン馬券塾
当ブログ刊。未勝利戦は詳細なロジック解説があり、力がつくメルマガにしています。直近で午後の中距離レースを視野に入れた、穴馬券ロジックを開発。3月28日は伏竜ステークス馬連7440円、ワイド5230円をW的中です。
88%
58%
112%
114%
65%
的中率1位
6位 スペシャリスト競馬
2月1日には1クラ1000円だった投資金額が、3月には最大3.7万円に膨れ上がった追い上げ式ですので、資金力を要します。的中率がやや低め。
133%
0%
0%
181%

11%
7位 アグレッシブ馬券
馬連1~7点。月に7クラ前後予想し、1つ当てるようなタイプのメルマガです。当たった時点で、勝ち逃げを図る作戦。昨年4月から見てゆくと、勝ち逃げ成功は、4・6・7・9・10・11・1・2・3月で成功率は高め。全体の的中率は低く出ますが、安定感があり、推奨度はBに調整しました。成績詳細は後述。
131%
117%
122%
161%

成功率
12%
8位 【推薦】SUNA (中央競馬ダート専門)
安定した理論で大負けがなく、年間で見ると2017年から3年連続プラス決算(191%→146%→134%)。2020年も現在プラス決算。月別成績は、記事後半に。
124%
21%
233%
168%

43%
9位 1/3の順当な配当(月刊化メルマガ版)
1点買いのため的中率はかなり低い(3月は27戦4勝)ものの、月単位で見ると、過去1年でプラスが6回、8割以上回収が3回でまずまず安定しています。
124%
78%
93%
158%

18%
10位単勝一点一万円固定で2年連続プラス回収率継続中~2020年3月より大幅進化~
3月はレジまぐに買い目登録がありませんが、固定客が購読している様子。2月までの6か月間で、5回プラス決算を出しているため、信頼度はあります。12か月間で見ても、10回のプラス決算。単勝1点買いで、的中率は3割。過去半年、最大連敗数は3で止めています。
120%
?188%
82%
A31%
11位 血統フェスティバルメルマガ・完全版
2019年12月9日発売のデジタル競馬最強の法則Vol.4に掲載。 追い上げ式ですが、過去1年を見ると、投資額は9000円で止まっていますので、常識の範囲内ではあります。
117%
28%
183%
32%

追い上げ
34%
12位刈り獲る者
競馬メルマガとしてはピンとこないタイトルですが、何と6か月連続プラス決算。過去1年では、10回のプラス決算です。的中率はソコソコで10連敗程度があり、10万円程度の予算は最低必要です。かなりの追い上げも行っており、発行者を信頼でき、覚悟がある人向け。
115%
119%
113%
136%


追い上げ
22%
13位 JRA攻略馬券塾
スピード指数等を利用した王道のメルマガ。過去1年では、7回のプラス決算。
114%
85%
136%
34%

15%
14位 競馬sonicx 2019年回収率107% [無料][無料メルマガ][中央競馬]
珍しい、買い目登録をしている無料のメルマガ。「ラッキーパンチのような出会いがしらの的中が多かったですが2020年も続けます」とのことで、理論構築は心配があるが、無料なので取っても損はないかも。
113%
110%
52%
138%

54%
15位 新極秘馬券術2
名前は怪しいですが、れっきとした老舗。年間単位での安定感が強く、2016から4年連続年間プラス決算。
113%
88%
192%
158%

41%
PR マネードラゴン馬券塾
当ブログ刊。未勝利戦は詳細なロジック解説があり、力がつくメルマガにしています。直近で午後の中距離レースを視野に入れた、穴馬券ロジックを開発。3月28日は伏竜ステークス馬連7440円、ワイド5230円をW的中です。
休止 白猫☆競馬
3連複で万馬券まで視野に入れる人気メルマガです。軽い追い上げ式を用い、的中時に月の投資を打ち切るタイプです。2月が不振のため、運営に「誇大広告」と通報されたようで、現在怒りの?買い目登録取りやめ中。
追い上げ
堅実投資競馬プロジェクト ~回収率に特化した競馬投資法~
なんと2019年は12カ月連続プラス決算。投資指示額が少なく、収益額はやや地味となりますが、堅実に投資したい方におすすめ。 月別成績は、記事後半に。
隠れ ベテランPG★極秘馬券
月に1鞍厳選の場合もあり、規定予想数に満たないためレジまぐランキングに載らない隠れ有料メルマガです。132%は、2019年の年間回収率です。月別成績は、記事後半に。
追い上げ

同じ発行者のメルマガが複数ある場合、おすすめの方を取り上げています。休止状態、受付停止中のメルマガは外してあります。

常勝馬券プロジェクト

重賞や特別戦に投資する、追い上げ型のメルマガです。買い目はワイド、馬連、3連複を中心に、5~15点程度。1レースあたりの投資額が千円から数万円程度まで動きますので、資金計画が必要です。投資金は1クラ千円程度から始まり、3万円前後で天井となるように設計されているようです。

【推薦】PAC-3(target:重賞レース)

昨年は、回収率100%越えが、過去12カ月のうち10カ月を占める安定感がありましたが、年明けから急失速。

予想はプログラミングによるため、軸馬は、データ蓄積と検証が可能でブレもないメルマガです。スピード指数、コース適性、調教、厩舎コメント、ローテなどをデータ化した王道のロジックです。

過去にレジまぐで注目されたメルマガは、会員が増えた時点でプレッシャーからか自滅してゆきました。これは、予想過程にアナログ要素(人の手による予想)が多過ぎたためです。PAC-3(target:重賞レース)は、ロジック化されているため、プレッシャーによる自滅の心配は少ないですが、券種・連相手を手動で選定しているようで、そこが課題となります。

検証結果PAC-3(target:重賞レース)の自費購入による検証結果、評判、口コミ

近況検証当たらない? PAC-3(target:重賞レース)現在不振の理由を探り、購入者側ができる対処法を探ってみた

【推薦】 厳選(重賞レース)

情報公開が早く、量が多いことから重賞レースに絞り、馬場や騎手の騎乗傾向を直前まで見極めてプラスをめざすマガジンです。 過剰人気などが発生しているレースを選び、予想とオッズを比較し利益が150%のときに、予想を出す方針を示しており、全体に理にかなった、ベテランの視点を感じます。

一流馬券師のマル秘★馬券術

12~1月は28戦して的中がなし。3月は4連敗後、28日の君子蘭賞に37万円投資の大勝負をして一気の回収。資金が持つかの不安あり。

こちらは、買い切り型です。購入初日に万馬券が入りました。実際に購入して検証済みです。

【自費購入検証】勝負師のチョイス/パワフルフレーム理論(桜井将司)の検証結果、評判、口コミ

Hello’win -2horse- 2頭の穴単複でアナタもシンデレラ

ダービーで◎ 1ロジャーバローズの単複的中で一気に上位進出。しかし発行者も「本来なら穴馬を探すレースじゃない」と述べたうえでの幸運でもあり、今後継続できるかに要注目でしたが、6、8月は100%オーバーになり、面目を維持しました。その後不振となり、2020年1月に5か月ぶりのプラス決算です。2月を9割回収でつなぎ、3月は232%の大幅プラス。予想に勢いがついてきました。

【PR】マネードラゴン馬券塾

当サイトの発行の未勝利・新馬戦専門のメルマガです(笑)6年間続いているのは、解説が詳しいため、勉強目的でのご購読も多いのだと思います。未勝利・新馬戦研究がひと段落し、午後の中距離レースを視野に入れた、穴馬券ロジックを開発しました。3月28日は伏竜ステークス馬連7440円、ワイド5230円をW的中です。

予想は、データを背景とするロジック式です。ロジックの一部は、 2~3歳未勝利戦の予想法に意外なポイントがあったに公開しました。また、メルマガでは最新のロジックをお伝えしています。

現地からメルマガを配信企画 → 新潟競馬遠征で勝負の結果は?

メルマガ配信例(2020年1月18日)

□□□ うま部長のマネードラゴン投資馬券塾メルマガ □□□

マネードラゴン馬券塾です。

京都2R◎2クリノイコライザー
前走は初ダ、距離延長で、ダッシュもつかなかったが、それなりのパフォーマンス。
今回は少頭数で、最後方なり逃げなり、極端な競馬もできそうで大きなチャンス。
圧倒的人気の9番は、スローの新馬戦のパフォーマンスが評価された大型馬。
馬場も湿っており、中型馬の◎が逆転できる可能性がある。

2020年01月18日 京都 2R 10時30分 3歳未勝利(レース結果
◎:2枠 2番 クリノイコライザー
△:4枠 4番 キセキパレス
△:8枠 9番 タイセイパワーズ
△:8枠 10番 ブルベアカイリ
———————————–
馬券  :単勝
買い方 :通常
購入金額:2,000円
馬/組番:2
2,000円
———————————–
馬券  :ワイド
買い方 :ながし
購入金額:6,000円
軸:2
相手:4, 9, 10
各2,000円(合計 6,000円)
———————————–

スペシャリスト競馬

2月1日には1クラ1000円だった投資金額が、3月には最大3.7万円に膨れ上がった追い上げ式ですので、資金力を要します。的中率がやや低め。 3月の投資額は15万円を超えており、指示金額で買うには、資金力が必要です。

アグレッシブ馬券

馬連1~7点。月に7クラ前後予想し、1つ当てるようなタイプのメルマガです。当たった時点で、勝ち逃げを図る作戦。昨年4月から見てゆくと、勝ち逃げ成功は、4・6・7・9・10・11・1・2・3月で成功率は高め。全体の的中率は低く出ますが、安定感があり、推奨度はBに調整しました。

年月回収率勝ち逃げまでの予想件数的中数(1なら成功)
2020年3月117.97%7件1件
2020年2月122.22%13件1件
2020年1月160.80%6件1件
2019年12月0.00%10件0件
2019年11月183.45%7件1件
2019年10月138.39%5件1件
2019年9月343.33%2件1件
2019年8月92.59%7件1件
2019年7月141.18%10件1件
2019年6月173.17%1件1件
2019年5月0.00%11件0件
2019年4月188.36%2件1件

【推薦】SUNA (中央競馬ダート専門)

2017年から3年連続プラス決算(2017年192%、2018年146%、2019年138%)。月ごとで見るとマイナスもありますが、発行以来、年間ではプラス決算にまとめています。

発信者は芝の予想も得意としていますが、メルマガで配信すべきなのは、馬場が安定したダートだと考えているようです。配信は買い目のみなのが残念ですが、とくに秋冬は強い傾向にあります。

月日回収率予想件数的中件数
2020年3月20.95%7件1件
2020年2月196.95%7件4件
2020年1月167.53%6件2件
2019年12月369.78%6件4件
2019年11月125.43%5件2件
2019年10月576.00%5件4件
2019年9月87.26%8件3件
2019年8月41.00%8件5件
2019年7月128.64%9件3件
2019年6月54.98%12件4件
2019年5月96.48%9件5件
2019年4月67.22%12件3
2019年4月188.36%2件1件

JRA攻略馬券塾

スピード指数等を利用した王道のメルマガ。 馬場や展開も加味し、当日のオッズから十分な収益になる目を配信しています。過去1年では、7回のプラス決算。

新極秘馬券術2

名前が怪しいですが、長らくトップテンを維持し地力を感じられます。かなりの玄人が発行していることがうかがえます。レジまぐが的中審査を始めた2016年以降、4年連続でプラス決算。

【推薦】投資競馬プロジェクト ~回収率に特化した競馬投資法~

なんと19カ月連続プラス決算でしたが、惜しくも20か月連続には至らず。2018年の年間回収率は118%で、2018年は153%でした。

月日回収率的中率
2020年3月40.00%20.00%
2020年2月136.02%50.00%
2020年1月135.09%66.67%
2019年12月115.93%40.00%
2019年11月103.57%30.00%
2019年10月152.86%87.50%
2019年9月101.92%36.36%
2019年8月103.33%45.45%
2019年7月127.92%44.44%
2019年6月153.13%70.00%
2019年5月102.00%25.00%
2019年4月102.12%23.08%

ベテランPG(プログラマー)★極秘馬券

予想数が少ないため、規定予想数からレジまぐランキングに載らない、隠れた名作です。

2019年5月以来プラス決算が続いており、安定感があります。予想はプログラミングによるもの。券種もプログラムの判断です。現代の競馬は、頭をひねって、その場で考えに考えて予想するという方式は通用しづらくなっており、プログラミングまたはロジック式の予想が有効です。

月日回収率予想件数的中件数
2020年3月209.13%2件1件
2020年2月222.58%3件1件
2020年1月427.50%5件2件
2019年12月180.97%2件1件
2019年11月560.00%1件1件
2019年10月156.00%2件1件
2019年9月125.30%8件1件
2019年8月177.22%4件1件
2019年7月610.91%1件1件
2019年6月300.00%1件1件
2019年5月134.98%4件1件
2019年4月0.00%9件0

毎月の的中数が1となっており、的中時点で投資を止めるスタイルかと予測され、検証したところ、やはり追い上げ式となっていました。

もっとも苦戦した9がつは、9月21日までに合計18100円を投資し、1鞍的中し22680円を回収した形です。指示金額通りなら、総額18100円ですので安全度はあります。しかし、1鞍目で的中してしまうこともあり、利益がわずかの月もあります。1年を通じて、投資指示額を淡々と守り通すことが必要です。

関連: 【自費購入検証】勝負師のチョイス/パワフルフレーム理論(桜井将司)の検証結果、評判、口コミ

申込んだ途端に当たらなくなる、あなたへ!

メルマガで直近は大幅プラスになっているのに、申し込んだ途端に当たらなくなるの何でだろ? 最近、こればっか。

競馬メルマガのあるあるが、これは、主に3連単、3連複、馬単などを利用し、的中率が低めのメルマガに目立つ現象です。

例えば2つのメルマガがあるとします。

  • 的中率20%、過去30日の回収率130%
  • 的中率50%、過去30日の回収率110%

多くの人が「的中率より回収率」という、誤った考え方を信じているため、130%の方を選びます。しかし、的中率20%ということは、5連敗率が33%、10連敗率ですら11%あります。そのため、直近の回収率に期待して飛びつくと、外れ続けることがよくあります。

的中率が少なくとも30%はあるメルマガを選ぶ

このことから、申し込んだ途端に当たらなくなるということを防ぐには、的中率が少なくとも30%はあるメルマガを選ぶべきです。

的中率30%のメルマガの不的中率

  • 不的中率 70%
  • 2連敗率 49%
  • 3連敗率 34%
  • 4連敗率 24%
  • 5連敗率 17%
  • 6連敗率 12%
  • 7連敗率 8%

この計算から、的中率30%のメルマガを選べば、遅くとも6~7レース目には当たる可能性が高くなります。過去1年間の的中率は、記事前半のランキングに記入してあります。

【PR】マネードラゴン馬券塾

当サイトの発行の未勝利・新馬戦専門のメルマガですの宣伝です(笑) 2019年は、66%の的中率を記録しました💦

現地からメルマガを配信。新潟競馬遠征で勝負の結果は?

悪徳予想メルマガと戦ってきた2chスレッド

悪徳予想メルマガ

成績を公正に表示しない多くのメルマガと戦ってきたのは、2ちゃんねるの「【悪徳】予想会社暴露スレ【撲滅】」です。2007年頃途絶えてしまいましたが、多くの競馬予想メルマガの不正を暴き、冒頭にテンプレを表示してきました。一部を掲載します。

  • 複数の会員コース … メルマガを複数発行したり、券種によって分けて集計する不正。
  • 優良サイト紹介 … 客観的なランキングに見せかけ、上位に自社グループを紹介する手法。高配当実績等のランキングのほか、ネット上の競馬記事の文末からの誘導。
  • バックナンバー削除機能を利用した的中捏造  … 同レースに対し複数の号を発行し、不的中だった記事を削除する不正。
  • HPの成績にトータルの回収率がない … 直近の高配当や直近の回収成績のみを表示する手法。
  • 買い目多すぎ、複数の種類 … 印のみ発行し、あとから上位5点ボックスがプラスなど、都合よく区切って宣伝する手法。

このようなユーザーと業者のバトルも、メルマガ発行所(はっきり言えば、最大手のまぐまぐ)が、年間回収率等を表示しないことから起きたできごとでした。メルマガ発行所が、事前に買い目を登録させ、機械的に回収率を審査すれば、不正などしようがないのです。

現在は、レジまぐが、事前審査の上、回収率の公表を実施していますので、今後は減ってゆくでしょう。回収率に自信のあるメルマガは、当然自身にとって有利となる、レジまぐからメルマガを発行するはずだといえます。

レジまぐで不正な結果表示は可能なのか?

▼的中審査用フォーマット
2019年04月28日 京都 7R 13時25分 4歳以上500万下
◎:7枠 12番 メイショウキタグニ
馬券  :単勝
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:5,000円
馬/組番:12
12
5,000円
馬券  :複勝
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:5,000円
馬/組番:12
12
5,000円


出典:マネードラゴン馬券塾

レジまぐは、実績に関して、不正表示が可能なのでしょうか? レジまぐが、競馬予想メルマガの収益を計算する手順は次のようになります。

  • 競馬予想メルマガ発行者は、規定のフォーマットで予想を登録します。
  • 配信後は、書き換えも削除もできません
  • レジまぐ側は、自動システムで買い目を読み取り、メルマガの名前が予想したレースのタイムラインに表示されます。
  • レース確定後、買い目および、発行者の設定次第では記事が表示され、レジまぐのシステムが、収益等を自動集計します。
  • 集計結果は、深夜0時に更新され「過去30日」「月別」「通算」等の区切りで表示されます。

これまでのところ、レジまぐの運営側が、収益等の数値を操作したという話は、聞きません。レジまぐ運営側が操作を行わない証拠として、競馬データぶろぐ。の収益がきちんと公表されている点が挙げられます。

※該当のブログは、2016年までは、競馬のレジまぐの代名詞と言える存在で、運営側が猛プッシュし、発行者の自宅を訪ねたインタビュー記事まで掲載していました。「競馬データぶろぐ。」の総売上は2億円近いとされ、30%がレジまぐの利益となるため、6千万円の収益があるメルマガです。2016年以降、「競馬データぶろぐ。」は不調期に入ってしまいます。しかし、レジまぐの運営側は、実績の集計が始まった2016年8月から、「競馬データぶろぐ。」の収益状況を正確に掲載し、購読者数を一時期より減らしています。このことからも、レジまぐの運営側は、正しい収益状況を、掲示していると考えられます。

さらに2017年には、運営にとってもドル箱だった、VIVA競馬が失速しています。しかし、この数値も隠すところなく公表されています。この点からも、レジまぐは、発行者でなく、購入者の利益を重んじるメルマガとなっており、結果の出せる配信者に有利な状況が続いています。

関連: 【買い切り型】勝負師のチョイス/超回収型ワイド1点理論の自費購入による検証結果、評判、口コミ

人気記事

【厩舎・調教師別】勝負騎手、親密馬主の完全データ

2~3歳未勝利戦の予想法に意外なポイントがあった

【競馬投資】複勝しかあり得ない? 儲かる本当の理由

ノーザンFを使った競馬必勝法は可能? 馬券にどう生かす?

コメント

  1. ウチダ より:

    血統フェスティバルのような12月の購入金額が10億円以上にして回収率を吊り上げた非現実的なメルマガを推奨するのは理解に苦しみます。
    また、サラリーマンMを除外しているのは意図的なものですか?

  2. マネードラゴン馬券塾 より:

    ウチダ様
    ご指摘ありがとうございます。当記事では、冒頭に記しましたように、投資金のつり上げによる非現実的な回収率の調整に警戒しており、レジまぐ運営にも厳しい対処を依頼しています。さらにメルマガ読者の方にも、運営に対し意見を上げて頂くよう要望し、団結して、悪徳なメルマガを排除していきます。

    現在は、冒頭にありますよう、以下の基準で、メルマガを判定しています。
    「ある月に前月の3倍以上の投資額に釣り上げて、回収率を上げたメルマガをランキングから除外します」

    血統フェスティバルメルマガ・完全版については、昨年の10月以降に関しては、投資金の増加が見られるものの、3倍よりは下回っていましたので掲載しています。しかし、それ以前に関して、資金の3倍以上の吊り上げが見られました。

    今回は、ご指摘のように、投資額が億単位となっている年末のみに注視しており、それ以前の状況に目を配れておらず、ランキングの不備をお詫びいたします。さっそく、該当のメルマガをランキングから外させていただきます。
    (コメント投稿後10分以内に完了します)

    サラリーマンMについては、単純に転記のミスでした。追って追記いたします。

  3. よっとりー より:

    天才ハードラー買いました。

    確かに過不足のない解説で良かったです。2020年初日は外れましたが今後に期待です。

    • マネードラゴン馬券塾 より:

      コメントありがとうございます。マニアックな領域は、研究すれば差がつきやすいと思っています。1月がプラス決算になることをお祈りしています!

  4. ヒデ より:

    いつも参考にさせて頂いております。ありがとうございます。
    ドラゴンさんはランキングの白猫競馬は購入してますか?
    今朝、かなり後向きなお知らせが配信されました。
    今日からの予想に乗り続けるのか迷ってしまう内容です。
    そろそろ当たりがと思っていただけに迷います。
    もし購入されているならご意見を頂きたいです。
    よろしくお願いします。

    • マネードラゴン馬券塾 より:

      お問い合わせ有難うございます。
      競馬予想は的中率を見るのが第1と考えています。

      ・的中率低い → 穴馬券を多く購入しており、突発的な高配当で回収率がふくれており、購入後の再現が難しいことが多い。
      ・的中率高い → 単複ワイドあたりを多く購入しており、目だった高配当がないが、購入後の再現性が高い。

      白猫競馬さんは、2018~2019年に2年連続大幅プラス決算を記録していますが、両年とも的中率が2割台です。そのため、記事内に推奨度Cを付したように、自身でも購入は現在のところ見送っております。

      的中率は、最低でも3割欲しく、できれば4割欲しいです。
      白猫競馬さんは、思い切った低位人気の馬を軸とした3連複だと思いますので、軸が来ないリスクと、軸が来ても最大20点程度の3連複が引っかからない2重のリスクがあるはずです。
      的中率実績と、この辺のリスクを加味すると、かなりの連敗数に耐える必要があると思います。
      現在10連敗中のようですが、過去にも10連敗は何度もあり、やや追い上げが入っていることも踏まえつつ、15連敗程度(2か月前後)に耐える資金の準備が必要かと思います。

      白猫競馬さんは、ロジックを公開されていないのですが、もしロジックを持っているようなら、安易にそれを変えないかどうかがポイントで、変えなければ、15レース(2か月程度)待てば的中になるかと思います(確率計算上の推測です)。

      1月18日に的中があるので、遅くとも3月末くらいまでには、理屈上は当たる可能性があります。
      そのときには700%程度の回収率が見込まれるため、運よくポンポンと2つ引っかけると、15レース分の負けは回収できる算段です。

      ただ、ある程度の資金の準備が必要で、2か月程度は待つ気構えが必要ですので、発行者さんと読者の方の信頼関係がカギになると思います。
      予想はロジック(人の思考作業を余り入れない)で行っているかどうかは、発行者メッセージから尋ねてみても良いかも知れません。
      ロジックが確かなら、再現性はありますので、待つ手もあります。

      ただ、的中率低めで待つ期間が長いタイプのロジックは、本質的には、自分用に適しているとも思います(配信にはあまり適さないかも)。

      • ヒデ より:

        長文ありがとうございます。
        連敗は覚悟してましすのでそこであたふたしてるわけではないのです。
        紹介文に2ヶ月購読してマイナス収支はありませんとあったのですが1,2月でマイナス収支だったので紹介文を訂正するようにとレジまぐから言われたそうです。
        運営にクレームが入ったそうです。
        なんで、ちょっと拗ねた感じのお知らせで今後は買い目だけ出すので金額は
        自分で考えてください。と来ました。
        つまりレジまぐの売りである信用できる収支報告とは無縁なものとなりました。
        予想自体を真摯に行っていくのかどうかが心配で質問した次第です。
        パワフルフレームを検討中ですのでまたご質問させて頂いくかもですが
        よろしくお願いします。

        • マネードラゴン馬券塾 より:

          白猫競馬、3月末までには当たると予想しましたが、3月9日に中京11Rの3連複7530円が的中となってますね。とりあえず、一安心ですね。

          • ヒデ より:

            ありがとうございました。よかったです!
            迷いましたがここで辞めるのは、さすがにないと思い続けました。
            ドラゴンさんは競馬予想や商材にお詳しいとおもうのですが
            ケーニィさんの商材は試された事ありますか?
            自分は張り付きしなければいけないものとオッズ系の商品は避けています。
            ケーニィ氏や古いですが簡単大回転など試した事があれば
            ご意見いただきたいです。
            よろしくお願いします。

          • マネードラゴン馬券塾 より:

            ケーニィさんのはノーマークですが、午前スタート、午後スタートの二部制で追い上げのため、最初のうちはある程度張りつくことは必要になりますね。ただ、理論を理解できれば、アレンジは可能かも知れません。
            張りつくと言えば、ネクストフレーム(桜井さん)もデフォルトでの対象レースが多く、張りつき要素があります。ただ、購入者全員がもらえる裏ロジックと自分自身の絞りを入れれば、1日1~2鞍に抑えることも可能です。

            両者とも、オッズと枠連を用いているのが面白いところです。

            オッズは、想像以上に事実を言い当てますので、作戦として重要ですね。オッズについては、大口購入が締め切り直前にシフトし、時系列オッズが下火になっているため混同されますが、確定オッズは、それとは無関係に不滅のロジックだと思います。
            面白いのは、オッズは軸馬を当てるよりは「ヒモ馬」「消し馬」を言い当てることが多いようです。

            また桜井さんは、どこかで「的中率や資金回収のバランスがとりやすい」と話していた記憶があり、ケーニィさんも的中率のことを話しているようです。そのためあえて日の目の当たらない枠連を選んだのは共通しているところです。
            桜井さんは、アンチ追い上げ派で、ケーニィさんは肯定派ですので、そこが差になるかも知れません。

タイトルとURLをコピーしました