【2021年4月版】1年間勝っている競馬予想メルマガを、ランキング形式で検証してみた

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

競馬予想のメルマガは、怪しいし結果も嘘くさい。興味はあるが、どれが当たるのか分からない、とお思いですか? 答えは簡単です! 全メルマガの回収率、的中率を審査し公表している発行所(スタンド)を選べばよいのです。

この記事では、レジまぐ発行の競馬メルマガから、数値に基づくおすすめを厳正なランキング形式でご紹介します。

  • 更新:2020年3月28日(27日の結果まで反映)

筆者 競馬歴20年。未勝利、新馬が得意です! 私(マネードラゴン馬券塾筆者)が新潟で勝負した結果→新潟競馬遠征で勝負してきました

ようやく実現! 悲願の回収率表示型メルマガ

筆者は、6年前にメルマガマネードラゴン馬券塾を創刊しました。ウェブサイトに回収率を全て明記しましたが、当初読者はなかなか増えませんでした。

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

これは、多くのメルマガが、最近の高配当のみをPRする方法を取っていたからです。

一方、メルマガの売上から手数料を取るメルマガ発行所も、売上が下がらないように、最近の高配当や短期間での回収率のみを表示してきたのです。

このやり方は、先週の好配当だけをPRする競馬新聞と全く同じやり方! 年間回収率を表示すると、ほとんどのメルマガがマイナス収支となるという裏事情がありました。

レジまぐによる革命

この状況を激変させたのが、「レジまぐ」です。レジまぐは、競馬を中心としたメルマガスタンド(発行所)ですが、上のように全てのメルマガに関し、成績を完全に公開しています(成績データを見るためには費用がかかります)。

レジまぐの公表内容
  • 1
    直近30日の回収率・的中率
  • 2
    通算の回収率・的中率
    集計開始の2016年8月以来
  • 3
    月別の回収率・的中率
  • 4
    年別の回収率・的中率

これは、詐欺的な手法やごまかしが当たり前だった、競馬のメルマガを180度変える大改革でした。

レジまぐのサイトを見る場合は、下をクリックします。

競馬予想のレジまぐ

今月は何といっても初登場第1位の荒れるレースを狙う‼️がおすすめ。今後、値上げや定員制への移行も考えられマガジンです。

【ランキング】2021年3月まで、過去1年間の回収率上位メルマガ

レジまぐが競馬メルマガの回収率の集計を始めたのは、2016年8月です。ここでは、2020年2月から2020年3月27日までの、年間回収率ランキングを発表します。

1年間の回収率と直近5ヶ月の回収率を表示します

重要 理想は、100~199%の数値が数カ月程度続いたものです。200%以上の数値で回収率を稼いでいるメルマガは、的中率低めで高配当ゾーンを狙うものです。購読後にスランプになることがよくあります。

追い上げ式の是非は?

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

レジまぐでは、2019年に突然投資額を数十万円につり上げ、プラス決算にするスパムが問題になりました。現在それは見当たりませんが、新たに増えたのが「追い上げ式」です。

予想発信者の立場で考えてください。ある月の1週目に、首尾よくプラス決算になりました。多くの発信者が、翌週も予想を続けますが、ここで予想をやめてしまえば、その月はプラス決算になり、PRしやすい状況になります。

この投資打ち切り(勝ち逃げ)は、追い上げ式に必ず含まれる要素です。

また、ある月の1週目に負けたとします。翌週の投資額を上げれば、勝った場合に、月の回収率は良くなります。これも追い上げ式です。

追い上げ式は昔からある方法だが……

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

このように、追い上げ式は、予想発信者に都合がよいものですが、投資法の1つとして昔からあるものですので、一概に悪いとは言えません。

しかし、購読者から見ると、①徐々に投資金が増え、ついて行けなくなる。②月の初めで投資が終わり、1000円が1300円になって終了、というようなことが起きてしまいます。

この結果は、外部から見ると、月の回収率が130%で好調なメルマガに見えます。しかし、必ずしも読者の立場に立ったものではないと、当サイト・マネードラゴン馬券塾は考えます。
(追い上げ式を否定するものでは、ありません)

【過去1年】回収率上位メルマガランキング|非追い上げ式

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

回収率上位を、投資金の増減が激しくリスクや使い勝手に難がある、追い上げ式のメルマガが占めることが目立ってきました。そのため、2020年6月から、非追い上げ式、追い上げ式を分けて集計しています。

追い上げ式は、①投資金がふくれる、②月の途中で投資を打ち切ることがある、③早く当たり過ぎ収益が極端に月があるなど、使い勝手が難しい部分があります。まずは、非追い上げ式を推奨します。

推奨度は、的中率3割越えで、2割越えで、1割越えでCとしました。筆者の主観が入らない工夫です。

順位メルマガ名
コメント
過去1年回収率
3月
2月
1月

12月
11月
推奨度 ・通算的中率
1位荒れるレースを狙う‼️
向いている人 3連複で万馬券、十万馬券をコンスタントに獲りたい方。

去年12月に創刊し初登場で1位。成績が良いため、半信半疑で確認したところ、やはり3連複。3連複は、的中率が低く荒れたときに超高配当が出る馬券です。過去にレジまぐを席巻し、その後消えたメルマガは3連複が大半。このマガジンも偶然の「あだ花」かと思いましたが、的中率が33%? 調べたところ、3連複多点買い(50点前後)のマガジンでした。実は多くのファンが、馬連や馬単では適正点数を買っているのに、3連系では少なすぎる傾向があります。本命サイドでも3連複の適正点数は37点。穴狙いなら50点前後は妥当です。例えばフィリーズレビューで8番人気のシゲルピンクルビーを軸に選んだように、軸馬選びの確かさに支えられている点もありますが、もう1つ、適正点数を買うということが、勝因のマガジンだと思います。万馬券は毎回のように当てており、10万馬券(例えば3月7日小倉7Rの224860円)もときどき当てています。発行者の競馬歴は14年。均等買いの不正がないマガジンです。
200%
288%
84%
248%
185%
未創刊
33%
2位血統フェスティバルメルマガ・完全版
向いている人 重賞に興味があり、詳細な血統解説を求める人。

単勝3点買いのメルマガ。やや低迷していましたが、小倉大賞典の単勝2380円で復活を遂げました。ただ、2月は投資額を相当増やしており、一気に逆転した形で「182%」を額面通りに受け取るのは危険です。購入すればいきなりプラスになるという成績経過ではありません。しかし、買い目のみのメルマガが多い中、詳細な説明をしている点は評価できます。
(例)昨年秋華賞の評価
2着マジックキャッスル
☆能力:B
☆タイプ:スタミナ差しタイプ
☆最近のベストレース:福島芝1200mの新馬戦。先団外から突き抜ける。
(以下 画像で見られます)
3着ソフトフルート(画像で見られます)
180%
84%
211%
9%
42%
69%
35%
3位厳選メインレース
向いている人 1点勝負が好きな方。重賞やメインレースで勝負したい方。

12月デビューのメルマガが、初登場3位。単勝、馬連、複勝など、いずれかの券種で1点勝負のマガジンです。最近の的中は、日経賞単勝850円1点、アネモネS複勝、オーシャンSワイド660円1点など。的中率は多少低めで、毎月18戦3勝程度がアベレージですが、的中時の爆発力が高く、連敗分をしっかりカバーします。
170%
71%
161%
207%
429%
未創刊
27%
PRマネードラゴン馬券塾
向いている人 新馬戦、未勝利戦を極めたい人。推奨理由や予想理論を詳しく説明するメルマガを求めている人。

当ブログ刊(笑) 攻略本がない、未勝利・新馬の攻め方が分かるメルマガです。3月2週から「操縦性」という新しい概念を取り入れた、新ロジックに更新。◎は[11433]で86%もの複勝率に達しました。
(予想例)2021年03月28日 阪神 3R 10時45分 3歳未勝利
△:1枠 1番 ウインガヴァナー 3着
△:3枠 3番 オンデューティ
◎:8枠 11番 ピーニャ 3人気1着
ワイド1150円の好配当を2点的中。回収率は562%に達し、レジまぐのなかでも1位でした。
(成績)新ロジックはプラス決算でした(写真
※このページの下の方に、会員のみ公開のメルマガ内容を掲載。
4位ブルーアイス
向いている人

こちらも12月デビューのメルマガ。今月は発行歴が短いメルマガが1、3、4位に初登場していますが、計測期間が短い分、当然運もあります(たまたま好調期だった。1年続けたらそこそこの数値に収れんしたなど)。そのため、短いデータのなかでも、不調の月を見るべきです。予想ロジック(手順)が確かな場合、不調期でも下げ止まるからです。その点、ブルーアイスは、3月(27日まで)の18%の回収率は少し引っかかります。しかし、20年以上の馬券歴があり、競馬雑誌にも登場したほどの腕前ですので、巻き返しがあるかも知れません。
158%
18%
361%
150%
201%
未創刊
26%
5位単勝の錬金術
向いている人 単勝穴馬券に興味がある方。

2月、いきなり首位に躍り出たマガジンで、先月は2位。今月は初登場組が強いなか「掲示板」を守って5位でした。いまのところ、11月15日福島1Rの単勝38250円の一発で決めた形で、再現性がどうかというところです。
152%
0%
101%
56%
0%
1507%
98%

17%
6位かとのすけの3連単で勝負!
向いている人 1か月の収支でなく、年間プラスにこだわりたい人。

重賞レースで6頭を選出して、3連単60点買いです。3連単ですので波がありますが、2020年は135%のプラス決算にまとめています(2019年はロジックのテスト結果のみですが、146%)。2021年は3月27日までで152%です。前日配信のため、土日に仕事がある人に合います。
144%
34%
132%
299%
1%
60%

17%
7位負けない馬券戦略
向いている人 単勝1点買いに興味がある人

比較的人気サイドを推奨のため、単勝メルマガとしては、高めの的中率です。創刊が2020年6月で日が浅いのですが、もし回収率を維持してゆけば要注意です。
136%
142%
127%
121%
182%
121%
34%
8位7福神
向いている人 複穴に興味があり、ある程度の連続不的中に耐えられる人に向いています。

重賞や特別戦に絞り、当日15時までに複勝1点で配信されるシンプルなメルマガ。複穴を狙う割には的中率はまずまずですが、昨年を見ても17連敗があります。
135%
81%
133%
185%
47%
126%

17%
9位ノルカソルカ【馬連×5点予想/2年連続プラス回収メルマガ】
向いている人 重賞を馬連で当てたい人

騎手+調教師+距離+血統を各競馬場別に指数化したデータをもとにした、王道の予想です。5頭前後をピックアップして、そのなかで回収率を考慮して、馬連5点での提供です。直近では高松宮記念、チューリップ賞、ダイヤモンドステークスなどを的中。
 
131%
15%
356%
153%
69%
148%

20%
10位天才ハードラー パインフィールドの障害レース予想
向いている人 稼ぎながら障害レースを学びたい方

ランキングの常連です。障害レース専門の珍しいメルマガですが、的中率は何と57%。買い目だけでなく説明が詳しく、市販されていない障害レースの教科書代わりにもなります。
129%
35%
101%
62%
555%
124%

57%
ピックアップアンティグア・バーブーダ
向いている人 穴馬券を獲りたいが、ハズレの山は資金は困るという方向け。通常6~7連敗程度。

100万円獲得!→ 少し下にある「今月のpickup 当サイト上位推奨・アンティグア・バーブーダが100万円獲得!」もご覧ください。
調教予想のメルマガ(2万円均等投資)。2019年12月14日 阪神8R 馬単568420円を42点的中の効果が大きいですが、2020年5月にも32万馬券を20点で当てました。11月は不振で約35万の損失ですが、5分の1スケールなら、7万程度の損。このスケールでも5月は約57万円を稼ぎ出しています。的中率は穴狙いとしては高めですが、スケールの設定に注意を。
127%
37%
251%
34%
49%
32%

24
%
PRマネードラゴン馬券塾
向いている人 新馬戦、未勝利戦を極めたい人。推奨理由や予想理論を詳しく説明するメルマガを求めている人。

当ブログ刊(笑) 攻略本がない、未勝利・新馬の攻め方が分かるメルマガです。3月2週から「操縦性」という新しい概念を取り入れた、新ロジックに更新。◎は[11433]で86%もの複勝率に達しました。
(予想例)2021年03月28日 阪神 3R 10時45分 3歳未勝利
△:1枠 1番 ウインガヴァナー 3着
△:3枠 3番 オンデューティ
◎:8枠 11番 ピーニャ 3人気1着
ワイド1150円の好配当を2点的中。回収率は562%に達し、レジまぐのなかでも1位でした。
(成績)新ロジックはプラス決算でした(写真
※このページの下の方に、会員のみ公開のメルマガ内容を掲載。

Step1 穴場券を獲る第1歩は荒れるレースの見極め。その基本が「坂」の有無です。JRAは、坂と直線の長さで、配当を制御しているからです。

Step2 波乱レースの見極めは、コース(坂・直線)×クラス×条件×オッズ×頭数の5要素です。

Step3 波乱レースと判定したら、芝の場合、当日のトラックバイアスを簡単な方法で把握します。ダートは雨量だけで十分。芝でも新馬・未勝利は余り気にしなくて良いです。

Step4 2020年からトラックバイアスに「クッション値」の指標が加わりました。

Step5 購入レースを決め、いよいよ出馬表の検討となれば、まず1番人気の信頼度を検討します。1番人気の取捨こそ、穴場券のカギです。

関連 

今月のpickup 当サイト上位推奨・アンティグア・バーブーダが100万円獲得!

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

7位紹介のアンティグア・バーブーダが、2月6日のエルフィンステークスで、100万円を獲得しました! 当サイトを参考にご購入の方は、おめでとうございます。

アンティグア・バーブーダは、たまたま大穴を当てたわけではなく、過去にも実績があります。また、記録が取得できる18ヶ月のうち6ヶ月でプラス、2ヶ月でトントンとなっており、安定性も兼ね備えています。

また、年間ベースで見ても、今年も含めて過去3年、毎年100%を超えています。予想方法は、調教のパターンから、厩舎の勝負気配を読み取るもの。競走馬は、上のクラスでは毎回ピークの仕上げとする訳ではありませんし、下のクラスでは成長を見ながら仕上げます。くわしくは、発行者の説明をご覧ください。

アンティグア・バーブーダ

【過去1年】回収率上位メルマガランキング|追い上げ式

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

追い上げ式のマガジンのランキングです。

追い上げ式は、①投資金がふくれる、②月の途中で投資を打ち切ることがある、③早く当たり過ぎ収益が極端に月があるなど、使い勝手が難しい部分があります。特徴をつかんで、活用してください。

推奨度は、的中率3割越えで、2割越えで、1割越えでCとしました。筆者の主観が入らない工夫です。

順位メルマガ名
コメント
過去1年回収率
3月
2月

1月
12月
11月
推奨度 ・通算的中率
🥇1位スター競馬
傾斜がなだらかな追い上げと、勝ち逃げを併用。結果は出ていますが、1600円しか投資しない勝ち逃げの月もあれば、追い上げて35100円投資した月もあります。
148%
306%
292%
237%
0%
101%

20%
2位チャーチル馬券
それなりに的中率がある追い上げ式のため、月の初めに終了することがあります。9月は2クラで終了(3000円→8020円)、10月は1クラで終了(1300円→5040円)。今年、もっとも投資金が増えたのは、6月20日までの7連敗で、合計15600円。つまり、5倍スケールなら、78000円の一時損失です。過去12カ月連続、マイナス収支はなく、指示額を守り、月平均3000円程度を積み上げるのも手ですが、メルマガ代も3000円。2倍スケールくらいから、始めてはどうでしょうか?
139%
544%
103%
566%
103%
388%

21%

メルマガ マネードラゴン馬券塾とは?

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

メルマガ、マネードラゴン馬券塾は、筆者が発行する、未勝利・新馬戦・ダート戦を軸としたマガジンです。

未勝利・新馬の攻め方をどこよりも詳しく説明してきました。11月8日には、ダートの大穴を狙う、波乱ロジック「舞姫」が、デビュー週に大きな成果を残しました。

また、3月第2週からは、改良した新ロジックを使用。新馬・未勝利戦を中心に、大きな成果を出しました。

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

3月第4週に配信した阪神3Rでは、前走13着の馬を◎に抜擢。ワイド1150円を2点で的中し、561%の回収率を記録しました。(的中馬券写真

発行者の腕はどのくらい? → 新潟競馬遠征で勝負の結果は?

メルマガ配信例 前夜か当日朝に配信の「概観」が好評です

1通目 前日または当日朝発行の「概観」の例(2021年3月28日号の一部)

□□□ うま部長のマネードラゴン投資馬券塾メルマガ □□□

▽阪神3R A10・9
(注)最高時計の馬は10番で、年間の未勝利の勝ち負けレベルの時計を持つという意味(レベルA)。10番を物差しに、2〜3馬身差の時計圏内が9番。

人気 馬番 操縦性(点) 評価
① 10 2点 スタート難、決め手も緩い。前走脚抜きよい馬場で少頭数、相手も弱かった。
②  9 1点 スタート難、決め手も緩い。
③ 11 4点 未知数。緒戦は仕上げておらず、調教は大幅改善。
④  2 2点 スタート難、決め手も緩い。

2000mらしく脚がないメンバー。大型馬の11は、緒戦は明らかにダイエットで、今回注意。きょうだいは、ことごとく走っている。

2通目 正規配信の例(2021年3月28日号の一部)

□□□ うま部長のマネードラゴン投資馬券塾メルマガ □□□

マネードラゴン馬券塾です。

阪神3R ◎11ピーニャ   10:45
2000mらしく脚がないメンバーがそろう。大型馬の◎は、緒戦は明らかにダイエットで、今回注意。きょうだいは、ことごとく走っている。

◎11
△1・3

2021年03月28日 阪神 3R 10時45分 3歳未勝利
△:1枠 1番 ウインガヴァナー
△:3枠 3番 オンデューティ
◎:8枠 11番 ピーニャ
———————————–
馬券  :単勝
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:500円
馬/組番:11
11
500円
———————————–
馬券  :ワイド
買い方 :ながし
指定方式:馬番
組合わせ:2点
購入金額:3,400円
馬/組番:11ー**
軸:11
相手:1, 3
各1,700円(合計 3,400円)
———————————–

申込んだ途端に当たらなくなる、あなたへ!

メルマガで直近は大幅プラスになっているのに、申し込んだ途端に当たらなくなるの何でだろ? 最近、こればっか。

競馬メルマガのあるあるが、これは、主に3連単、3連複、馬単などを利用し、的中率が低めのメルマガに目立つ現象です。

例えば2つのメルマガがあるとします。

  • 的中率20%、過去30日の回収率130%
  • 的中率50%、過去30日の回収率110%

多くの人が「的中率より回収率」という、誤った考え方を信じているため、130%の方を選びます。しかし、的中率20%ということは、5連敗率が33%、10連敗率ですら11%あります。そのため、直近の回収率に期待して飛びつくと、外れ続けることがよくあります。

もう1つ、ロジック(予想方法)のバックテスト(過去のレースでの検証)の点からも、分析できます。的中率20%とは、5分の1の的中。分母を200倍した1000回が、バックテストの必要数です。例えば、年に50レースが予想対象となったとしても、実に20年分! 多くのメルマガ配信者は、ここをサボっているはずです。そのため、直近の結果に最適化したロジックとなっており、未来に適合しないことがよくあります。

一方、的中率50%=2分の1なら、バックテスト必要数は、400。検証を行えないレベルではなく、再現性が期待できます。

お知らせ 現在、期間限定の電子書籍 桜井将司「勝負師のチョイス/複勝スパイダーズウェブ」の評価とレビューが発売されています。メルマガでなく、自分で予想したい方向け。

的中率が少なくとも30%はあるメルマガを選ぶ

このことから、申し込んだ途端に当たらなくなるということを防ぐには、的中率が少なくとも30%はあるメルマガを選ぶべきです。

的中率30%のメルマガの不的中率

  • 不的中率 70%
  • 2連敗率 49%
  • 3連敗率 34%
  • 4連敗率 24%
  • 5連敗率 17%
  • 6連敗率 12%
  • 7連敗率 8%

この計算から、的中率30%のメルマガを選べば、遅くとも6~7レース目には当たる可能性が高くなります。過去1年間の的中率は、記事前半のランキングに記入してあります。最低でも25%以上が安心できる、ギリギリのレベルです。

【PR】マネードラゴン馬券塾

当サイトの発行の未勝利・新馬戦専門のメルマガですの宣伝です(何回目?笑)

現地からメルマガを配信。新潟競馬遠征で勝負の結果は?

Step1 穴場券を獲る第1歩は荒れるレースの見極め。その基本が「坂」の有無です。JRAは、坂と直線の長さで、配当を制御しているからです。

Step2 波乱レースの見極めは、コース(坂・直線)×クラス×条件×オッズ×頭数の5要素です。

Step3 波乱レースと判定したら、芝の場合、当日のトラックバイアスを簡単な方法で把握します。ダートは雨量だけで十分。芝でも新馬・未勝利は余り気にしなくて良いです。

Step4 2020年からトラックバイアスに「クッション値」の指標が加わりました。

Step5 購入レースを決め、いよいよ出馬表の検討となれば、まず1番人気の信頼度を検討します。1番人気の取捨こそ、穴場券のカギです。

関連 

悪徳予想メルマガと戦ってきた2chスレッド

悪徳予想メルマガ

成績を公正に表示しない多くのメルマガと戦ってきたのは、2ちゃんねるの「【悪徳】予想会社暴露スレ【撲滅】」です。2007年頃途絶えてしまいましたが、多くの競馬予想メルマガの不正を暴き、冒頭にテンプレを表示してきました。一部を掲載します。

  • 複数の会員コース … メルマガを複数発行したり、券種によって分けて集計する不正。
  • 優良サイト紹介 … 客観的なランキングに見せかけ、上位に自社グループを紹介する手法。高配当実績等のランキングのほか、ネット上の競馬記事の文末からの誘導。
  • バックナンバー削除機能を利用した的中捏造  … 同レースに対し複数の号を発行し、不的中だった記事を削除する不正。
  • HPの成績にトータルの回収率がない … 直近の高配当や直近の回収成績のみを表示する手法。
  • 買い目多すぎ、複数の種類 … 印のみ発行し、あとから上位5点ボックスがプラスなど、都合よく区切って宣伝する手法。

このようなユーザーと業者のバトルも、メルマガ発行所(はっきり言えば、最大手のまぐまぐ)が、年間回収率等を表示しないことから起きたできごとでした。メルマガ発行所が、事前に買い目を登録させ、機械的に回収率を審査すれば、不正などしようがないのです。

現在は、レジまぐが、事前審査の上、回収率の公表を実施していますので、今後は減ってゆくでしょう。回収率に自信のあるメルマガは、当然自身にとって有利となる、レジまぐからメルマガを発行するはずだといえます。

レジまぐで不正な結果表示は可能なのか?

▼的中審査用フォーマット
2019年04月28日 京都 7R 13時25分 4歳以上500万下
◎:7枠 12番 メイショウキタグニ
馬券  :単勝
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:5,000円
馬/組番:12
12
5,000円
馬券  :複勝
買い方 :通常
指定方式:馬番
組合わせ:1点
購入金額:5,000円
馬/組番:12
12
5,000円


出典:マネードラゴン馬券塾

レジまぐは、実績に関して、不正表示が可能なのでしょうか? レジまぐが、競馬予想メルマガの収益を計算する手順は次のようになります。

  • 競馬予想メルマガ発行者は、規定のフォーマットで予想を登録します。
  • 配信後は、書き換えも削除もできません
  • レジまぐ側は、自動システムで買い目を読み取り、メルマガの名前が予想したレースのタイムラインに表示されます。
  • レース確定後、買い目および、発行者の設定次第では記事が表示され、レジまぐのシステムが、収益等を自動集計します。
  • 集計結果は、深夜0時に更新され「過去30日」「月別」「通算」等の区切りで表示されます。

これまでのところ、レジまぐの運営側が、収益等の数値を操作したという話は、聞きません。レジまぐ運営側が操作を行わない証拠として、競馬データぶろぐ。の収益がきちんと公表されている点が挙げられます。

※該当のブログは、2016年までは、競馬のレジまぐの代名詞と言える存在で、運営側が猛プッシュし、発行者の自宅を訪ねたインタビュー記事まで掲載していました。「競馬データぶろぐ。」の総売上は2億円近いとされ、30%がレジまぐの利益となるため、6千万円の収益があるメルマガです。2016年以降、「競馬データぶろぐ。」は不調期に入ってしまいます。しかし、レジまぐの運営側は、実績の集計が始まった2016年8月から、「競馬データぶろぐ。」の収益状況を正確に掲載し、購読者数を一時期より減らしています。このことからも、レジまぐの運営側は、正しい収益状況を、掲示していると考えられます。

さらに2017年には、運営にとってもドル箱だった、VIVA競馬が失速しています。しかし、この数値も隠すところなく公表されています。この点からも、レジまぐは、発行者でなく、購入者の利益を重んじるメルマガとなっており、結果の出せる配信者に有利な状況が続いています。

人気記事

コメント

  1. ウチダ より:

    血統フェスティバルのような12月の購入金額が10億円以上にして回収率を吊り上げた非現実的なメルマガを推奨するのは理解に苦しみます。
    また、サラリーマンMを除外しているのは意図的なものですか?

  2. マネードラゴン馬券塾 より:

    ウチダ様
    ご指摘ありがとうございます。当記事では、冒頭に記しましたように、投資金のつり上げによる非現実的な回収率の調整に警戒しており、レジまぐ運営にも厳しい対処を依頼しています。さらにメルマガ読者の方にも、運営に対し意見を上げて頂くよう要望し、団結して、悪徳なメルマガを排除していきます。

    現在は、冒頭にありますよう、以下の基準で、メルマガを判定しています。
    「ある月に前月の3倍以上の投資額に釣り上げて、回収率を上げたメルマガをランキングから除外します」

    血統フェスティバルメルマガ・完全版については、昨年の10月以降に関しては、投資金の増加が見られるものの、3倍よりは下回っていましたので掲載しています。しかし、それ以前に関して、資金の3倍以上の吊り上げが見られました。

    今回は、ご指摘のように、投資額が億単位となっている年末のみに注視しており、それ以前の状況に目を配れておらず、ランキングの不備をお詫びいたします。さっそく、該当のメルマガをランキングから外させていただきます。
    (コメント投稿後10分以内に完了します)

    サラリーマンMについては、単純に転記のミスでした。追って追記いたします。

  3. よっとりー より:

    天才ハードラー買いました。

    確かに過不足のない解説で良かったです。2020年初日は外れましたが今後に期待です。

    • マネードラゴン馬券塾 より:

      コメントありがとうございます。マニアックな領域は、研究すれば差がつきやすいと思っています。1月がプラス決算になることをお祈りしています!

  4. ヒデ より:

    いつも参考にさせて頂いております。ありがとうございます。
    ドラゴンさんはランキングの白猫競馬は購入してますか?
    今朝、かなり後向きなお知らせが配信されました。
    今日からの予想に乗り続けるのか迷ってしまう内容です。
    そろそろ当たりがと思っていただけに迷います。
    もし購入されているならご意見を頂きたいです。
    よろしくお願いします。

    • マネードラゴン馬券塾 より:

      お問い合わせ有難うございます。
      競馬予想は的中率を見るのが第1と考えています。

      ・的中率低い → 穴馬券を多く購入しており、突発的な高配当で回収率がふくれており、購入後の再現が難しいことが多い。
      ・的中率高い → 単複ワイドあたりを多く購入しており、目だった高配当がないが、購入後の再現性が高い。

      白猫競馬さんは、2018~2019年に2年連続大幅プラス決算を記録していますが、両年とも的中率が2割台です。そのため、記事内に推奨度Cを付したように、自身でも購入は現在のところ見送っております。

      的中率は、最低でも3割欲しく、できれば4割欲しいです。
      白猫競馬さんは、思い切った低位人気の馬を軸とした3連複だと思いますので、軸が来ないリスクと、軸が来ても最大20点程度の3連複が引っかからない2重のリスクがあるはずです。
      的中率実績と、この辺のリスクを加味すると、かなりの連敗数に耐える必要があると思います。
      現在10連敗中のようですが、過去にも10連敗は何度もあり、やや追い上げが入っていることも踏まえつつ、15連敗程度(2か月前後)に耐える資金の準備が必要かと思います。

      白猫競馬さんは、ロジックを公開されていないのですが、もしロジックを持っているようなら、安易にそれを変えないかどうかがポイントで、変えなければ、15レース(2か月程度)待てば的中になるかと思います(確率計算上の推測です)。

      1月18日に的中があるので、遅くとも3月末くらいまでには、理屈上は当たる可能性があります。
      そのときには700%程度の回収率が見込まれるため、運よくポンポンと2つ引っかけると、15レース分の負けは回収できる算段です。

      ただ、ある程度の資金の準備が必要で、2か月程度は待つ気構えが必要ですので、発行者さんと読者の方の信頼関係がカギになると思います。
      予想はロジック(人の思考作業を余り入れない)で行っているかどうかは、発行者メッセージから尋ねてみても良いかも知れません。
      ロジックが確かなら、再現性はありますので、待つ手もあります。

      ただ、的中率低めで待つ期間が長いタイプのロジックは、本質的には、自分用に適しているとも思います(配信にはあまり適さないかも)。

      • ヒデ より:

        長文ありがとうございます。
        連敗は覚悟してましすのでそこであたふたしてるわけではないのです。
        紹介文に2ヶ月購読してマイナス収支はありませんとあったのですが1,2月でマイナス収支だったので紹介文を訂正するようにとレジまぐから言われたそうです。
        運営にクレームが入ったそうです。
        なんで、ちょっと拗ねた感じのお知らせで今後は買い目だけ出すので金額は
        自分で考えてください。と来ました。
        つまりレジまぐの売りである信用できる収支報告とは無縁なものとなりました。
        予想自体を真摯に行っていくのかどうかが心配で質問した次第です。
        パワフルフレームを検討中ですのでまたご質問させて頂いくかもですが
        よろしくお願いします。

        • マネードラゴン馬券塾 より:

          白猫競馬、3月末までには当たると予想しましたが、3月9日に中京11Rの3連複7530円が的中となってますね。とりあえず、一安心ですね。

          • ヒデ より:

            ありがとうございました。よかったです!
            迷いましたがここで辞めるのは、さすがにないと思い続けました。
            ドラゴンさんは競馬予想や商材にお詳しいとおもうのですが
            ケーニィさんの商材は試された事ありますか?
            自分は張り付きしなければいけないものとオッズ系の商品は避けています。
            ケーニィ氏や古いですが簡単大回転など試した事があれば
            ご意見いただきたいです。
            よろしくお願いします。

          • マネードラゴン馬券塾 より:

            ケーニィさんのはノーマークですが、午前スタート、午後スタートの二部制で追い上げのため、最初のうちはある程度張りつくことは必要になりますね。ただ、理論を理解できれば、アレンジは可能かも知れません。
            張りつくと言えば、ネクストフレーム(桜井さん)もデフォルトでの対象レースが多く、張りつき要素があります。ただ、購入者全員がもらえる裏ロジックと自分自身の絞りを入れれば、1日1~2鞍に抑えることも可能です。

            両者とも、オッズと枠連を用いているのが面白いところです。

            オッズは、想像以上に事実を言い当てますので、作戦として重要ですね。オッズについては、大口購入が締め切り直前にシフトし、時系列オッズが下火になっているため混同されますが、確定オッズは、それとは無関係に不滅のロジックだと思います。
            面白いのは、オッズは軸馬を当てるよりは「ヒモ馬」「消し馬」を言い当てることが多いようです。

            また桜井さんは、どこかで「的中率や資金回収のバランスがとりやすい」と話していた記憶があり、ケーニィさんも的中率のことを話しているようです。そのためあえて日の目の当たらない枠連を選んだのは共通しているところです。
            桜井さんは、アンチ追い上げ派で、ケーニィさんは肯定派ですので、そこが差になるかも知れません。

  5. オッズコーラ より:

    こんにちは、メールで何度か問い合わせ(川本さんの重賞勝負など)をさせていただいてます。

    今年になって数年ぶりにレジまぐの予想を購入し始めました。すると購入するメルマガが
    ことごとく不調になりました。

    今年始めに調子が良かった「川本さんの重賞勝負」「PAC-3」が読み始めると不調になり
    月の回収率が急激に落ち現在も浮上してません。購読は辞めました。

    1月から的中が3レース(おまけも2レースあり)あった白猫ですが回収率の計算で運営側に不満がありレジまぐを撤退して別の予想サイトで以前から予想してたみたいです。その白猫も
    5月から先週まで22連敗中。先週は土日で購入金額も10万をかなり超えてます。

    6月からベテランGPも始めると、コンスタントに的中があったようですが6月から先週まで
    11連敗中。

    そして7月から競馬ブラックとスター競馬を購入もそれぞれ10連敗と11連敗中。

    つまり5月から54連敗中となってます。1年中、調子が良いわけはなく不調の時も、もちろん
    あると思いますがそれにしても当たりません。

    白猫、ベテラン、ブラック、スターはそれぞれ同じ別サイトでも予想しています。
    そして全て追い上げです。

    今年の年頭は、「今年は間違いなくプラスになる」と考えてましたがすでにもう取り返せな
    いくらいの赤字になりました。

    今週こそ、そろそろどれか的中するかと思うのですがどうなるでしょか。
    ここまでうまくいかないとは思いませんでした。長文で失礼しました。

    • マネードラゴン馬券塾 より:

      オッズコーさま
      コメントありがとうございます。

      あくまで私見ですが、できれば追い上げ式でない方が良いかと思います。追い上げずに、プラスにできるかどうかが、予想の見極めとなります。

      また、軸馬等の選出と、券種に、ロジックがあり、その都度の人の判断が少ないことも重要です。
      ロジックがないと、あと検証自体が出来ないので、改良のしようがありません。

      さらに、券種が、馬連、3連複等の場合、偶然の高配当で、半年から年間単位でプラスになることがあります。
      買い目自体は、馬連、3連複等が入ってきても良いのですが、予想者が複勝での研究歴を持っていたり、統計分母の必要数を理解していたりが必要です。
      私見ですが、単勝のロジックで300程度の統計分母が必要です。

      わかりやすく言うと、感覚に頼る部分があり、3連複等で実績を残しているメルマガだと、再現性が弱くなってしまう傾向があると思います。

      なお、絶対ではありませんが、オッズを利用した予想は比較的安全だと思います。例えば、昨年は降級がなくなりましたので、ルールの変更による予想の乱れがあったかと思いますが、オッズを使っていれば、オッズ自体がその辺も含んだものとなりますので、安定します。

      • オッズコーラ より:

        コーラ、オッズコーラです。

        オッズは好きなんでオッズコーラなんです。オッズを用いた予想もいろいろ試しましたが
        例えば一番人気の単勝オッズが3.0倍以下が対象レースでしたが締め切り前は対象レース
        でしたが確定後は対象外になってたりしてその逆もあり的中レースを逃すなどいろいろ
        でした。

        オッズ予想で何かおすすめの予想はありますか?

        • マネードラゴン馬券塾 より:

          オッズコーラさま、コメントありがとうございます。
          お名前をミスしまして、大変失礼いたしました。

          オッズなら桜井将司氏で間違いないと思います。
          値段が数万ですので、完璧な理論までは公開してくれないと思いますが、本人はかなりやれる方だと思います。
          PDFは、発売されても、オッズに影響が出るころには終売になりますので、次回待ちということになります。
          (前回作→)http://xn--phrs97a6msr1mine3nx.jp/mail-magazine-sakurai-powerful-5223

          完璧なものは非公開であるとしても、やり方のキモのようなところは、読み取ることができるので、
          あとは自分で仮説を立てデータを取って、オリジナルの方法を編み出すのがおすすめです。
          的中率4割程度の仮説なら、100レースくらいテストするとまずは足りると思います。
          季節や年度による不適合がないよう、月や年度をバラしてテストすると良いです。

          1つ目が完成するまでには、競馬の経験値にもよりますが、50~100時間くらいはかかると思います。
          ただ、2つ目以降は、だいぶ早くできるようになります。

          • オッズコーラ より:

            アンティグダ・バーブーダを見ましたが去年の12/24の的中ということですが
            12/24は開催日ではないですがいつの的中なんですか?

            今年の4月に32万馬券ということですが探しても見つかりませんがレジまぐ
            ですよね?4月に32万馬券が的中でも4月の回収率は29%になるんですか?

            確認をお願いします。

          • マネードラゴン馬券塾 より:

            以下のように訂正しました。ご連絡ありがとうございます。

            2019年12月の1515%回収の一発(12月14日阪神8R馬単568420円42点的中)による効果も確かに大きいですが、2020年5月に32万馬券を20点で当てたことで浮上。フロックではなかったということです。穴狙いで的中率28%は優秀です。

  6. オッズコーラ より:

    わかりました、ありがとうございました。

    自分の確認不足かもしれませんがアンティグダは以前からランキングに入って

    いましたっけ?急に入ってきたわけではないですよね。

    あと先日、お伝えした連敗予想の白猫さんですが7月も全敗で5月から

    26連敗になりました。さすがにそろそろ当たるかなと思うのですが。

    的中時の予想配当も80万を超えています。パンク寸前?かもです。

    • マネードラゴン馬券塾 より:

      初登場ではないかと思います。過去1年で集計すると、いきなり登場するメルマガはときどきあります。
      追い上げ式を別枠にしたため、以前より、少し減ったかもしれません。トップ10常連のメルマガはほとんどないのが実情です。

  7. オッズコーラ より:

    ご自身でもちろん集計されるんですよね。

    最新のランキングを更新後に先月のランキングが見れなくなるのでせめて

    先月分だけでも残してもらえると比較できるのですが。

    いきなり登場してかなりの好成績だとどうしても何か怪しく感じます。

    レジまぐなのでごまかせないとは思いますが。

    • マネードラゴン馬券塾 より:

      同じご意見が多ければ検討しますが、要するにサイト管理者を信用できるかできないかの問題です。サイト全体から、嘘を言う管理者かどうか判断いただくのが一番早いかと思います。
      過去一年の回収率順に並べている。これだけのことですので、ミスはあってもごまかしようはないかと思います。

  8. 小栗 より:

    3位の「単勝一点一万円固定」というメルマガは9月以前も買われていたのでしょうか?
    6月まで購入していたのですが・・・

    • マネードラゴン馬券塾 より:

      コメントありがとうございます。
      メルマガは、購入しているものもありますが、全て買うと月に10万円程度かかってしまいます。そのため、レジまぐに費用を払い、非公開の的中率、回収率等を入手し、さらに過去の配信や評判等を入念にリサーチしています。

      「単勝一点一万円固定」について、最近の投資額は以下のようになっています。
      11月 40000
      10月 370000
      2月 40000
      1月 60000
      12月 70000

      3~9月は、買い目登録を休んでいたとのことで、レジまぐではこの方法は、とくに不正ではありません。
      (予想は配信するが、レジまぐに買い目登録をせず、審査を受けない)
      また、10月はレジまぐが禁止している投資金つり上げに見えますが、明細を見ると、1レース1万円の投資額は守られており、予想レース数を増やしたことがわかります。
      そのため、不正には当たらないと判断し、数字通り3位掲載になっています。
      もし、該当のメルマガについて、ご不審な点があれば、ぜひお知らせください。
      コメントありがとうございました。

  9. ガリレオ より:

    はじめまして

    メルマガ『極券』を発行しているガリレオと申します。
    メルマガを紹介して頂きありがとうございます。

    マネードラゴン馬券塾さんに紹介してもらえるとはとても光栄です。
    馬券攻略に於いてこちらのサイトは大変勉強させて頂きました。

    これからも応援しています。

    • マネードラゴン馬券塾 より:

      コメントありがとうございます。ページの趣旨から、回収率順の客観的な紹介とさせて頂いていますが、さらに成績が上がるようにお祈りしております。

  10. オッズコーラ より:

    毎月、ランキングは見てますが「負けない馬券戦略」は以前からご存知ですしたか?
    成績がかなり良すぎだと思いますが。

    • マネードラゴン馬券塾 より:

      いつもコメントありがとうございます。

      「負けない馬券戦略」は、記憶が正しければ、今月初掲載かと思います。
      ランキングは、90日以上の発行歴があるメルマガを、単純に回収率順に並べていますが、今月辺りから基準に引っかかってきたようです。
      単勝式のみで、均等買いのメルマガですので、特別な問題はないように思います。

      ご存知のようにメルマガは、1年から数年くらい好調でも、その後低迷期を迎えるものが多くあります。
      「負けない馬券戦略」の場合は、専門的に計算すると、予想回数が300回ほど必要です。
      現在97回予想されていますので、今後維持できるかどうかは、まだ断言はできない状況です。
      (あくまでロジックをもとに、パターンで予想されており、予想法を頻繁に変更しないことが前提)

      とはいえ、あと50回も予想が進めば、分母としては信頼できますので、夏前くらいには判断できるのではないかなと思います。

    • 小栗 より:

      先月もそうでしたが、発行1年未満のメルマガをランキングに入れるのは
      趣旨に反しませんか?

      • マネードラゴン馬券塾 より:

        コメントありがとうございます。「過去1年勝っている」という趣旨であれば、1年以上前に創刊したメルマガを対象にした方がよいということですね。それはもっともな話です。
        ただ、そうした場合、レジまぐで成績が良く話題となっている新しいメルマガを、長く拾えない現象が起きてしまいます(実際に、なぜ話題のアレを載せていないのかと問い合わせがある場合もあります)。
        現在、90日以上前に創刊したメルマガを掲載していますは、90日というのはレジマグ公式の集計機能のデフォルトです。
        レジまぐの運営側が、90日の発行歴が最低限の目安だと考えているようで、それに従う形を取っています。

        また、非常に重要なのが、1年以上の発行歴があったとしても、その数値で安定(再現)してゆくわけではないということです。
        過去に、1年以上圧倒的な成果を誇った人気メルマガが、低迷し消えたことが何度もあります。
        きえたメルマガにおおむね共通するのが、3連複の起用。つまり、(1年やっていても)試行回数不足で、回収率が実力より跳ね上がっていたということです。

        そのため、ランキングでは的中率によって自動的に「推奨度」を表示するようにしています。
        実は回収率よりも、この推奨度を見ていただきたいと思っています。

        しかしながら、例えば1位の「荒れているレースを狙う!!」では、的中率33%(推奨度A)とはいえ、試行回数が24回しかありません。
        この的中率が確かに再現するといえるのは、試行回数300回程度が統計学的な目安となりますので、今後成績が落ちる可能性もあります。
        その反面、人力で検証すると、買い目点数に適切性があり、過去に消えたメルマガ(3連複少点数のまぐれ当たりで浮上していた)とは一線を画すことも事実です。

        必要試行回数への到達・未達を表示することは考えられますが、ユーザー目線で見ると、理解が難しくなるということも懸念されます。
        そもそも多くの方が、目先の回収率を知りたがりますので、ユーザーのニーズも考えるとバランスが難しいところかと思います。

        以上のような視点を持つと、「天才ハードラー パインフィールドの障害レース予想」はおすすめできるのではないかという結論にもなります。
        すでに必要試行回数の3倍以上の試行(予想配信)を済ませていますので、今後の再現率が高いです。
        ただ、ユーザーはやはり「重賞・直近回収率・直近の配当実績」に興味を持たれますので、そのあたりのバランスともなってきます。

  11. よっとりー より:

    天才ハードラー、去年1年間買い続けて良かったです。最終的に年間で13万のプラスがありました。良いのを紹介していただきありがとうございました。

    この筆者(パインフィールド氏)は他にもメルマガを配信されていますが、良いのはありますでしょうか?

    • マネードラゴン馬券塾 より:

      コメントありがとうございます。
      競馬はなかなか奥が深く、ご紹介したものがずっと順調とは行きませんが、今回はお役に立てたようで何よりです。
      天才ハードラー パインフィールドの障害レース予想と同じ発行者のメルマガを紹介します。

      (1)1/3の順当な配当(月刊化メルマガ版)
      2020年回収率99.5%・的中率15% 直近5カ月55、156、0、87、177%(2021年2月から新しい順)

      (2)パインフィールドの全レース競馬予想
      2020年回収率91.8%・的中率26% 直近5カ月107、55、197、107、100%(2021年2月から新しい順)

      (3)天才パイン1/3ミックス(月刊メルマガ版)
      2020年回収率112.3%・的中率14% 直近5カ月100、120、156、99、190%(2021年2月から新しい順)

      (1)が全レース予想、(2)が穴予想、(3)は総合パック版です。

      成績だけを見ると(3)が1番良く、1日5クラ前後、ワイド1点か単1点の予想です。
      予想のほかに、全レースの推奨軸をコメント付きで紹介する号などもあり、かなり盛りだくさんです。
      なお、(3)は一部障害の予想も入りますが、天才ハードラーのような詳細コメントはないようで、すみ分けができているようです。

タイトルとURLをコピーしました