中山ダート1200mの傾向と攻略法は?

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

Q 中山ダート1200mの傾向と攻略法は?

筆者 AIとレース観察を学べる競馬メルマガを10年間継続。3年連続GⅠプラス。

Q 中山ダート1200mの傾向と攻略法は? A このコースは、芝スタート、急カーブ、直線が短い、ゴール前急坂が特徴です。距離が短いため、先行有利となります。

Q 中山ダート1200mの傾向と攻略法は?

A はい。中山ダート1200mは、オーバーペースになりやすい芝スタート+下り坂、逃げ先行馬が止まりやすいゴール前の急坂と、差し馬が台頭しやすく感じますが、少なくとも2勝クラスまでは、逃げ先行が圧倒的に有利です。

前走東京コースで好走の馬には要注意です。直線の長さ1位の東京ダートに対し、中山ダートは第6位に過ぎません。また、東京の複合カーブ(間に短い線分を挟むゆるいカーブ)に対し、小回りの急カーブという点も大きな違いです。

できれば覚えておきたいのは、ダートでは通常前有利となる道悪で、差し馬が好走していること。やや重、重のほか、主に近い不良馬場で好走率が上がります。これは、短い直線でも、速い上がりが出せるということかと思います。

なお、枠順については、各専門家で意見が分かれますが、データを見れば、実はおおむねフラット。気にする必要は少ないです。ただし、内枠は馬場が悪くなるにつれ、気持ち不利(良)→非常に有利(やや重)→かなり不利(重・不良)と変化します。

JRA公式サイト

(競馬場紹介)中山競馬場
阪神と差別化するために、京都では3コーナーに「山」を作ったように、東京と差別化するために、中山では1~2コーナーの間に「山」を置いています。ダ1200では山の上の方からスタートし、上りかけてゴールという仕組みです。

(中山ダ1200と似たコースは?)1000m、1150m、1200mダートは同じグループ。逃げ先行し押し切るのが基本です。
※短距離・マイルのダートは①1200m以下、②東京ダ1300・1400、③東京以外の1400全て、東京1600に分け、①スピード系、②瞬発力(加速力と最高速度)系、③持続力(それなりの速度×スタミナ)系となります。

開催中 東京ダ1300東京ダ1400東京ダ1600
開催中 京都ダ1200
中山ダ1200
阪神ダ1800福島ダ1150中京ダ1800
コース別攻略 ダート編
開催中 東京芝2400東京芝1600
開催中 京都芝1200京都芝1600外京都芝1800京都芝2400
中山芝2000中山芝2200
阪神芝1600 阪神芝2000阪神芝3000
コース攻略 芝コース編

中山ダート1200mの予想例

引用 競馬ブック(2023年9月16日)
マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

前へ行けそうな馬は、前走のテンの速さを検討すると3・11といった様相でしたが、今回2戦目で上がり目がある11番セリエルが狙えるレースでした。

レースでは、3・11が好スタートを決めましたが、初ダートの9番もスタートの芝の部分で加速し、先行争いに加わりました。

短距離では、逃げられれば楽ですので、どの馬が逃げるかが重要。その際には、前走のテンの速さを比べるのですが、芝スタート(中山1200ダ、新潟1200ダ、福島1150ダなど)等を考慮して比較します。また、初ダートの馬は、砂を被りたくないため、前走逃げていなくても逃げる可能性があり、注意が必要です。

3・11(セリエル)・9が前で競りあうなか、坂適性があった13番が最後に抜け出すレースでした。

中山ダート1200mでは、1200mを一気に駆け抜けるスピードが問われるため、先行力が重要で坂適性は二の次です。しかし、上のレースのように同レベルの馬が接戦になったばあい、最後の最後は坂適性の差で決まるということもあります。

引用 JRA公式サイト

中山ダート1200mの意外なデータ(回収率が高い)

  • テンが速い馬が圧倒的に強い
  • 実は枠順はさほど問われないが、内枠は馬場状態に応じて変化
  • 芝からの転戦は、未勝利戦を除き用なし

テンが速い馬が圧倒的に強い

テンが最も速い馬出走数複勝率 (%)回収率 (%)
35036.3116.4
稍重12236.176.1
4346.587.2
不良2356.5170.9
過去4年

「意外なデータ」のタイトルですが、まずは中山ダート1200mでは外せない、テン(レースの序盤)が速い馬の成績を確認します。

テンが速い馬の良馬場での成績は非常に良く、「距離自体の短さ」「最高速度が出づらく差しにくいダートの性質」「直線の短さ(308m)」がはっきり出ています。直線の長さは、500mクラスが長い、400mクラスがやや長い、300mクラスが短いが、騎手や厩舎の認識と想像され、中山1200ダートは短い直線となります。

一方せっかくのゴール前の高低差2m強の急坂は、逃げ先行馬の脚を止めるには至っていません。「距離自体の短さ」「最高速度が出づらく差しにくいダートの性質」に、坂の効果が打ち消されているのです。

一方、やや重・重のダートでは、「最高速度が出づらく差しにくいダートの性質」が打ち消され、差し馬が届きやすくなり、逃げ先行馬の成績は悪くなります。ダートは、良馬場では砂が滑るため走りにくくなりますが、締まると、蹄をしっかりと受け止めるようになり、スピードが出てきます。不良馬場は、重に近いものから水田状まで幅が広いのが特徴ですが、水田になると、当然最高速度は出づらく、また逃げ・先行有利に戻ります。

ダート1200を重視している、メルマガ マネードラゴン馬券塾もご確認ください。

実は枠順はさほど問われないが、内枠は馬場状態に応じて変化

馬場状態出走数複勝率 (%)回収率 (%)
不良外枠9123.159.2
中枠33022.170.5
稍重外枠45721.963.2
稍重内枠43821.587.1
不良中枠17721.567
外枠131120.671.2
外枠16720.458.1
中枠261219.369.8
内枠125117.564.3
稍重中枠90216.766.7
内枠14912.849.6
不良内枠8012.555.5
過去4年

中山1200ダートでは、内枠有利、外枠有利、様々な意見があります。まず良馬場ですが、内・中・外枠の数値が近く、枠はあまり関係ありません。強いて言えば内枠がやや不利ですが、これはダート全般に言えることです(砂を被りやすいため)。

稍重の内枠は、回収率が目立って良いですが、これは砂が湿り砂煙やキックバックが減るなか、距離損がないという点が生きてくるようです。中山は急カーブ(小回り)のため、外を回ると距離損が大きくなります。

一方、回収率が目立って悪いのが、重・不良の内枠です。これは、ダートコースは凸状になっており、雨が降ると砂が内と外に移動してくることにより、砂が厚くなることが考えられます。

まとめ(中山1200ダートの馬場状態別特徴)

  • 良 …枠順は無関係(砂被る内枠はやや不利だが、逃げられる馬なら無関係)
  • 稍重 …砂煙やキックバックが減り、内枠有利。
  • 重、不良 …内の砂が分厚くなり、内枠不利。

内枠は、馬場状態により、やや不利→有利→不利と変化しておくと覚えておくと便利です。

芝からの転戦は未勝利戦を除き用なし

前走今回人気出走数複勝率 (%)回収率 (%)
上位(①~④)19334.773.6
中位(⑤~⑧)33317.483.3
下位(⑨~⑫)3684.661.9
最下位3310.925.5
ダート上位166147.881.7

芝替わり、ダート替わりといったローテーションは、よく競馬書籍にも取り上げられ、未知のイメージからつい買ってみたくなるものです。しかし、芝スタートの中山ダート1200ですら、その成績は悲惨。どの人気帯でも、走れていません。

上位人気に推された馬は、ダート適性を陣営や競馬記者も感じているからこその上位人気なのですが、馬券的には用なし。前走ダートの人気馬に全く及びません。

強いて言えば、陣営も競馬記者も様子見といえる、中位人気の馬は、確率こそ低いもののときに穴を開けています。ただ、複勝率が低すぎ、軸ではなく、相手馬に加えておく水準です。

なお、未勝利戦においては、前走芝の馬は、ほかのクラスよりは好走します。これは、どの馬主も、一応はクラシックを夢見るため、ダート適性が高い馬でも、まずは芝に使うことが多いためです。総じて芝組の方が持ちスピードがあり、未勝利馬は、走り方も固定していないため、ダート替わりで激走することはあります。

未勝利ダートの攻略は、メルマガ マネードラゴン馬券塾もご確認ください。

※データはいずれも過去4年間です。単勝回収率は、ブレが生じやすく採用していません。

開催中 東京ダ1300東京ダ1400東京ダ1600
開催中 京都ダ1200
中山ダ1200
阪神ダ1800福島ダ1150中京ダ1800
コース別攻略 ダート編
開催中 東京芝2400東京芝1600
開催中 京都芝1200京都芝1600外京都芝1800京都芝2400
中山芝2000中山芝2200
阪神芝1600 阪神芝2000阪神芝3000
コース攻略 芝コース編

コメント

タイトルとURLをコピーしました