【購入検証あり】「勝負師のチョイス/ファイナルベッティング」「歴代理論4作セット」のレビュー

レジまぐ
レジまぐ

競馬メルマガの「レジまぐ」で、電子書籍型の代表格である桜井将司氏が、「勝負師のチョイス/ファイナルベッティング「桜井将司の歴代理論4作セット」を発売しました。過去作品は短期間で販売終了となっています。

「勝負師のチョイス/ファイナルベッティング」とは?

レジまぐ
レジまぐ

「勝負師のチョイス/ファイナルベッティング」は、買い目事前登録制で厳しい読者が多い、レジまぐ競馬の代表的な電子書籍販売者である桜井将司氏の最新作です(2022年4月発売)。

桜井将司氏は、過去に、ワイド、枠連、単勝、複勝を使った的中率が高めの必勝法を発表してきています。いずれもオッズを使うもので、基本的には、締め切りに近い時間帯のオッズを利用します。

後述のように、過去作品は2つ購入しており、買い目出しは1分程度で、間違いなくよく当たる理論です。なぜよく当たるのかというと、ターゲットフロンティアの過去データを利用し、再現性が高い買い目を設定しているからです。

今回の「勝負師のチョイス/ファイナルベッティング」は、再度複勝を起用。直近の成績は、的中率77.77%、複勝回収率223.33%となっており、的中率が高いのは桜井氏のいつもの傾向。回収率は、過去作品より高めに出ています。

メリット

  • 買い目出しが簡単。だからと言って理論が雑なわけではなく、過去10年レベルのデータに基づいているため、再現性があります。
  • 的中率が高い。的中率が低く穴で回収する理論は、作った本人は、不的中が続いても信じて待てますが、購入した人は、疑いを持ってしまったり、資金が尽きたりします。その点、高的中率は良心的です。
  • オッズ取得のタイミングは「締め切りに近ければOK」(過去作の場合)。そのため、購入者同士でも買い目にずれが生じ、オッズが下がるリスクがありません。

デメリット

  • 馬の能力や展開等を加味し、競馬を楽しむスタイルではありません。オッズから淡々と買い目出しをする仕組みです。

勝負師のチョイス/ファイナルベッティング
(上のリンクからご購入の上、特典リンクをご参照頂くと、有料で販売中の『2022年大阪杯ワイド7110円、桜花賞単勝1450円、皐月賞単勝910円を的中した全GⅠに応用できる方法』をプレゼントします)

「桜井将司の歴代理論4作セット」とは?

レジまぐ
レジまぐ

桜井将司氏の過去4作品は、いずれも期間限定で販売が終了しています。筆者は、うち2つの電子書籍を購入していますので、分かりやすくレビューします。

桜井将司の歴代理論4作セット
(上のリンクからご購入の上、特典リンクをご参照頂くと、有料で販売中の『2022年大阪杯ワイド7110円、桜花賞単勝1450円、皐月賞単勝910円を的中した全GⅠに応用できる方法』をプレゼントします)

第1作目「超回収型ワイド1点理論」

2019年に実際に購入。教材はPDF31ページ。文字が大きめで分かりやすく、買い目を出す方法は、1ページにまとめられていました。スマホにスクリーンショットを保存しておくだけです。買い目出しは、30秒ほど。

2019年10月~2020年1月に検証を行いましたが。26戦14勝。的中率は54%、回収率は160%に達しました。詳しい検証結果は、下のリンクにあります。

【自費購入検証】勝負師のチョイス/超回収型ワイド1点理論の検証結果、評判、口コミ

第2作目「パワフルフレーム理論」

2021年2月に実際に購入。枠連の理論です。教材はPDF42ページ。買い目を出す方法は、1ページにまとめられており、1分で買い目がでました。

驚いたのは、購入初日の2月1日(土)に、東京9Rの枠連12710円をいきなり的中したこと。200円持っていましたので、払い戻しは25420円に及びました。

2月の成績は、21戦12勝。141400円の投資が、183700円になりました。なお、オッズを取るタイミングによって、結果は多少異なります。筆者は締め切り10~30分前のオッズを使用しました。

この電子書籍から学んだ理論を独自にアレンジし、5月3日の福島3Rのワイド14850円、5月24日の是政特別の馬連17750円などが的中し、月間で172%の回収率を出しています。詳しい検証結果は、以下をご覧ください。

【自費購入検証】勝負師のチョイス/パワフルフレーム理論(桜井将司)の検証結果、評判、口コミ

第3作目「単勝ツインスネークス」

「勝負師のチョイス/単勝ツインスネークス」は、重賞でオッズを利用し、単勝2点の買い目を出す方法です。具体的には、ある2つの券種をチェックし、3つの勝負パターンに該当した場合、買い目が出るという方式です。

前2作で十分に参考になったため、こちらは購入していません。発行者の発表ですが、2020年(1月~8月)の重賞予想成績は、的中率37.50%・回収率154.68%となっています。

第4作目「複勝スパイダーズウェブ」

こちらも購入はしていません。2021年8月28日発売の初週は、小倉サマージャンプ単勝4704円、新潟2歳ステークスの単勝430円が2点的中となっています。

桜井将司の歴代理論4作セット
(上のリンクからご購入の上、特典リンクをご参照頂くと、有料で販売中の『2022年大阪杯ワイド7110円、桜花賞単勝1450円、皐月賞単勝910円を的中した全GⅠに応用できる方法』をプレゼントします)

勝負師のチョイス/ファイナルベッティング
(上のリンクからご購入の上、特典リンクをご参照頂くと、有料で販売中の『2022年大阪杯ワイド7110円、桜花賞単勝1450円、皐月賞単勝910円を的中した全GⅠに応用できる方法』をプレゼントします)

桜井将司氏の信頼度は?

レジまぐ
レジまぐ

桜井将司氏は、レジまぐを中心に活動する、競馬予想理論作成の専門家です。

桜井将司氏の予想方法は、全てオッズを使用したものになっています。2作品を購入し、研究した結果、競馬データベースのターゲットフロンティアを駆使し、理論を立てていると思います。

ただ、目のつけどころが相当特殊で、電子書籍を買わないと、ちょっと思いつかないもの。理論は、ターゲットフロンティアで過去のレースでプラスとなったものと予想され、安心感はあります。

理論をそのまま実践するだけでも楽しめますが、桜井将司氏本人は、最初は電子書籍の方法をまね、オッズの深淵を知った上で、独自の理論を開発してほしいと述べています。

実際に筆者は、この電子書籍から学んだ理論を独自にアレンジし、5月3日の福島3Rのワイド14850円、5月24日の是政特別の馬連17750円などが的中し、月間で172%の回収率を出しています。

ご自身の競馬予想の武器に、オッズを加えることができますので、中長期的な馬券力は間違いなく上がります。

桜井将司の歴代理論4作セット
(上のリンクからご購入の上、特典リンクをご参照頂くと、有料で販売中の『2022年大阪杯ワイド7110円、桜花賞単勝1450円、皐月賞単勝910円を的中した全GⅠに応用できる方法』をプレゼントします)

勝負師のチョイス/ファイナルベッティング
(上のリンクからご購入の上、特典リンクをご参照頂くと、有料で販売中の『2022年大阪杯ワイド7110円、桜花賞単勝1450円、皐月賞単勝910円を的中した全GⅠに応用できる方法』をプレゼントします)

コメント

タイトルとURLをコピーしました