パドックの開始時刻と解説を聞く方法|ラジオNIKKEI中継の時間帯

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

パドックの開始時刻は、発走約25分前です(馬と厩務員が登場)。発走約20分前に騎手がまたがり、発走約15分前にパドックを去りコースへ向かいます。ラジオNIKKEIのパドック中継は20分前頃ですが、第1競走など、まれに23分前頃から始まります。

パドックに馬が現れるのは、約25分前

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

JRA公式サイトの騎手の1日によると、発走時刻約30分前に馬に鞍(馬具)が取り付けられ、馬と厩務員がパドックへ移動し、約20分前にパドックで騎手が騎乗します。したがって、パドックに馬が現れるのは、約25分前と言えます。

パドック周辺の時刻
  • 1
    発走約30分前
    厩務員が馬に鞍(馬具)を取り付ける。
  • 2
    発走約25分前
    厩務員と馬がパドックに登場
  • 3
    発走約20分前
    パドックで騎手が騎乗
  • 4
    発走約15分前
    馬場に移動し返し馬

パドックに馬は現れるのは、前のレースが終わった時刻という見方もあるようですが、それはたまたまであり、正確には、約25分前と言えます。

パドック解説を聞く方法 ラジオNIKKEIをradiko(ラジコ)で聞くのが便利

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

パドック解説を無料で聞く方法はあるのでしょうか?

はい。PCならラジオNIKKEI公式サイトから、すぐに聞けます。

ラジオNIKKEI第1<EAST=東> 毎週土・日曜日 9:30~16:45
東京・中山・福島・新潟・札幌・函館

ラジオNIKKEI第2<WEST=西> 毎週土・日曜日 9:30~16:45
京都・阪神・小倉・中京・札幌・函館

中山・新潟同時開催のように、東日本または西日本で2場開催の場合、ローカル(従場、裏開催)の競馬場のパドックは、放送されません(メインレース等異なる可能性もあります)。なお、福島・函館同時開催のような場合、両方ローカルですが、従場(裏開催)である函館のパドックが放送されません。

スマホの場合、radiko(ラジコ)というアプリを使用します(無料)。スマホからラジオNIKKEI公式サイトにアクセスしても、radiko(ラジコ)に誘導されます。

ラジオNIKKEI中継は、約20分前頃からスタート

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

ラジオNIKKEI中継は、約20分前頃からスタートします!

パドック周辺の時刻
  • 1
    発走約30分前
    厩務員が馬に鞍(馬具)を取り付ける。
  • 2
    発走約25分前
    厩務員と馬がパドックに登場
  • 3
    発走約20分前
    パドックで騎手が騎乗
  • 4
    発走約15分前
    馬場に移動し返し馬

ラジオNIKKEIは、発走20分前を目標としているようで、基本的にはその時間帯からパドック中継がスタートします。ただし、まれに23分前頃となります(進行に余裕のある第1Rのパドックなど。なお、未確認ですが、10~12Rはレース間隔に余裕があり、同様の可能性があります)。

ただし、20分前に聴き始める習慣をつければ、まれに早く始まった場合でも「パドック解説のまとめ」は聴くことができます。

ラジオNIKKEIのパドック解説の流れは、以下の通りです。

  1. 厩務員と馬がパドックの周回を始める(発走約25分前)
  2. ラジオNIKKEIがパドック解説を1番の馬から開始(発走約20分前)
  3. 解説中に騎乗命令がかかる(発走約20分前、実際には17分前頃が多い)
  4. パドック解説のまとめ=3~5頭程度を順番に推奨(発走17分前頃)

※パドック解説中にほかの競馬場のレースが発走すると、いったん中断となります。

Q パドック解説は誰が担当しますか?

パドック解説は、競馬ブック、日刊競馬、馬サブローの有力トラックマンが担当します。

Q パドック解説は当たりますか?

パドック解説は、あくまで調子重視です。

調子重視ですので、時計・素材、走法、馬場適性、騎手の要素も含めた予想が必要です。その配分は、競馬ファンによって異なりますが、目安を示しておきます。

パドック時計・素材走法馬場適性騎手
新馬・未勝利(短距離)2030202010
新馬・未勝利(マイル以上)1030302010
重賞(距離を問わない)1020203020

例えば、事前予想(時計・素材、走法、馬場適性、騎手)で本命だった馬を、パドックで1番良く見えた馬に変更するのは、上の配分から適切ではありません。パドックで、極端に興奮していたり、発汗していたりする場合は、本命の変更もありです。

調教やパドックが「その年有数レベル」で敗れた例

2021年06月27日 札幌 5R 12時05分 メイクデビュー札幌(札幌芝1200m)
2番 アウトパフォーム 1人気5着

上のレースでは、2番アウトパフォームの調教が、年間有数のレベル。各種の調教指数も、過去に見たことがない数値でした。有名な専門家も、めったに見ない圧倒的な水準とコメント。コースは、調教が反映しやすい1200、かつローカルとしてはコーナーが緩い札幌でした。結果は5着。調教やパドックだけでは決まらないことが、よく理解できたレースでした。

Q パドック解説は必要ですか?

はい。筆者の場合、牝馬は極力パドック解説を確認しています。牝馬は、急に調子が変わったり、レース中に投げてしまうことが、ときどきあります(なお、ノーザンF系のサンデーレーシング、キャロット、シルクの馬はそれが少ないように感じます)。

牡馬の場合、場合によっては確認を省略しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました