東京ダート1300mの傾向と攻略法は?

マネードラゴン馬券塾(メルマガ)

日本ダービー 無料GⅠ予想 3年連続GⅠプラス決算!

予想110円からレジまぐ / 不正なし!1年間勝っている予想

【1番人気のnote】レースVTRから「消える馬」「走る馬」を完全に見抜く方法

予想は「事前登録制」「買い目強制ロック」「年間回収率強制計算」で業界一厳しいレジまぐを使用しています。

このブログでは、Amazon等のプロモーションリンクを掲載することがあります。

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

 東京ダート1300mの傾向と攻略法は?

筆者 AIとレース観察を学べる競馬メルマガを10年間継続。3年連続GⅠプラス。

東京1300ダート 東京1400ダとともに、2つしかない「瞬発力」を求めるコース ・ダートスタ-ト ・ワンターン ・直線長い ・ベストは差し

Q 東京ダート1300mの傾向と攻略法は?

A はい。一言で言えば、東京ダート1400m同様、日本に2つしかない、瞬発力が問われる短距離ダートコースです。瞬発力とは、速い加速と高い最高速度のこと。直線が500m(人が歩くと7分)もあることが、その理由です。

瞬発力が求められると言っても、必ずしも中団待機が求められる訳ではなく、前々で速い上がりを出せる馬も好成績です。ただし、差しが最も有利です。

また大きな特徴は、複合カーブ(カーブの間に短い直線を挟む曲がりやすいカーブ)を1回こなせばよいということです。中山(内回り)・新潟・福島・小倉・函館のような小回りが苦手な馬にチャンスがあります。

また、このワンターンは、ずっと外枠でも距離損が少なく、浮上しやすいのは砂を被るのが苦手な馬です(ただし外枠を引きたいです)。

JRA公式サイト

(競馬場紹介)東京競馬場のダートコースは、日本ではとびぬけて大型の競馬場です。そのため、直線部分が長くなります(実はコーナーの間にも短い直線が仕込まれています)。直線を好むのは、小細工や紛れが要らない強い馬。そのため、ダートG1のフェブラリーSは東京ですし、以前はジャパンカップダートも施行された、華々しいチャンピオンコースです。

(東京ダ1400と似たコースは?)東京ダ1300のみです。
※短距離・マイルのダートは①1200m以下、②東京ダ1300・1400、③東京以外の1400全て、東京1600に分け、①スピード系、②瞬発力(加速力と最高速度)系、③持続力(それなりの速度×スタミナ)系となります。

開催中 東京ダ1300東京ダ1400東京ダ1600
開催中 京都ダ1200
中山ダ1200
阪神ダ1800福島ダ1150中京ダ1800
コース別攻略 ダート編

東京ダート1300mの予想例

引用 ネットケイバ
マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

4番カズオは、中山1200ダートではやや後手を踏むものの、上りは上位で、ゆるやかなコーナーで追い上げが効き、500mを超える長い直線がある府中向きの馬でした。

ダートコースの直線の長さランキング(JRA全競馬場 直線の長さと急坂ランキング

  1. 東京ダート(501.6 m)
  2. 中京ダート(410.7 m)
  3. 新潟ダート(353.9 m)
  4. 阪神ダート(325.5m)
  5. 京都ダート(329.1m)
  6. 中山ダート(308.0 m)

筆者のメルマガでも、4カズオは、「4はスタ悪いが、府中なら構えて乗れる。中山1200ダで出遅れても間に合っており、府中1300ダは有望。脚を長く使い府中向き」という理由で本命に推しました。

1カードとのワイド1点で予想したため、的中には至りませんでした。

引用 JRA公式サイト

東京ダート1300mの意外なデータ(回収率が高い)

  • 上がり1位の馬が3連複の軸
  • 実は位置取りは最後方でなければさほど問われない
  • 前走で中山好走の人気馬は苦戦

上がり1位の馬が3連複の軸

上り評価出走数複勝率 (%)回収率 (%)
110844.487.7
210626.483.6
310230.476.5
41042664.6
510332101.6
過去4年(~2022年)

「意外なデータ」のタイトルですが、まずは東京ダート1300mでは外せない、瞬発力の高い(=加速が早く、最高速度が速い)馬の成績を確認します。上り評価1位の安定感が抜けており、3連複の軸なら、もっとも速い上がりを出しうる馬がおすすめです。

同じ瞬発力を求める東京ダート1400mでは、上り評価3位までが勝負になりましたが、1300mは距離が短い分、より確実な決め手を求められています。

瞬発力は、基本は前走の上りタイム(例えば36.7秒のように競馬新聞に記載)が速い馬を選びます。上りタイムは、正式には上がり3ハロン(600m)の走破時計のことで、600mのなかに直線が占める割合が高いコース(つまり直線が長いコース)では、各馬速く出ます。また、距離、馬場状態や、前半中盤のペースによっても、上りタイムは変動します。

このように、上り上位3頭を選ぶと言っても、大変です。効率化するには、競馬新聞で目立たせる表示となることが多い、上り上位を過去に記録した馬同士をしっかり比べることです。

計算が面倒な場合は、メルマガ マネードラゴン馬券塾もご確認ください。

実は位置取りは最後方でなければさほど問われない

予想脚質出走数複勝率 (%)回収率 (%)
19635.798.7
42820.373.5
45023.176
5099.454.7
過去4年(~2022年)

東京1400ダートは、直線が長く瞬発力(速い加速と高い最高速度)を問うコースという理解で間違いありませんが、逃げ馬も健闘しています。これは、1300mは短距離に分類され、前有利の要素も存在するからです。

しかしながら、上のデータは、追走で精一杯で、後方をついて回る弱い差し・追込馬も含んだデータです。

予想脚質出走数複勝率 (%)回収率 (%)
10550.580.5
12647.681.3
11251.896.1
6933.357.8
過去4年(~2022年)

強い馬(上位人気)に絞ると、逃げ・先行・差しはほぼ同じシェアとなり、差し馬の回収率が1番高くなります。

まとめると、位置取りは最後方でなければさほど問われず、とにかく速い上がりを出せる馬ということとなります。ただし、強いて言えば差しはやや有利です。また、穴を開けるのは逃げ馬です。

前走で中山好走の人気馬は苦戦

前走競馬場出走数複勝率 (%)回収率 (%)
新潟2763105.9
東京14154.689.1
中山1543968.6
上位人気、過去4年(~2022年)

上は、東京1400ダートのレースに上位人気で出走した馬の前走競馬場です(出走数20以上)のみ。多くの馬が、同じ東京コースか、中山からの転戦となりますが、中山転戦馬の成績の悪さは目につきます。逆に、直線が長い新潟コースからの転戦は、数は少ないですが好成績です。

改めてダートコースの直線の長さランキングを掲載します(JRA全競馬場 直線の長さと急坂ランキング)。

  1. 東京ダート(501.6 m)
  2. 中京ダート(410.7 m)
  3. 新潟ダート(353.9 m)
  4. 阪神ダート(325.5m)
  5. 京都ダート(329.1m)
  6. 中山ダート(308.0 m)

JRAの直線は「500が長い、400がやや長い、300が短い」と覚えると便利です。中山コースは、完全に短い分類に入り、新潟コースはギリギリやや長い分類に入ります。競走馬にとって、中山と府中の直線は、全くの別世界なのです。

※データはいずれも過去4年間です。単勝回収率は、ブレが生じやすく採用していません。

ダート短距離の攻略は、メルマガ マネードラゴン馬券塾もご確認ください。

開催中 東京ダ1300東京ダ1400東京ダ1600
開催中 京都ダ1200
中山ダ1200
阪神ダ1800福島ダ1150中京ダ1800
コース別攻略 ダート編

コメント

タイトルとURLをコピーしました