ダートの馬場状態と影響、凍結防止剤| 良、稍重、重、不良 から、季節ごとの推移まで

ダートの馬場状態と影響、凍結防止剤。 良、稍重、重、不良 から、季節ごとの推移までを説明します。

ダートの馬場状態と影響(良、稍重、重、不良)

ダートの馬場状態には、良、稍重、重、不良があります。JRAは、ダートの表面にある、厚さ9cmのクッション砂の含水率を公表していますが、馬場状態は、総合的な判断で決められています。

クッション砂(表層)を握った際、固まらない状態。または固まってもすぐに崩れる状態。
稍重踏みしめた際に水は染み出ないが、クッション砂を握ると団子状に固まる状態。
表面に水は浮いていないが、踏みしめると水が染み出る状態。
不良表面や足跡に水が浮いている状態。

良馬場は砂に脚を取られるためパワーが必要ですが、稍重以下は走りやすくなり、パワーよりもスピードが生きてきます。

この項目はより分かりやすく、加筆を予定しています。

ダートの馬場状態による走破時計への影響

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

ダートの馬場状態による走破時計への影響は、どのようになるのでしょうか?

馬場状態1勝クラス以上
平均勝ちタイム
芝・ 良1:48:3
芝・稍重1:49:3+1秒
芝・ 重1:50:7+2秒4
芝・不良1:52:2+4秒1
ダ・ 良1:54:6
ダ・稍重1:54:4△0秒2
ダ・ 重1:53:3△1秒3
ダ・不良1:52:4△2秒2

集計期間:2015. 1. 4 ~ 2019.12.28
限定条件:[1800mのみ][1勝クラス以上 のみ]

データを見ると、芝コースでは馬場状態が悪化するほど、時計が倍々で遅くなります。持ち時計に限界がある馬にも、チャンスが生まれてきます。

一方ダートでは、稍重では小差ですが、以下1段階進むにつれ、1秒、2秒と倍々で速くなってゆきます(平均的な距離である1800mの場合)。パワー不足だがスピードがある馬にも、チャンスが生まれてきます。

ダートの馬場状態による馬券への影響

マネードラゴン馬券塾
マネードラゴン馬券塾

ダートの馬場状態による馬券への影響は、どのようになるのでしょうか?

この項目は編集中です。

年間を通じたダートの馬場状態と影響

この項目は編集中です。

ダートの凍結防止剤について

この項目は編集中です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました