*

競馬で勝つために的中率、回収率のどちらが重要か

      2015/08/15

競馬投資で必ず問題になるのは、的中率か回収率かという問題です。今日は的中率について考えてみます。

a1370_000135


Sponsored Link
競馬予想ツール

競馬で勝つために的中率、回収率のどちらが重要か

 

50%の的中率でも3連敗はざら

2014年7月のことです。7月に入り的中率50%を維持していたロジックが3連敗しました。

20140706函館4R

出典:ターゲットフロンティア…◎ゴッドエンペラーは5着
的中率5割のロジックが3連敗もするのかという疑問もあるかもしれません。計算してみると、50%程度の的中率の予想法が3連敗する確率は
0.5×0・5×0.5=0.125、つまり12.5%になります。
意外に高く、決して無視できない数値です。

 

的中率を把握していないのは論外

投資目的で競馬をされる場合、ごく初心者を除いては自身の使用する方法の的中率は是非把握したいところです。的中率を把握していれば連敗した時も、計算上仕方がない」と冷静に構えることができるので、焦ったり疑心暗鬼になったりせずに投資を継続できます。

的中率を把握していない場合、連続不的中があると投資法の変更や高額投資での回収を試みがちです。不的中が続くとずるずると負けてしまう人がいますが、根本的要因のひとつに、予想方法を固めておらず、その的中率も把握していないことにあります。予想方法が毎回変わるのは論外ですが、アベレージが分かっていないため投資を自律できないのです。

 

野球選手なら懲戒解雇

野球に例えるなら、しっかり足腰を鍛えたうえで春先に打つフォームを決めるとします。そのフォームは結局去年と同じで去年2割8分打てたとします。すると今年10打席連続でヒットが出なくても、いつかは2割8分打てるわけですからフォームが崩れることがありません。

比較的多くの競馬ファン(特に初心者)が陥るのは、毎回フォームが違う。したがってアベレージも把握していない。結果的に打てないと毎回フォームを変えるというケースです。フォームを変えなければ打てていた球も当然空振りになります。

このような野球選手がいれば懲戒解雇は必至。競馬予想は「自営業」ですので自分で競馬を辞めると決意しない限り「クビ」にはなりませんが、大切なお金を投資すする姿勢としては大いに疑問です。

もし予想ロジックをしっかり固め的中率を算出していれば、不的中が続いても冷静に微調整していくか当たるのを待つかのどちらかの姿勢でしっかりと構えることができます。また、目先のレースで逆転を目指すより、的中が計算できるロジックに適合するレースまで待った方が得なのは明らかです。

レースは来週もあるから一発逆転はやめろと言う人がいますが、ややレベルが低い考え方です。「レースは来週もあるから」という曖昧な理由ではなく、「的中可能なレースが今後間違いなく出現する」から待つことができるのです。

 

的中率はどの程度が理想なのか

的中率はどのくらいが理想なのか?これは用いる予想ロジックや方法論で「1日に何レース購入できるか」によって大きく異なります。

例えば、パソコンを使って重回帰分析(※)をされている方は、予想レース数が1日に15から30クラ程度は出ると思いますので、的中率が若干低めの方法でも資金は回っていきます。一方重回帰分析を使っていない方は、特異なフィールドで勝負されるはずですので事情が異なります。

※重回帰分析…競走結果に影響する要素の中で数値化できるものをすべてデータ蓄積し、レースごとに過去の競走結果をもとに重視する比重を決めていく方法。脱税で起訴された馬券師はこの方法です。

関連記事 ➡競馬で1億5500万円 脱税裁判の会社員「卍氏」のインタビュー

このブログの場合は「2、3歳未勝利、500万下」を投資フィールドにしています。このように特異なフィードで勝負される場合、的中率は最低4割は必要です

フィールドを絞る場合、1日の予想数はおそらく1~3クラ程度。

もし的中率12%の予想法を選んでしまうと、1日2クラ、月に16クラを連敗する確率はどの程度あるでしょうか。0.88の16乗=0.129。なんと1ケ月連続で1つも当たらない確率が13%もあるのです。投資というからには1レース1万円くらいは張るでしょうから、16万円の損益になります。的中率が低いとこのように物理的にも精神的にもこたえる損失が発生します。たとえのちに回収できたとしても、不的中時に想定される一時的な損失が大きい場合、張る金額を上げにくいというデメリットがあります。またロジックに対して疑心暗鬼にもなるでしょう。

このケースで1レース3万円張ることにすれば、1か月連敗で48万程度。数値的には2カ月程度の連敗も十分あり得ますから、96万程度の損失の備えが必要です。100万円以上の自由に使えるお金の存在が前提となり、多くの人にとってほとんど現実味がない投資方法です。

 

重回帰分析を使ってほぼ全レースを予想する方法を取らず、一般的な専門分野特化の方法論では、まずは的中率4割程度の方法を確立することが理想です。

Sponsored Link

関連記事

a0002_011013

あなたは予想上手の馬券ベタ?レベルを測定します(1)

ターゲットフロンティアは儲からない(プロの活用法 理論編)

ターゲットフロンティアでは競馬は儲からない(プロの活用法 実践編)

競馬新聞は当たるのか?「勝負◎」の的中率 

科学人間、非科学人間どちらも馬券生活者になれない(3連単、馬連の当て方)

今週の競馬予想に役立つわけではないが絶対に重要な今井雅宏の「Mの法則」とは

 -競馬投資の必勝法

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • メルマガはこちらから
    2014年 年間プラス決算
    2015年 年間プラス決算
    2016年 年間プラス決算
    メルマガは4月4週に満席になりました。ご予約順に、空席が出た時点から、ご講読開始となります。
    10月1日に、久しぶりの空席が出ました。検討されていた方は、今後半年以上お申し込みを賜れない可能性もありますので、10月からのご参画をお待ちしています。
    ※ロジックの流出やご質問対応の対策から、人数限定となっています。

  • 競馬予想のレジまぐ