阪神ダート1200mの傾向と攻略法は?

\メルマガ予想が10万円獲得!/

マネードラゴン馬券塾(メルマガ)

予想は「事前登録制」「買い目強制ロック」「年間回収率強制計算」で業界一厳しいレジまぐを使用しています。

主な的中馬券的中率回収率
12月🎯有馬記念8050円(6点)
🎯23日中山11R12540円
71%140%
1月🎯万葉S10850円64%105
的中例は3連複を掲載

今週 フェブラリーステークス→東京ダ1600

 無料 フェブラリーステークス→無料公開 3年連続GⅠプラス決算!AI×複勝式大口勝負「勝利の方程式」

【1番人気のnote】レースVTRから「消える馬」「走る馬」を完全に見抜く方法

2024年G1プラス決算! G1・重賞ですぐ使える予想方法を期間限定で公開

\レースごとに予想を110円から購入可/

東西36レース レジまぐ予想を見る / 1年間勝っている予想メルマガを検証

このブログでは、Amazon等のプロモーションリンクを掲載することがあります。

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

 阪神ダート1200mの傾向と攻略法は?

筆者 AIとレース観察を学べる競馬メルマガを10年間継続。3年連続GⅠプラス。

Q 阪神ダート1200mの傾向と攻略法は? A はい。直線が短く前有利で、急坂は後方有利という難しいコースです。狙うべきは、ある程度位置が取れ、上りが速い馬です。

Q 阪神ダート1200mの傾向と攻略法は?

A はい。直線が短く逃げ・先行馬に有利な一方で、ゴール前の急坂はよく効き、差し・追込馬も十分届く設計です。実際にデータを見ても、逃げ・先行・差し・追込が対等のコースと言え一見難しく感じます。しかし、狙い目となるのはある程度位置が取れ、上りが速い馬です。この手の馬は、重馬場を除き、平均的に好成績です。

また、パワー型の馬も狙いが立ちます。パワー型とは、乾いて力の要る良馬場のダートや急坂に強いというニュアンスで、阪神・中山に強く、京都や道悪のダートに弱い馬を指します。例えば、近走京都で凡走しているが、過去に阪神の良で好走した馬は狙えます。

なお、2勝以下のクラスでは、急坂で前がバッタリ止まり、人気のない差し・追込馬が複穴を開けることがあります。ただし、差しのレース運びを覚えている馬が少ない未勝利では、逃げ馬のパフォーマンスもかなり高いです。

(コース図 JRA公式サイト

(競馬場紹介)阪神競馬場
ゴール前急坂の設定は中山と同じだが、阪神は向こう正面の下りがなく、カーブは小回りではなく、間に短い線分を挟んだ複合カーブ。

(阪神ダ1200と似たコースは?)1200m以下のダートコース(各場1000ダ、福島1150ダ、阪神1200ダ、中京1200ダ、新潟1200ダ、京都1200ダ、中山1200ダ)は同じグループでスピード型。
そのなかで急坂の有無から、阪神1200ダ、中山1200ダは似たコース。
※短距離・マイルのダートは①1200m以下、②東京ダ1300・1400、③東京以外の1400全て、東京1600に分け、①スピード系、②瞬発力(加速力と最高速度)系、③持続力(それなりの速度×スタミナ)系となります。

開催中 東京ダ1300東京ダ1400東京ダ1600
開催中 京都ダ1200
中山ダ1200
阪神ダ1800福島ダ1150中京ダ1800
コース別攻略 ダート編
開催中 東京芝2400東京芝1600
開催中 京都芝1200京都芝1600外京都芝1800京都芝2400
中山芝2000中山芝2200
阪神芝1600
コース攻略 芝コース編

阪神ダート1200mの予想例

引用 競馬ブック(2022年10月15日)
マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

単勝1倍台の2は詰めが甘いタイプで、◎3カンフーダンスは逃げが期待できました。阪神1200ダートでは脚質は問われませんが、差しを覚えた馬が少ない未勝利では、逃げは有力です。

筆者のメルマガでは、「内枠でスタートもカギとなるが、先手は取れそう。ライバル勢は、使える脚が微妙で、逃げ切りか早めの抜け出しを図る」とありました。

急坂(阪神・中山)を克服した馬は出走馬にはおらず、脚質がキーワードのレースで、◎3は武豊がロケットスタートを決め、あと200まで先頭でしたが、坂適性があった4番には交わされ、2着に入りました。

引用 JRA公式サイト

阪神ダート1200mの意外なデータ(回収率が高い)

  • 位置取りは問われず予想が難しいコース
  • 重馬場では逃げ馬が強い
  • 先行意識の高い騎手が強い

位置取りは問われず予想が難しいコース

脚質データ件数複勝率 (%)複回値 (%)
逃げ15650.685.4
先行27945.576.4
差し14348.387.6
追込5944.184.9
過去4年

上は、良馬場の阪神ダート1200mにおける1~4番人気のデータです。このコースは、1200m特有のスピード勝負の面から逃げ・先行は勝負になりますが、急坂の設定で差し・追込も互角の成績です。

位置取りを問わない状況は、通常前が有利な下級条件(2勝クラス以下)に絞っても変化ありません。脚質には表れにくいですが、ある程度位置が取れ上がりが速い馬の方を狙うべきコースです。

ただし良質の馬がそろわない未勝利戦では、道中速く流れ、最後に急坂が待つ阪神1200ダートのコースでは、ゴール前では全馬全馬脚が止まり逃げ馬が残ったり、ついてこれず後方にいた馬が残りのスタミナで追い込んだり、やや大味なケースが目立ちます。

重馬場では逃げ馬が強い

馬場状態データ件数複勝率 (%)複回値 (%)
17941.988.8
稍重6532.354.5
3548.677.1
不良1931.649.5
過去4年

上は、今回逃げることが予想される馬の、馬場状態別の成績です。重馬場の複勝率が高いことが分かります。サンプル数が少なく、倍の8年でデータを見ると、よりいっそうこの傾向は強まります。

阪神1200ダートの馬場状態別の平均勝ち時計は、下のようになります。

  • 良  1:12.7
  • 稍重 1:22.0
  • 重  1:11.3
  • 不良 1:11.6

最も時計が出るのは重馬場ですので、砂にしっかりと水分が浸透した最も脚抜きの良い段階で逃げ馬が粘ると言えそうです。このほかの馬場状態では、逃げ馬よりも、ある程度位置が取れ上がりが速い馬の方が成績が良くなっています(良馬場を含む)。

まとめると、阪神ダートは「直線が短い」「急坂」が特徴ですので、基本的にはある程度位置が取れ上がりが速い馬を狙うべきですが、重馬場で時計が速い馬場には、逃げ残りの穴が出ると言えます。

先行意識の高い騎手が強い

騎手データ件数複勝率 (%)複回値 (%)
岩田 望来13434.3102.3
幸 英明1892755
松山 弘平14331.562.6
川田 将雅5556.480.7
武 豊7146.587.7
過去4年

上は、過去4年間に阪神ダート1200mで勝ち鞍が多かった騎手です。見事に先行意識の高い騎手が揃っています。川田、松山の先行意識の高さは有名ですが、実は岩田望、幸もその傾向があります。

このコースは、短い直線(前有利)・急坂(後方有利)と相反する要素があり、実際に逃げから追込まで、あらゆる脚質の馬が馬券圏内に飛び込んで来ます。しかし、なるべく前々で競馬をした方が有利だと分かるデータです。前々に行き、上りの脚が残っていたら馬券圏内へということでしょう。

※データはいずれも過去4年間です。単勝回収率は、ブレが生じやすく採用していません。

ダート短距離の攻略は、メルマガ マネードラゴン馬券塾もご確認ください。

主な的中馬券的中率回収率
12月🎯有馬記念8050円(6点)
🎯23日中山11R12540円
71%140%
1月🎯万葉S10850円64%105
的中例は3連複を掲載
開催中 東京ダ1300東京ダ1400東京ダ1600
開催中 京都ダ1200
中山ダ1200
阪神ダ1800福島ダ1150中京ダ1800
コース別攻略 ダート編
開催中 東京芝2400東京芝1600
開催中 京都芝1200京都芝1600外京都芝1800京都芝2400
中山芝2000中山芝2200
阪神芝1600
コース攻略 芝コース編

コメント

タイトルとURLをコピーしました